人気ブログランキング |

2012 ロシア旅 おみやげ編


b0346378_11045290.jpg


ロシア旅行記の最後におみやげのことをまとめてみます。
いつもようにテキトー記録用写真です(笑)

まずはおみやげの前に、ロシアのお金のことについて。
紙幣はルーブル(рубль)、硬貨はカペイカ(копейка)。
とても美しいデザインのお金でした。

b0346378_17475085.jpg


紙幣・表

b0346378_17480256.jpg


紙幣・裏

b0346378_17481203.jpg


硬貨


★お次は食品関係~

b0346378_17482885.jpg


ロシアンチョコレート
赤い十月社・アリョンカ
for職場のみんな

b0346378_17493481.jpg


ロシアンチョコレート
左:?  中:ババエフスキー社・アーモンドチョコ 右:赤い十月社・ミィシカ


b0346378_17483852.jpg


鳥のミルク(птичье молоко)という名のチョコレート
(ガストロノーム)
for知人

b0346378_17511110.jpg


ビスケット

b0346378_17513563.jpg


ボルシチの素

b0346378_17512482.jpg


紅茶
(左:スーパーСедьмой Континент、右:ガストロノーム)
まぁ普通・・かな?

b0346378_17544480.jpg


キャンディ・ベビーカステラ風なお菓子
カステラはまぁまぁ。

b0346378_17491594.jpg


ロシアビール・バルティカ
(スーパーСедьмой Континент)
for父

b0346378_17492506.jpg


白樺ジュース
(ガストロノーム)


★続いて雑貨もの。

b0346378_17545617.jpg


マトリョーシカステッカー
(ベルニサージュ)
何気に可愛い。。

b0346378_17551179.jpg


宇宙飛行士イラストのクロスワードパズル本
(モスクワのホテル売店)
解けないくせに買ってみた。

b0346378_17565839.jpg


絵本
(ドムクニーギ)
読めないくせに買ってみた。


b0346378_17594654.jpg


ラフマニノフCD
(ゴスチーヌイ・ドゥボールのCD屋/300P≒400円)

b0346378_17595892.jpg


血の上の救世主教会マグネット
(ピーテルのお土産屋オネーギン)

b0346378_17570823.jpg


ミーシャの小皿
(ベルニサージュ/400P約500円)

b0346378_17584744.jpg


エアロフロート・ミーシャのバッジ
(ベルニサージュ/各200P≒250円)

b0346378_18014156.jpg


白樺細工その1
(ベルニサージュ/300P≒400円)

b0346378_18015502.jpg


白樺細工その2
(ベルニサージュ/300P≒400円)


b0346378_17490738.jpg


パレフ塗り
(ベルニサージュ/200P≒250円)
私は真ん中のトロイカ柄に。


b0346378_11293031.jpg


マトリョーシカその1
(ベルニサージュ)
一番ちびの服?がないっ!


b0346378_11295288.jpg


マトリョーシカその2
(ベルニサージュ/500P≒650円)
小林幸子っぽい気がする。


b0346378_11302945.jpg


メッセージカード
(ドムクニーギ)

b0346378_11312291.jpg


ポストカード
(ドムクニーギ)

b0346378_11394323.jpg



ポストカード・トロイカとジェドマロース(サンタクロース)
(ベルニサージュ)

b0346378_13361716.jpg


ポストカード・春と労働の日 その1
(ベルニサージュ)

b0346378_13382954.jpg


ポストカード・春と労働の日 その2
(ベルニサージュ)

b0346378_13364794.jpg


ポストカード・新年おめでとう!
(ベルニサージュ)

b0346378_13421346.jpg


ポストカード・少女とリス
(ベルニサージュ)

b0346378_13424805.jpg



ポストカード・絵本を読む少女とくま
(ベルニサージュ)

b0346378_13433801.jpg



ポストカード・ソビエト
(ベルニサージュ)


b0346378_14111599.jpg


b0346378_14074639.jpg


CCCP(ソビエト社会主義共和国連邦のロシア語略称)と書かれた消印

★最後に紙ものいろいろ。

b0346378_14130785.jpg


モスクワ地下鉄切符

b0346378_14155219.jpg


クロスワードパズルの中身

b0346378_14170467.jpg


スタローバヤのショップカード
(ちゃんと古紙風になっている)

b0346378_14174673.jpg


クレムリンのパンフ

以上!

個人的に一番気に入っているのは
ベルニサージュで買った古いポストカードたちです。
ほのぼのとした子供や動物たちの表情が可愛くて
眺めているだけで幸せな気分になります (n*´ω`*n)
ソ連時代の食器なんかもみたかったけど
今回はそこまでの時間なかった。
お菓子は、チョコレートは美味しかったけど
ビスケットはちょっとボソボソしてたかなぁ。
白樺ジュース、さらっとしたのど越しで良かった。
値段については、旅メモにも記載がなかったりしたので
わかるものだけ記しました。
レシート見てもロシア語サッパリだし(^-^;

さ~ロシア旅行記が終わったらどうしようかな。。
いくつかたまっている雑記と
山話をあげたら
まただいぶ過去のことだけど
2013年のノルウェーのことを書くかな。




by greatglory728 | 2016-10-28 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/6 その2

b0346378_19144872.jpg


モスクワ大学

5/6(日)

ノヴォデヴィチ修道院から駅へ戻る道すがら、
道端に停まっているロシア国産車ウォッチングしました。
これ今も現役?!とびっくりするようなオンボロもいて面白かった(笑)

b0346378_19165999.jpg


ナンバープレートも読めず

b0346378_19171262.jpg


俺の自慢の愛車だぜ!

b0346378_19181931.jpg


なんだか懐かしいフォルム


b0346378_19185770.jpg


ラーダ ЛАДА

ちなみにモスクワの歩行者用信号機はこんな感じ↓
ベルリンともまた様子が違いますな~

b0346378_19205987.jpg


ちょっとへっぴり腰

b0346378_19220791.jpg


やや仁王立ち

b0346378_19223340.jpg


地下鉄入口
どこの駅も、重たい大きなドアを押して入ります。


2つ先のウニヴェルシチェート駅で下車して、今度はモスクワ大学へ。
そう、スターリン様式建築の一つです。
地球の歩き方によると、
モスクワ市内にある7つのスターリン様式建築の中で最大らしい。
その高さ236m、正面の幅450m!
大学の敷地自体もとても広大。
中には東北大の出先機関?か何かもありました。
姉妹校とかかな?
そびえ立つように建っている建物は、またかっこよくて。男前でした。

b0346378_20002498.jpg


大学校舎

b0346378_20004787.jpg

b0346378_20010139.jpg

b0346378_20011476.jpg

b0346378_20013669.jpg

b0346378_20015560.jpg


宮殿のようなモスクワ大学

b0346378_20025235.jpg

b0346378_20024512.jpg


緑の木立や花も美しい

そしてここでもまたすさまじいロシア国産車が。
もう笑っちゃうくらい ( ゚∀゚)アハハ

b0346378_20042055.jpg

b0346378_20042717.jpg


モスコヴィチという車だったかな?


近くには有名な雀が丘があるらしいので、歩いて移動。
ここからモスクワ市内がよーく見渡せます。
スターリン様式の建築物は、ここからもよく目立つこと!
あっ、あそこにあるっとすぐにわかる。

b0346378_20095323.jpg


紅白の煙突の左側にあります

b0346378_20102908.jpg


ここにもドーン!

ちょうどこの日は自転車レースも開催されていて
出店も出ていて、とても賑やかな雀が丘でした。

b0346378_20114048.jpg


ロシアチームかな?

b0346378_20114722.jpg


モスクワ大学とカラフルな屋台たち

b0346378_20123125.jpg


坂を下りて雀が丘を後にします


さて、これからホテルへ戻るのですが。
雀が丘目指して歩いている時から私は気になっていたことがあり。。
それは「空港までの送迎待ち合わせ時間に間に合うのか?」ということ。
15時にホテルのロビーでドライバーと約束しているのだけど
今から雀が丘行っていて大丈夫なの?と。
観光終了後、駅でGolikさんにバイバイされたらどうしよう。。
私たちだけでホテル戻って、ドライバーと会えなかったら?
でも、もちろんGolikさんもスケジュール把握しているだろうから、
何とかなるかーとだまっておいた。
結果、Golikさんも一緒に地下鉄乗ってくれたし。
だけども・・・
乗車中に、もう15時まわっちゃった!((((;゚Д゚))))

急ぎ足でホテルへ向かい、15分ほど遅刻。
ドライバーらしき人を探すけど、マジですか・・・いないじゃないの。。
荷物をクロークから出してきてトイレから戻ってきてもいない。
ベルボーイに聞くも、それらしき人は見ていないと。
じゃぁ遅れてるだけか、と少し安心したけど15時半をまわってもやってこない。
Golikさんが今度はフロントへ聞きに行くと、
なんと「ウロウロ人探ししているような人は見かけた」と言われたらしい!
「帰っちゃったのかも」とどこかへ電話しはじめた。
嘘でしょ!?
夕方の時間帯、ただでさえ空港までの道は大渋滞になるらしいのに
これで遅れたら飛行機乗れるの?
電話を終えたGolikさん曰く
結局、またホテルへ戻ってきてくれるらしい。
で、16時近くにやっとドライバー到着!
あわただしくGolikさんとお別れをし、一路空港へ。
シートに身をあずけると、これでなんとかなりそう、、とドッと疲れが。
車内に流れる懐かし系のダンスミュージックを聞きながら、
古い高層ビルがどんどん車窓から流れていくのをボーッと見ていた。

b0346378_20183153.jpg


途中で見えたスターリン様式の建物

b0346378_20180263.jpg

b0346378_20173197.jpg


こんな建物がずっとあった


カーナビ駆使して脇道らしき所を通り、どうにか渋滞に巻き込まれず
1時間ちょっとで空港に着いた。
ドライバーさん、ありがとう!

無事にチェックインが済むと、
お腹が空いていたことを思い出した。
朝から何も食べてないよ!
COSTAがあったので、ベーグルとチャイで空腹を満たした。
そして20時にモスクワを発ち、翌日の朝10時過ぎに成田着。

4泊6日という駆け足の旅だったけど、
見るもの食べるものすべてが珍しく、
とても濃厚で充実したロシア旅でした。
お天気にもガイドにも恵まれたし(^^)v
私は特に、ちょっとダサくて古臭い感じのモノが好きなので
(雑貨でも建築でもなんでも(笑))
そんなものがわんさかあるロシアは、
けっこうツボだったかも。
またロシアに行く機会があれば、
今度は田舎にも行ってみたいなーと思います。
ウラジオストクなら近いし、
ハバロフスク辺りも良さそう。

最後にお土産編をアップして終わりとなります。








by greatglory728 | 2016-10-25 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/6 その1

b0346378_14432179.jpg


ノヴォデヴィチ修道院 Новоде́вичий монасты́рь

5/6(日)

ロシア旅行最終日。
今日は10時出発と遅めなので、ゆっくり支度できた。
ちなみにこのホテル、毎日ペットボトルの水を置いてくれるのが嬉しかったです。

b0346378_14481770.jpg


水 вода

観光後にまたホテルに戻ってくるので荷物はクローク預け。
今朝もいい天気ですでに20度超え。
今日は、ノヴォデヴィチ修道院の見学だけ決まっており
あとは時間をみて行きたいところを回る予定。
地下鉄車内は、セーラー服が可愛い海軍学校生や
退役?軍人さんらがなぜか沢山乗っていた。
乗り換え駅も綺麗な所で、
ロシアの地下鉄旅はカメラが手放せず。
修道院の最寄り駅はスポルチーヴナヤ駅。
そして同じ駅で学生らも下車。
今日は何かイベントでもあるのかな?

b0346378_14513999.jpg

b0346378_14515281.jpg

b0346378_14520709.jpg

b0346378_14521852.jpg

b0346378_14522818.jpg

b0346378_14544261.jpg

b0346378_14545557.jpg


地下鉄駅の風景あれこれ


修道院周辺は緑が多いエリアで、歩いていてとても気持ちいい。
ロシアの新緑も綺麗だな~。

b0346378_14570920.jpg

b0346378_14572130.jpg

b0346378_14581674.jpg


ロシア版サブウェイ

b0346378_14573225.jpg

b0346378_14574880.jpg


アパート

ゴ~~ッと飛行機の轟音がし上空を見上げると、ロシア国旗がぶら下がっていた。
それから順に、陸・海・空、と各軍の旗が付いた飛行機がビュンビュンやってきた。
やっぱり今日は何かあるんだな。

b0346378_15001508.jpg


ロシア国旗をぶら下げて

駅からさほど歩かずに修道院に到着。
この修道院はもともと砦だったらしい。
どうりで頑丈な門があるはずです↓

b0346378_15012426.jpg


門の上のプレオブラジェーンスカヤ教会

b0346378_15013330.jpg


クレムリンの出城でもあったそう

中に入ると、神学校の生徒がいれば観光客もいて賑やか。
修道院長の女性もチラッと見ることができた。
「彼女はとても優秀な人です」とGolikさん。
鐘はとてもいい音色。
Golikさんのおばあちゃんは、鐘の音が聞こえてくるとどこの教会の鐘なのか
すぐにわかったそう。
それだけ生活に身近な音なんだろうな。

b0346378_15041805.jpg

b0346378_15070757.jpg

b0346378_15044777.jpg

b0346378_15050254.jpg


鐘楼 


b0346378_15062724.jpg

b0346378_15072125.jpg


スモレンスキー聖堂

b0346378_15072988.jpg

資料館にてビデオ鑑賞
お帽子?が独特な形。

b0346378_16031312.jpg

墓地(誰のかは忘れた)

資料館や、7著名人がたくさん眠る墓地を見学して終了。
帰り際、教会に入って行く司教さんを見かけた。
青いコートが素敵でした↓

b0346378_16043636.jpg
隠し撮り

道端にお花を散らす人もいて、なんだかそわそわしているなと思っていたら
今日は40何年かぶりに、博物館にあったイコンが修道院に戻ってくるため
特別なミサがあるとのこと。
綺麗な讃美歌も聞こえてきて、いいタイミングで来れたなぁと感動。
そしてそして!
Golikさんがミサに来ていたおばさんに聞いたところ、
この後、なんとプーチンもここに来るのだとか!
どうりでテレビ局らしき人たちがいたはずだ。

b0346378_16055965.jpg

b0346378_16061509.jpg
素適な飾り付け


最後は、モスクワ大学と雀が丘という見晴らしのいい丘に行くことに。
その2へ続きます。


by greatglory728 | 2016-10-22 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/5 その5

b0346378_15354710.jpg


スタローバヤの可愛い看板


5/5(土)

ベルニサージュで買ったお土産をベッドに放り出したら、再びモスクワ中心地へ。
スモレンスカヤ駅からすぐの場所にあるスターリン・クラシック様式の外務省を見に向かいます。
このスモレンスカヤ駅がまた美しい。

b0346378_15324620.jpg


列車を待つロシア美女

b0346378_15324839.jpg

b0346378_15324774.jpg

b0346378_15324775.jpg

b0346378_15324743.jpg


どこを切り取っても絵になる

b0346378_15330943.jpg


駅外観

b0346378_15324778.jpg


これは別の駅かも。
右のが券売機です。

b0346378_15331098.jpg


駅前の風景


さて、スターリン・クラシック様式とは何?ということですが
・・・ハイ、地球の歩き方!
ニューヨークの摩天楼にコンプレックスを抱いていたスターリンが
それに負けないビル群をと考え、モスクワ800周年を記念して建設されたもの。
7つのビルは1950年代に建てられ、現在もなお偉容を誇っている

とのこと。
シュッと伸びた美しいシルエットのビルが並ぶ写真を見て、
「これは幾つか見に行きたいなー」と思っていたのです。
駅を出るとすぐに外務省がそびえ立っているのが見えた。
で、で、でかい・・・!!
通りの反対側にまわっても、なかなかファインダー内に収まらない~。



b0346378_15330941.jpg

b0346378_15331052.jpg



b0346378_15331082.jpg


しゃがみこんで、どうにか撮った

b0346378_15343279.jpg


勤務を終えた職員でしょうか


この独特な威圧的がある建物、とてもかっこいい。
写真を撮っているとだんだん雲が増えてきた。
近くのスーパーで買い物をしていると、豪雨&雷発生。
もう今日は外で過ごすこともないから、間一髪といったところか。

少し落ち着いたところを見計らって再び地下鉄に乗り、
またグム百貨店へ(笑)
昼間はお土産見る時間がなかったもので。。
ガストロノームNo1という、ソ連時代おなじみだった食料品を揃えるお店へ。
ここで、ピーテルのGlebさんに教えてもらっていた白樺ジュースの瓶発見!
やったやったー!

b0346378_15361052.jpg


ガストロノームNo1

b0346378_15362011.jpg


b0346378_15355674.jpg


夜のグム百貨店店内

この後、少し離れた場所にあるレストランを考えていたけれど、もう21時。
だいぶ遅くなってしまったので、
百貨店内にあるスタローヴァヤNo57(第57番食堂)で簡単にすますことにした。
ここもまた、昔懐かしソ連スタイルの食堂とのこと(笑)
セルフサービス方式で、好きなおかずを自由にトレーに並べていけばいいので楽ちん。
私はキエフカツレツとニシンの塩漬けにしてみた。
濃厚な味のカツレツとサッパリしたニシンで、組み合わせバッチリ。美味しかったです!
デザートはAちゃんとシェア。
見た目は芽が出たジャガイモ。
中は白あんに似たものが入ったケーキで、こちらもなかなか美味しかった。
ウェイトレスのユニフォームもレトロで可愛い~。

b0346378_15352769.jpg



スタローバヤNo57

b0346378_15344026.jpg


ロシア最後の晩ごはんです

b0346378_15350353.jpg


b0346378_15345385.jpg


じゃがいもケーキ

b0346378_15351345.jpg


携帯見てる店員(笑)

ちなみにじゃがいもケーキは
Пирожное картошка 
と言うらしい。
おそロシ庵にも載っていた↓
http://osoroshian.com/archives/34566800.html

小雨が降る中小走りで地下鉄駅へ向かい、パルチザンスカヤ駅まで戻ってきたのが22時近く。
夜の駅~ホテルまでの道は、初日のイヤな感じを思い出しヒヤヒヤ。
そうしたら案の定、階段の真ん中で傘をさして立っているコートの女性がまたいた。
おまけに、何売りか知らないけど私たちに喋りかけてきた男が!
私がなんだろ、と後ろを振り返ったら
Aちゃんが「目合わせないほうがいい!変な奴かもしれないから!!」と((((;゚Д゚))))
ううっ、やっぱり夜は怖い。

ホテルに戻ってきて一息ついた後、
もう怖いものはないわーと風呂に入っていたら事件はおきた。
突然ドアの向こうから「PGちゃん!ちょっとヤバい!!電気消すね」とAちゃんの声が。
えっ、何?何が起きたの?電気ついているのがまずいってなに?
「どうしたのー?」と聞いても返事ない・・・。
廊下に変な人でもいるのか?ドンドンノックされて気配をうかがわれているの?
なんなら部屋に入ってきそうな勢い?!
だとしたら、シャワーなんてできない。
ロシア最後の夜に事件に巻き込まれた。
今まで何もなかったけどやっぱりここは怖いところなんだ、、
と怖さにブルっとなる裸の私(笑)
そのまま何分過ぎたんだろう(たぶん2、3分)。
耐え切れず「A--ちゃーーーん!大丈夫!?」と大声だしたら
「あ、うん。もう電気つけるね。さっき、どこかで花火大会か何かやってて凄かったの」
との返事。。
えっ、花火?
あ、花火見たいから電気消しただけだったのね・・・。
勘違いしたのは私だけど、「ほんとに怖かったんだから!」
と怒ったのは言うまでもありません。。
最後に珍事件はあったけど、静かにモスクワの夜は更けていきました。
明日はまた少し観光した後、日本へ帰ります。



by greatglory728 | 2016-10-16 11:00 | 旅 2012 Russia

2016 ロシア旅 5/5 その4

b0346378_11522474.jpg


ウォッカミュージアム

5/5(土)


お土産市場ベルニサージュの入口までGolikさんはついてきてくれ、
昼ごはんの心配までしてくれた(笑)
また明日よろしくお願いしま~す。
ベルニサージュは、私たちが宿泊しているホテルからすぐ。
テーマパークのような派手な入り口( ´∀` )

b0346378_11504342.jpg


このゲートが目印

b0346378_11505756.jpg

b0346378_11520357.jpg


ここもまたおとぎの国のよう

b0346378_11521348.jpg


まわりはホテル群


さて、おみやげ探しもいいけど、もう14時だし少し休みたい・・・。
ってことで、事前に調べておいたウォッカミュージアム内にあるレストランへ!
しかしこの場所がなかなかわかりにくく、売り子3人+警備員に聞いてようやく着いた。
それもそのはず。
小さなミュージアムの入口は、このドでかいリムジンで隠れていたから!!
(近くで結婚式をやっていたよう)

b0346378_11523455.jpg


左手のピンクの建物がミュージアム


華やかな絵が描かれた壁が面白いレストランで、ようやくランチ。
と言っても朝たくさん食べたせいかそれほどお腹が空いておらず、
ボルシチと桃ジュースに。
昨日のボルシチより具だくさんだったかな?
ペリメニ(水餃子)やウハー(魚スープ)があったら食べてみたかったけど、
なくって残念。
開け放たれた窓から風が入ってきて、とても気持ち良かった。


食後、ウォッカミュージアムへ。
試飲コーナーで生まれてはじめてウォッカをチビリ。
カーーーッ!!
とノドや胸が熱くなった(笑)
でも味自体はハチミツ風味のにしたので美味しかったです ^ ^
色や形が様々な美しいウォッカのボトルや、
飲みすぎ注意を促すポスターなど、展示物もなかなか面白かった。
しかしこの寒い国で一瞬でも熱くなれるお酒、、長いこと愛されてきたんだろうなぁ。

b0346378_11521721.jpg

b0346378_11522080.jpg

b0346378_11522790.jpg


試飲コーナー

b0346378_11523116.jpg


ウオツカ飲みすぎた兵隊(笑)


さてこのベルニサージュ、手前側は一般的なお土産屋さんが並び
奥側には骨董市が広がっています。
かなり広いから1日いても飽きないかも。

b0346378_11523898.jpg


上にも下にもお店がたくさん

b0346378_11524179.jpg


サモワール(ロシア版湯沸かし器)発見!


私たちは骨董市はサラッとだけ見て、マトリョーシカ探しの旅へ。
っと、その前にさっき通りかかって気になっていた民芸品屋さんへ行かねば!
素朴で優しげなお兄ちゃんがいるこのお店、
とても可愛らしい白樺細工の小物入れがたくさん(^▽^)/
手にとって見てみると、かなり細工が細かい。
パカッとフタを開けたら中にも絵が。
動物モチーフの愛らしさにやられ2個購入。

b0346378_11524446.jpg


手作業が暖かい品がいっぱい

パレフ塗りの店でも、ズキュンときたトロイカ柄をゲット。
やっぱりピーテルのお土産屋でみたものより断然安いわ~。
買い物欲ムクムクで楽しい・・( ´∀` )
そしてマトリョーシカは、いいなと目をつけていたお店に人がおらず( ;∀;)
あとはどこもまぁ同じ感じかな、、と適当なところで品定め。
大きい子はお値段もそれなりにするし、だいたいスーツケースに入らないだろうから
小さい子2体を選んだ。
お洋服が綺麗な小林幸子顔の子と、リャビーナ(ナナカマド)柄が素朴な癒し系な子(笑)
Aちゃんは可愛いチェブラーシカのマトを購入。可愛い!
最後にお店のおばちゃんが、巨大なマトを差し出してきた。
??
あっ、写真撮影用か(笑)
その他、シールやらストラップやら次々にマトグッズを買っちゃった。

b0346378_11524748.jpg


どの子にしようかな?

b0346378_11525065.jpg


巨大マトを抱いて


そしてここでもう一つ探していたのが「ミーシャ」のもの。
日本・アメリカ・西ドイツなどの国が参加をボイコットした
かのモスクワオリンピックのマスコットです。
私は10年くらい前に雑誌でミーシャのことを知ったのだけど、
当時もあまり日の目をみることはなかったであろうミーシャ。
可愛いような可愛くないような微妙な表情のこの熊がとても気に入り。
ベルニサージュなら何かしらミーシャグッズがあるかな、と思ってたわけです。
そしてたどり着いたこのお店↓

b0346378_11525332.jpg


軍モノ揃ってます

軍帽やバッジなんかを取り扱っているこの店で、ミーシャバッジを見つけた!
「ミーシャ!ミーシャ!」と騒いでいたら、おっちゃんがコレもどうだ?と
いろいろなミーシャを出してきてくれた(笑)
ミーシャ以外にも、エアロフロートなどレトロなデザインのバッジが沢山あって
これまたテンションあがる店でした。

b0346378_11525722.jpg


魅惑のお店

そして最後に寄ったのが、古いポストカード類を扱うお店。
輪ゴムでごっそり束ねた年季の入ったカードがずらり。
驚いたのが、裏に文字が書かれた使用済みのものが売られていたこと(笑)
う、売っちゃっていいの?
ソ連時代ならではの、素朴で何とも言えない優しい色合いのカードばかりで
胸がキュンキュン言いっぱなし。
かわいい
素晴らしい
素適だ
ハラショー!!
結構時間かけて見ていたので「もういい加減打ち止めにしないと」と言いながら
アルバムめくる手が止まらず(^-^;
はぁはぁたまらんとです・・(*´Д`)
厳選して5枚ほど買った。
また最後にお土産編でご紹介したいと思います!
あと、ここでもミーシャとの出会いが。
私たちの「ミーシャ」というワードを聞き逃さなかったのか、
お店のおばちゃんがサッと出してきた古そうな小皿。
古ぼけているけど、鮮やかな色使いにひとめぼれ。
ううっ、これを買わずにいられまい・・・
ということでこれにてお買い物終了。

b0346378_11530012.jpg


プラトークを巻いたロシアおばあちゃん

大満足でベルニサージュを後にして、いったんホテルに戻ります。
荷物を置いたら再びモスクワ中心地へ向かいます。

その5につづく


by greatglory728 | 2016-10-10 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/5 その3

b0346378_18540809.jpg


ワシリー寺院 Собор Василия Блаженного

5/5(土)

再び革命広場まで戻ってくると、
ドンドコと軽快な太鼓の音が聞こえてきた。
そして屋台がいろいろ出ている。
怪しい色合いのジュース売りが気になった↓

b0346378_18585899.jpg


軍人さん、興味あり?

b0346378_19011366.jpg


ロシアの郵便局


赤の広場へ向かう前、すぐお隣のグム百貨店へ立ち寄りました。
ここは1921年にレーニンの令によって開設され、
現在の建物は1893年に建てられた工場を1953年に大改装されたらしい。
(by地球の歩き方)
吹き抜けが気持ちいい建物で、いい雰囲気。

b0346378_18584071.jpg


グム百貨店

b0346378_19023725.jpg


5/9は午後からの開店の模様

b0346378_19035836.jpg


自然光が明るい店内

b0346378_19043075.jpg


いい雰囲気~

b0346378_19045628.jpg


資生堂のブースもあった


ロシアのカップアイスクリーム「スタカンチク」の売店を見つけ、即食いつく私(笑)
Golikさん「これは懐かしい味ですねー」
小ぶりだけど美味しいアイスでした!

b0346378_19053049.jpg


売り子さん、看護婦さんみたい

b0346378_19060771.jpg


ピスタチオ味~

b0346378_19062879.jpg


こちらは綿あめ屋さん

余談だけど、人と軽くぶつかった時に
覚えていたカタコトロシア語で「Извините」(ごめんなさい)と言ってみたら
お姉さんが振り返ってニコッとしてくれたことがありました。
あらっ、このアジア人ロシア語で謝れるのねー
と思ってくれたかどうかはわからないけど、ちょっと嬉しい出来事でした。
美しい教会もいいけど、こういうたわいものない事も意外とずっと覚えていたりするもので。。

さて、赤の広場ですが・・・
何と!!
今日は、数日後に開催される戦勝記念日イベント準備のため
中に入れないことが判明・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
赤の広場のど真ん中につっ立って
「あーー!私は今モスクワに、、ロシアにいるんだ!!」と
感動する予定だったのに(笑)
でもまぁこのナショナルカラー一色の広場っていうのも
考えようによっては貴重なのかも。
柵の外から見る赤の広場は想像より狭いな、と思った。
テレビの中で見てきた広場はもっと広々寒々しそうに感じたけれど。

b0346378_19075545.jpg


巨大看板

b0346378_19082299.jpg


観客席?もナショナルカラー

b0346378_19092196.jpg


スパスカヤ塔

b0346378_19111142.jpg


赤の広場

b0346378_19132812.jpg


ズームイン!(男性でなく、建物よー)


b0346378_19175318.jpg


ワシリー寺院

そして。
これまたロシアらしい、いかにも!な佇まいのワシリー寺院。
ここは中へは入らず外観を見るのみ。
いやぁ、ポップだなぁ( ´∀` )
ここも、最大ズームで細部を撮ってみた。

b0346378_19184092.jpg

b0346378_19191386.jpg

b0346378_19192661.jpg

b0346378_19194059.jpg


おとぎの国の世界です

地下鉄駅へ向かう時も、Golikさんがあちこち案内してくれた。
オレンジやグリーンなどなど。
こんな色使いの建物が並んでいても、ごちゃついた感じがしないのが不思議。
ピンクの教会なんてラブリーすぎ!

b0346378_19232485.jpg

b0346378_19210034.jpg


カラフルモスクワ

午後は、ホテル近くにあるお土産屋市場「ベルニサージュ」散策がメイン。
ピーテルで買わず、我慢してきた(ベルニサージュが安いと聞いていたので)
マトリョーシカ探しをやります。

その4につづく





by greatglory728 | 2016-10-07 00:11 | 旅 2012 Russia

2016 ロシア旅 5/5 その2

b0346378_20521342.jpg

ウスペンスキー大聖堂


5/5(土)

早歩きのGolikさんに必死についていき、
いよいよクレムリン内部へ。
クレムリンとは、ロシアの政治・宗教・文化の中心でもあり、
大統領府やいくつもの聖堂、武器庫があるそう。
おとぎ話に出てきそうなトロイツカヤ塔をくぐって中へ。

b0346378_21193152.jpg

トロイツカヤ塔

b0346378_21205671.jpg

塔の美しい時計


たいていの観光客は必ずここへ来るのでしょう。
ウスペンスキー大聖堂へ入ると、人でぎゅうぎゅう!
かつてのロシア帝国の国教大聖堂=ロシアで最も権威があった教会。
(By地球の歩き方)
ということで、ここも天井まで絵がびっしり描かれており圧巻。
ピーテルの血の上の救世主教会のような派手さはないけど、
ここでも上を見すぎて首が痛くなり。。

b0346378_20502872.jpg

金ピカドーム

b0346378_20564552.jpg

フレスコ画が出迎えてくれます

b0346378_20585559.jpg

テレムノイ宮殿

b0346378_21004398.jpg

ブラゴヴェシチェンスキー聖堂

続いて、歴代のロシア皇帝の墓所となっているアルハンゲルスキー聖堂。
今度は棺がびっしり並んでいる光景が目に飛び込んできた。
イコンもまたびっしり。

b0346378_21075628.jpg

アルハンゲルスキー聖堂


内部の見学としては(写真撮影は禁止)たった二つの聖堂を見ただけだけど、
外に出てきたら目がチカチカして少し疲れてしまった。
クレムリンのすぐそばにはモスクワ川が流れており、遠くを眺めて少し一休み。
緑もたくさんあるので、それらを見ていてもなんだかホッとした。

b0346378_21094135.jpg

モスクワ川

b0346378_21101564.jpg

綺麗に手入れされた庭

次は、一度も鳴らされたことがない世界最大の鐘「鐘の皇帝」を見学。
高さ6m重さ200トンという巨大さ!
鋳造中に事故でヒビが入り一部が欠け落ちたため、
鐘の音色は誰も聞くことができなかったそうな。
かけらの厚みだけでもすごいものがありました。
Golikさんが、鐘に描かれた革命前の文字や絵のことを教えてくれた。


b0346378_21122972.jpg

鐘の皇帝(人と比較してください)

b0346378_21132782.jpg

ロマノフ王朝の面々が描かれている

b0346378_21142201.jpg

現代のキリル文字とちょっと違う

b0346378_21150765.jpg

熱狂解説中のGolikさん

b0346378_21160029.jpg

大砲の皇帝

b0346378_21163848.jpg

クレムリン大会宮殿


b0346378_21233881.jpg

工事中建物にかかっている似せ絵

b0346378_21241161.jpg

元老院(ロシア連邦大統領府)

b0346378_21281611.jpg

何かの童話の銅像?
(底のタイルがカラフルでした)

2時間近くクレムリン内をあちこち見学した後は
モスクワと言えば、誰もがまず思い浮かべるであろう赤の広場へ向かいます。

その3へ続く


by greatglory728 | 2016-10-04 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/5 その1


b0346378_18230318.jpg


来たぞモスクワ!


5/5(土)

モスクワも、いいお天気のなか朝を迎えた。
そしてこのホテルの朝食はなかなか豪華!
オムレツ作ってくれるコックさんがいるし、
デザートのプチケーキもたくさん!
ケーキが朝食にあるホテルって初めてかも。
ケフィールに、キエフチーズケーキ、ブリヌイ、スメタナ(サワークリーム)etc・・・
朝からお腹いっぱい(*´Д`)

b0346378_17523472.jpg


オムレツコックさん

b0346378_17510482.jpg


この日の朝食

b0346378_17505712.jpg


次の日の朝食

b0346378_17510178.jpg


オープンオムレツ

b0346378_17510774.jpg


レストランもレトロな内装


モスクワのガイドさんとの待ち合わせ時間に少し遅れてロビーに行ったら
眉間にシワよせながら腕時計をトントンしている白髪の男性が。
あきらかに私たちを見ながらの行動・・・きっとこの人がガイドさんだよね??
こ、怖い!!
遅れたのは申し訳ないけどさ。。
と、最初は少し驚いたけど(真顔でやられてもジョークにみえないロシア人)
よく喋る明朗闊達な印象のGolikさんに二日間お世話になります。
この方も日本語ペラペラ。
今日はノヴォデヴィチ修道院に行くはずだったけど
明日行く予定のクレムリンを先にするらしい。

朝から気温も高く、ポカポカ暖かい。
ホテル周辺のあのなんだかいかがわしい界隈も、朝に歩くと特に何も感じず。
ロングコートの女性たちもいなかったし。
モスクワでの移動手段はオール地下鉄。
最寄り駅のパルチザンスカヤとは「無名戦士」とのこと。
重厚な扉をズンと開けると、広い構内が広がっていた。
女性を含む市民戦士らの銅像がインパクト大!
56ルーブル(≒170円)で往復切符を購入。
ホームもかなり広い。


b0346378_17514104.jpg


パルチザンスカヤ駅

b0346378_17514694.jpg


構内も立派な造り

b0346378_17530707.jpg


プラットホームもこの広さ

b0346378_17514940.jpg


銅像がいたるところに

b0346378_17515398.jpg


慣れれば便利そうな乗り換え案内表示


b0346378_17515535.jpg


車内


b0346378_17515943.jpg


丸い天井が印象的


乗り換えなしの一本で、プローシャチ・レヴォリューツィ駅(革命広場駅)
に到着。
モスクワの地下鉄は英語表記がなくてロシア語オンリー。
ピーテルより難しいかも。

外に出ると、もれなくマルクス像がお出迎え。
チューリップやライラックが花咲く革命広場。
あ~春だなぁ。
寒さが長いこの国に暮らしていると、この春がどれだけ嬉しいだろうか。


b0346378_18213946.jpg


チューリップ花咲く公園

b0346378_18214840.jpg


マルクス像

b0346378_18215656.jpg



かのボリショイ劇場も

b0346378_18220376.jpg


戦勝記念日のイベント用?

b0346378_18222364.jpg


ベタな土産もの露店も

b0346378_18224613.jpg


独特な色合いの建物が多い

b0346378_18243175.jpg


ヴァスクレセンスキー門

b0346378_18232187.jpg


無名戦士の墓には花を供える人たち

革命広場からクレムリンへと続く道すがらも
見どころたくさん。
喋り方も忙しければ歩くのも早いGolik氏(笑)
写真を撮っていると、あっという間に
先に行ってしまうー。
迷子にならないよう彼の背中を追いかけながら
いよいよクレムリン内部へ。


その2へ続く



by greatglory728 | 2016-10-01 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/4 その4

b0346378_16524409.jpg


ホテルの窓から

5/4(金)


だいぶ待たされた後、地上を歩いて飛行機に入った。
定刻通りに離陸し、外を眺めているとアパート群や川がどんどん小さくなっていく・・・。
さようならピーテル!
そしてこんにちはモスクワ!

b0346378_16173343.jpg


まだまだ明るい(夜の八時前くらい)

モスクワのガイドさんと会うのは明日。
これからホテルまで送ってくれるのは、現地人ドライバーと聞いている。
待ち合わせ場所へ向かうと、私たちの名前が書かれたボードを手にした女性が!
わ~女性のドライバーだ~ (´▽`) ホッ
が、「I'm not driver.」と彼女。
どうやら運転手と引き合わせてくれる役目のよう。
今モスクワは18℃で明日も23℃くらいまで上がるらしい。
緯度が下がっただけあり、だいぶピーテルより暖かいんだなぁ。
ドライバーはいかにもロシア男って感じの人で咥えたばこで登場(笑)
(ちゃんと外で吸い終えてから乗ってました)

綺麗なフォード車は、ドライバーの趣味なのかロシアンポップスが流れていて
その絶妙な古臭さがツボだった。
空港を出てすぐ、大都会に来たなぁと外を眺めていて感じた。
MAZUDA、IKEA、АШАН
様々な企業やお店が立ち並ぶ中、時々ポコッと丸いドームのロシア正教会が。
高層アパートもたくさん。
そんな夕暮れのモスクワの街並みを撮りたい衝動にかられたけれど
なんかドライバーが怖くてカメラを取り出せず (-_-;)
そんな少し強面な彼だったけれど、ホテルに到着した時に
心ばかりのお土産(例の日本のシャカラートです)を手渡すと
スパシーバ♪と。!(^^)!

b0346378_14132961.jpg


Vega Hotel (翌朝撮ったもの)

モスクワでのお宿は、かなり大きいホテル。
周りにも似たような高層ホテルが集まっており、何でもモスクワオリンピックの時に建設されたらしい。
造花が入ったガラス製の派手~な回転扉を抜けると、
サ~ッとポーターの少年がやってきて、フロントまで案内してくれた。
あ、荷物も自分で運べるし別に良かったんだけどな・・・(-_-;)
(こういうのに慣れていない&チップが面倒)
ちなみにフロントはこんな具合でした↓

b0346378_16531365.jpg


近未来的インテリア?

まるでディズニーランドのトゥモローランドみたい(笑)
セキュリティが厳しいらしく、エレベーターホールにも係の人がおり
部屋の番号を伝えないといけないよう。
自分のフロアに降りてからも、カードキーをセンサーにかざさないと廊下へ出られない仕組み。
そして頭の中では「チップっていくらぐらい払うもんだったっけ??」と必死に計算。
が。
部屋に着いて「スパシーバ~」とスーツケースを受け取ると
ポーター君「パジャールスタ(どういたしまして)Have a good night !」と
爽やかに出て行ってしまった。
あれ、チップ要らなかった?
・・・良かったのかな?
当時は「助かった~」と喜んだけど、今こうして書いていて、
あの子「ちっ、ケチな日本人だったぜ」だなんて思ったかも・・・と心配に。。

b0346378_16514004.jpg


壁が可愛いエレベーターホール

b0346378_16511573.jpg


お掃除してくださいカード

b0346378_16512825.jpg


起こさないでくださいカード

b0346378_16510425.jpg


なんでだか和なシャワールーム

b0346378_16534673.jpg


VEGAVEGAにぎやかな階段

少し休んでから、ホテルの周辺を見に外へ。
旅行会社から聞いていた話だと、スーパーやレストランなどいろいろなお店があるそう。
さっそくスーパーに向かい、これ↓を探す。

b0346378_13192052.jpg



Glebさんから聞いた白樺ジュースが気になっており、
お店で探せるようロシア語を書いてもらっていたのです。
発音もできるようフリガナ付き!(笑)
お店の人にメモを見せたけど残念ながら「ニェット」(No)の一言。
帰国までにどこかで買えるかな~。

駅のほうまで足を伸ばしてみたけれど、
なんかザワザワした雰囲気で、あまりいい感じがしない。
なんだろう?
何屋が入っているのか不明な雑居ビルとか、
♂マーク♀マークのネオンが輝く店とか、
たむろしている人たちの様子とか。
う~ん、なんかもういいかも・・・。
買い物する気がとたんになくなり、ホテルへ引き返すことにした。
ホテルへと続く広い階段には、こんな季節なのに冬仕様のコートを着て
突っ立っている女性がチラホラ。
なんか異様な雰囲気・・・。
知人を待っている風でもないし、
まぁ、、なんとなく想像つくけれど(-_-;)
別に何もないんだけれど、なんとなく足早に立ち去りたくなる空気。
部屋へ帰るとどっと疲れた。
何というか都会に来たなーと感じた夜でした。

b0346378_16525769.jpg


こんな感じの建物が集まるエリアでした

明日はモスクワ観光の日。
ガイドさんはどんな人かな?
スリには気を付けないと!
そんなことを考えつつ眠りにつきました。








by greatglory728 | 2016-09-13 11:00 | 旅 2012 Russia

2012 ロシア旅 5/4 その3

b0346378_15464161.jpg



ピョートル大帝の夏の宮殿

5/4(金)

再び車に乗り、目指すは「ピョートル大帝の夏の宮殿」。
車窓からは、素朴な民家やダーチャが見えた。
都会にはない、のんびりした空気がなんとも気持ちいいドライブ。
横に長く店舗が続いているのは花屋。
近くに墓地があるため、花屋は必須なんだそう。

b0346378_15455459.jpg


白樺が北国らしい

b0346378_15424199.jpg


プールとのこと

b0346378_15432628.jpg


可愛い民家

b0346378_15440075.jpg


墓地の花屋

宮殿は、世界遺産にも登録されており
ピョートル大帝の
「北方戦争に勝利し、名実ともに大国となったロシアにふさわしい宮殿を!」
という野望から生まれたそう。
(地球の歩き方より)
面白いのが、公園のいたるところに噴水がたくさんあるということ。
青空の下で水しぶきをあげる噴水を見るのがまた爽快!

b0346378_15460633.jpg


大滝とサムソン像

b0346378_15462679.jpg


ライオンの口を引き裂いている!

b0346378_15464702.jpg

b0346378_15465398.jpg


b0346378_15465830.jpg


フィンランド湾に面しているのです

b0346378_15470517.jpg



堀で囲まれたエルミタージュ(隠れ家)

b0346378_16014646.jpg


いたずらの噴水を駆け抜けるGlebさん

b0346378_16015225.jpg


亀の口かからも水が(笑)

特に面白かったのが「いたずらの噴水」。
ポンプなどは使用せず、
自然の高低差のみを利用した仕組みで水を噴き上げているんだとか!
最初の噴水は1721年にはできていたというから凄い。
どこを踏むと水が出るのかわからないから、ドキドキハラハラ
見ているだけでも盛り上がった~( ´∀` )
Glebさんはびしょ濡れになっていたよ。。
フィンランド湾から、東側を見るとそちらはサンクトペテルブルク方面となる。
イサク聖堂の金ぴかドームが見えた!


広い広い公園を歩いて回り、最後にランチ。
私は、チーズ&ハムのピロシキ・スープ・ジュースに。
ピロシキって、ひき肉のイメージしかなかったけれど
それだけってことはないらしい。
Glebさんの日本通っぷり(寿司作れる、たこ焼き機も持っている)に驚きつつも
忙しなく食事を終え、プルコヴォ空港へ向けて15時には出発。

b0346378_16015933.jpg


パイみたいなピロシキでした

b0346378_15441592.jpg


深いグリーンが素敵なカフェ

車内でアンケートを書いていたら、すぐに空港到着~。
=Glebさんとここでお別れ。。
「トイレの場所はあそこです」
「チェックインカウンターはこっちですからね」
と、最後まで世話を焼いてくれました (^-^;
一緒にいたのはたった2日だけど寂しくなるものです・・・(つд⊂)
いいガイドさんと巡り合えて感謝感謝、と熱く握手を交わしました。
彼がいなくなり、Aちゃんと二人になると心細くなった。
セキュリティチェックでは、
モスクワガイドさん達への日本のお菓子のお土産がなぜか怪しまれ。。
なぜか覚えていた「шакалад シャカラート!(チョコレート)」を
連呼してどうにか、袋を開けられるのを阻止(笑)

b0346378_16172669.jpg


古~い連絡通路

b0346378_16171465.jpg


Москва モスクワ行き

b0346378_16170497.jpg


Пока ! Санкт-Петербург
(またね!サンクトペテルブルク)

その4へつづく


by greatglory728 | 2016-09-10 11:00 | 旅 2012 Russia