2014 ドイツ・UK旅 5/30 その2

b0346378_14522318.jpg
                      Failsworthについた~
5/30(金)

⑥Failsworth

トラムに再び乗って向かうは、私が特に大好きなマニが育った街。
隣の席には、チョコレートが手についた可愛い坊や。
トーマスの靴下を履いた彼は、
「ネ~クスト フェイルスワ~ス!!」と可愛らしい声をあげていた。
Failsworthは、Timperleyよりもタフそうな街並み。
少年マニもさぞかし悪い子だったのかな。
この街には、Robinsonsという昔ながらのベーカリーがあり、
NHKの世界ふれあい街歩きで紹介されていたのが
マンチェスタータルトなるお菓子。
これが食べたくて行ってみたのだが、残念ながら売り切れ - -;
代わりに、マンシティのユニフォームを着たジンジャーブレッドを買ってみた。
明日の車内で食べよう~ ^ ^
近くの商店には、2ndシングルSally Cinnamonのジャケット写真の被写体みたいな
駄菓子販売機があって思わずパチリ。
日本にもこういうのあるよなぁ~。
急ブレーキで自転車を店の前に止めて中に駆け込んでいった少年は
どことなく少年時代のマニ(2ndアルバムのスリーブ写真にある)のような
いたずらっこそうな顔つきをしていた。
少年マニも駆け回ったであろう少し寂れた街を歩き、駅へ戻った。
b0346378_14510930.jpg
                     味のあるビルディング
b0346378_14513783.jpg
                    サリシナ的駄菓子販売機

b0346378_19275553.jpg
              マット氏(ジョン弟)の写真(手持ちCDをスキャン)
b0346378_14515255.jpg
                         Robinsons
b0346378_14520638.jpg
                     Failsworthの家並み

センターに戻ると、まずは閉館ギリギリのJohn Rylands図書館へ。
あと20分で閉めるよ~と言われながらOld Reading roomへ入ってみると
とても荘厳で美しい空間が広がっていた。
片隅で勉強に励んでいる学生がいたが、こういうところだとはかどりそうだ。

b0346378_15204365.jpg
b0346378_15181868.jpg
b0346378_15202205.jpg
b0346378_15355322.jpg

b0346378_15353538.jpg

                      John Rylands図書館
b0346378_15420802.jpg

                    Royal Exchange Theatre

⑦Piccadilly Records

夕方とあってか、ノーザンクォーターへ向かう道は凄い人出。
金曜だし、みんな会社・学校帰りに街に繰り出しているのだろう。
今回のゆかりの地巡りのバイブル(?)である
ローゼズの伝記本「ザ・ストーン・ローゼズ・ストーリー」でも、
たびたび出てくる老舗レコード店のPiccadilly Records。
最近あまり音楽も聞かなくなったため、CDは買わず。
でもせっかく来たしな~と店内をぶらついていたら
目に入ったのが、店オリジナルのTシャツとトートバッグ。
これがなかなか可愛らしいデザインで安かったので、迷わず購入。
レジの人も、いかにも音楽好きそうな兄さんで感じ良かった。

b0346378_15424288.jpg

b0346378_15422758.jpg

                    Piccadilly Records


お向かいのPop Boutiqueは、10年前に
友達から薦められて行った古着屋。
前はカフェでランチだけして、服は見る時間がなかったので
10年越しの夢が叶った ^ ^
20ポンドの水玉レトロワンピを購入。
イギリスに来て買い物はあまりしてなかったけど、
ここマンチェに来て急にいろいろ買った。。


⑧Dry Bar前らへんの敷石

地元の人はみんな普通に歩いていて気にも留めない様子だけど
マンチェスターのバンドのロゴなどが地面にはめ込まれている場所。
これも!あれも!と撮りながら歩く ^ ^
b0346378_15425934.jpg
ローゼズ!
b0346378_15431588.jpg

  Joy Division・Unknown Pleasures
b0346378_15433155.jpg

                        ハシエンダ!


⑨ローゼズがスプレーで落書きした場所

今ではかなり薄くなっていて、探し出すのに一苦労。
って言っても本当にこれで合っていたのかは自信ない。
b0346378_15441477.jpg

             赤字の部分がかろうじてSTONEと読めるような・・・


⑩Afleck's

このAfleck's、古着屋や雑貨店などがギッシリ詰まったビルで
伝記本でも、
ノエルがローゼズのブートレグをここで買ったと記されている。
私も中に入ってみたかったが、18時までだったようで。。
このビルの壁には、マンチェスターにゆかりのある人々が
モザイクで描かれており、テンションあがった。
リアムにピーターサヴィル、などなど。
b0346378_15442978.jpg

Afleck'sビル全景
b0346378_15445027.jpg

 MorrisseyにBadly Drawn Boyに・・・

b0346378_15450969.jpg
マンUマンシティも
b0346378_15452816.jpg

ここにもUnknown Pleasuresのアートワークが
b0346378_15454945.jpg

                   FACTORYの面々&若者


朝のベジタリアンカフェから何も食べていなく、さすがにお腹が減ってきた。
ふれあい街歩きで出てきたマンチェスターエッグが食べたくて
事前に調べてきたDeansgate駅付近にあるお店へ移動。
が、休日ではないはずなのにやっていなかった・・・。
Dovesがインタビューを受けていたアトラスバーもいいなぁと思ったが
フードサービスは終了しているっぽい。
b0346378_15460916.jpg

                古き良き佇まいがかっこいいDeansgate駅

しばらくウロウロしたところで、適当なレストランへ入ってみることに。
ホステルにも近いってだけで、本当に適当に選んだのだが
これが正解だった!
入ってすぐに感じのいい女子が席に通してくれ、
お料理も美味しかった。
もっと食べたかったけど、お値段的にクラブサラダプレートと飲み物のみ。
b0346378_15463353.jpg

  おしゃれレストランは量も上品
b0346378_15465166.jpg

            PER TUTTIとはイタリア語でFor allとのことらしい

帰り際、上のレジまで案内してくれたスタッフもフレンドリーで
旅行で来たの?と話しかけてきたので
嬉しくなって、オアシスやローゼズが好きだからマンチェスターに来てみました的な
ことを言ったら、好反応で何やらまた喋ってくれたのだが
何を言っていたのかサッパリわからず ^ ^;
b0346378_15470862.jpg

                      スリムすぎるビル

近くにそびえ立つ奇妙なビルを眺めつつホステルに戻り、
シャワーから出たところで
もう一箇所、ゆかりの地に行き忘れていたことに気づくも、さすがに面倒くさく
明日朝に回すことにした。
2人のティーンエイジャーは、
せっせとヘアアイロンあてたり、アクセつけたり一生懸命。
これからクラブでも行くのだろうか、背中が開いた服がセクシーだったけど
足元はスニーカーのままなのが可愛らしかった。
部屋を出る際、「Good night !」と一声かけてくれたのが嬉しかった。
とっさのことでバイとしか言えなかったのが残念。
気をつけていっておいで~おばさんはもう寝ます。。

明日は、一気に北上してスコットランドはインヴァネスまで向かう。








[PR]
by greatglory728 | 2014-12-14 17:00 | 旅 2014 Germany,UK