2014 ドイツ・UK旅 5/27

b0346378_12185834.jpg
                         ロンドンの朝

5/27(月)

いつも以上にグッスリ寝たな~と7時半ころ起床。
それもそのはず、目覚まし時計をイギリス時間にするのを忘れいていたため
気づかなかったが昨日は21時半には寝てたっぽい。。
起き上がるとやっぱりお尻はおかしかったけど、気にせず出掛けることに。
(今日一日はロンドンで過ごし、明日から北上していく。)

ゆっくり身支度を整え、9時頃外へ出ると今日も雨模様。
まずは朝ご飯を食べにTUBEに揺られて20分、ノッティングヒルゲート駅へ向かった。
おそらく、昔ポートベローマーケットに来て以来だが相変わらず洒落た街。
が、地図の上にいつの間にか鳥のフンが落ちていて凹む・・・。
お目当ての店・オトレンギに着くも狭い店舗のせいかトイレがなくて手を洗えず- -;
こんな時、手ピカジェルを持っていてよかったと実感。
b0346378_12193116.jpg

 オトレンギ-ノッティングヒル店
b0346378_12191627.jpg
                       美味しいキッシュ

オトレンギも、あらゆるロンドンガイド本に載っている有名なデリカフェですが、
朝の時間帯は、お惣菜類はなく。
ケーキって気分でもなかったので、中間をとってキッシュをいただいた。
チェリートマトがぎっしり入った美味しいキッシュで満足。
店員の子たちもみな感じ良かったです。お値段も良かった(高め、の意)です。
地下鉄駅に戻る道すがら、ビンテージショップに寄るも
今買ってしまうと、ずーっと荷物になってしまうのでひとまず買い物は保留~。
最後にロンドン戻ってきた時、余裕があったら来ることにしよう。
b0346378_12194866.jpg

b0346378_12202575.jpg

b0346378_12200661.jpg
                   ノッティングヒルの町並み

続いて、イギリスに来ると毎回訪れるコベントガーデンへ。
①スーパーM&Sでトイレ(チップおばさんいない)&両替(たしか手数料フリー)
②ロンドン交通博物館ショップをのぞく
というのが私的定番なのです。
②のショップはTUBEやロンドンバスなどがデザインされたグッズがたくさん並ぶ楽しい店
なのだけど、どうも今日は全くテンションあがらず。
原因はお尻・・・。
症状が出て以来、旅を楽しんでるつもりでも心のどこかでこのことが引っかかっており、
このままの状態で、旅を続けることがどうにも不安になってきたのだ。
大好きなイギリスに来たらリラックスできて症状緩和になるかも?
なんて思ったりしたけど現実はそんなことはなく。
とりあえず保険会社に電話してみたが繋がらず。
(スマホからだから?)
まわりは家族連れでガヤガヤうるさいし、落ち着かないから
この後行く予定のパブでゆっくり腰をおろしてかけなおそう・・・。
Druryという紅茶専門店に立ち寄ってから、コベントガーデン駅へ戻ったが
駅入り口が閉鎖されており、泣く泣くホルボーン駅まで歩く。
雨はますます強くなるし、すごく不安な気分。
b0346378_12203919.jpg
                    ワールドカップ仕様のDrury

そしてなんとか目的地・THE KNIGHTS TEMPLAR という名のパブに到着!
このパブ、元は銀行でとても素敵な空間が広がっている。
石井理恵子さんの「2度目からのロンドンガイド」を読んで以来、ずっと来たかったところだ。
パブというと観光客(ましてや女一人)はたいてい入りにくいけど、
ここはウェザースプーンというチェーン店なせいか、
ビジネスマン以外にも、子連れファミリーもいて、一人客も安心。
b0346378_12213766.jpg

b0346378_12215365.jpg
b0346378_12205400.jpg
THE KNIGHTS TEMPLAR
b0346378_12211167.jpg
                     トイレも広々きれい!

フローズンヨーグルトと紅茶という謎の組み合わせで注文したが
これが予想以上に美味しくてビックリ!
熱い紅茶も飲んで気分が落ち着いたところで、例の件をどうするか一人検討。
ぜんそく持ちなので、いざという時のために日本語が通じる医者リストを
メモしてきていたのだが、よく住所を見たらこの辺からわりと近いことがわかった。
もう直接クリニックにかけてまえ!!と電話。
日本語で話ができ、1時間後に女医さんに診てもらう予約を取り付けた。
一応どのくらいかかりそうか聞いたところ、約3万とのお答え。。
(持病発症の場合は、保険適用にならないとか)
わかっちゃいたが~た、高い!
しかし、明日帰国ならまだしも、旅はまだまだ続くし、これから辺鄙な所にも行くから
英語のできない私が安心して医者にかかれるのはこのロンドンしかない。
覚悟?を決めてクリニックへ。

さきほどの電話で、場所を聞いていたのだけど
いざ近くに行ってみると、ビジネス街というかなんというか・・・でわかりにくい。。
隣のビルに入ってしまい、守衛のおじさんに聞いてなんとかクリニックに着いた。
待つことなく、患部もちゃんと診てもらい薬を処方されて終了。
塗り薬のほかに、食物繊維?の飲み薬(便通をよくする)の2種。
これで様子をみていくことに。
ただ、重いザックを背負うっていうのは当然患部に良くない行為なので
先生としては、スーツケースを買って荷物を詰め直すか
次の宿泊地に荷物を送るなどのことをしてほしい、と厳しい顔で言われました。。
が、これからあちこち転々と移動していくのでそれは無理だ・・・。
なるべくお腹に力をいれないように背負うしかない。
野菜や果物を多く取り、魚・肉類のかわりにチーズ、キノコなどを食べるように
と薬剤師の方からもアドバイスをもらったので、
薬&食事療法で頑張っていくことに決めた。
しめてお会計200£。
高いけど、診てもらったことでかなり気分が楽になったので正解だったと思う。
ちなみに、リバプールストリート駅ちかくにある 
ジャパングリーンメディカルセンターというクリニックでした。
受付の人も、先生もとても丁寧でいいクリニックだった。
私はこの持病のことをウッカリ忘れて旅行に来てしまったけど、
やはり日本を発つ前に、きちんと薬を持ってくるべきでした。
長期の旅ならなおさら。
そうしていればこんなことにはならなかったはず。。

まぁいい勉強になったということで~、と気を取り直し、
夕食はさっそく野菜をたくさん食べようとナチュラルキッチンという店に向かったのだが
すでに閉店していた・・・。
しかたなくSainsbury'sやBootsでヨーグルトや果物を買って宿で食べることにした。
でもまだ夕方。
日中は元気がなかったけど、ゲンキンなもので今はもう少し歩きたいなぁという気分。
でもあまり無理はできないので、ほどほど近場のSt,James st界隈を歩くことにした。
雨もいつしかあがり、とてもいい雰囲気。
b0346378_12220746.jpg

b0346378_12240863.jpg

b0346378_12235102.jpg
帽子店
b0346378_12222885.jpg

b0346378_12224425.jpg
衛兵さん
b0346378_12233275.jpg

b0346378_12242410.jpg
薬局
b0346378_12245532.jpg
香水屋
b0346378_12251435.jpg
グルーミングショップ
b0346378_12243996.jpg
伝統とモダンの融合?
b0346378_12253255.jpg
b0346378_15473330.jpg
                      ピカデリーアーケード

老舗の高いお店ばかりだから私には縁がないエリアだけど、
外から眺めるだけでもなんとなくいい気分になってくる。
そして最後に、明日セントパンクラス駅からシェフィールド方面に行くので
駅構内を少し下見していくことに。
2004年もここからマンチェへ行ったものだが、改築されてずいぶん雰囲気が変わった。
前の方が個人的には好きだったかなぁ。
b0346378_12254900.jpg
セントパンクラス駅2014
b0346378_13185929.jpg
                      セントパンクラス駅2004
b0346378_15240374.jpg
                    セントパンクラス駅2003

2003年はケンブリッジへ、
2004年はマンチェスターへ、この駅から出発しました。
ケンブリッジは、はじめての列車の旅。
マンチェスターは、ずっと行きたくてたまらなかった場所への旅。
めぐりめぐって(?)10年後、再びこの駅へ訪れた時は
懐かしくてホロリとした気分に。
イギリスには素敵な駅がごまんとあるけれど、ここは特に好きな駅です。
しかし、よく見ると2004の写真、マンキュニアンっぽい人が多い^ ^;

宿へ戻ってシャワーを浴び、簡単に食事を取った後薬を飲んで23時頃就寝。
明日はマンチェスター近郊のピークディストリクトという国立公園へ行きます。
b0346378_15470709.jpg
            水に溶かして飲むタイプ。オレンジ味のポカリって感じ






[PR]
by greatglory728 | 2014-12-02 17:00 | 旅 2014 Germany,UK