2014 ドイツ・UK旅 5/26

b0346378_00111915.jpg
                     イーストサイドギャラリー

5/26(月)

ドイツ12日間滞在の最後の朝も、晴れ渡る青空。
昨晩ベッドに入った時、なんとなく体調が優れなかったけど
ぐっすり寝たら元気回復!
ほったらかしにしていた荷物をパッキングし、
予定どおりイーストサイドギャラリーまで歩いて見に行くことにした。
b0346378_00093148.jpg
                       朝のオスト駅
b0346378_00094209.jpg
                     カラフルな壁が見えてきた

オスト駅を越えた辺りに、長さ約1.3キロにわたって壁が残っており
いろんなアーティストが壁に絵を描いている。
最初、少しだけ見たら帰ろうと思っていたけど
見ていくうちにどんどん面白くなってきて、結局最後まで歩いた。
平和の象徴・鳩、年号が連なるもの、などなど色々な想いが詰まった作品たち。
ぜんぶ撮っていたらキリないから、特に心にきたものをカメラにおさめた。
落書きがひどいのは残念だったな・・・。
まぁこれもベルリンらしいと言えばそうだけども。
b0346378_00095266.jpg
b0346378_00100558.jpg
b0346378_00101507.jpg
b0346378_00102405.jpg
b0346378_00103618.jpg
b0346378_00104649.jpg
b0346378_00180237.jpg

b0346378_00105567.jpg

b0346378_00110751.jpg
建設中のビル
b0346378_00175010.jpg
                         ベンツ!!

美しいオーバーバウム橋を眺めてから、帰りはSバーンに乗車。
駅周辺は絶賛工事中で、あたり一面茶色^ ^;
ホステルをチェックアウトした後は(Booking.comで一泊42€でした)、
昨日下調べをしておいたアレキサンダープラッツのバス停へ。
さようならベルリン・・・。
ドイツは本気自転車乗る人が多くて、車がビュンビュン走るわきを
次々と通り抜けていく。見てるこっちが怖いわ!
途中から混みはじめ、ザックを膝の上に乗せた。
テーゲル空港までだいたい小一時間かな?
バスが揺れるたび、お尻に響き力が入るのが地味に辛い(涙)。。
b0346378_00181329.jpg
                 車道を突っ走るベルリンっ子たち


機械でチェックインを試みたが、エラーが出て意味わからん。
仕方なく列に並んでカウンターへ。
15kgに増えた(みやげ送ったのになぜ?)ザックを預けてやっと身軽になった。
このテーゲル空港、昔懐かしのパタパタ式?の表示版があったりして
かなりいい感じ。
展望台があるはずだったけど、ウロウロしても見つからなかった。
b0346378_00210885.jpg

b0346378_00211878.jpg

b0346378_00214697.jpg

b0346378_00215644.jpg
                     ベルリンテーゲル空港

1時間ほど遅れて出発。
上空からはテレビ塔が見えた!
大きなトラブルもなく数々の美しい景色を見ることができたドイツ。
また機会があったら訪れてみたい。
おやつは、ミルカのチョコレート&ジュース。甘コンビ。
経由地のフランクフルトが近づいてくると、少し乱気流が起こった。
あ~~お尻が・・・!!
飛行機がヒュ~ッと下降するとお腹も(もれなく患部も)キューッとなって冷や汗。
13時半頃にフランクフルト空港にに到着するやいなやトイレ。。
もう気が気でない。
3日経つけどぜんぜん良くなっていないのが気がかりだった。はぁぁぁぁぁぁぁ。
b0346378_00220961.jpg
                   近代的なフランクフルト空港

ここの空港ではパスポートコントロールがあるのみで、
あとはゲートに向かってひたすら待つのみ。
温かいコーヒーでも飲みたくなり、売店へ行ってみたら
美味しそうな惣菜サラダが色々あって目移り。
そういや朝食食べてなかったし、ここで食べておこう。
インディアンチキンのクスクスサラダは6.25€(約870円)だった。
あとは、ロビーにあったオラクルのチャージングエリアでスマホを充電&ネットしていたら
いつのまにか搭乗時間に。
3列3列の座席配置で、お隣はヨーロピアン女性だった。
チケットを撮っていた彼女に、心の中で「私も撮ったよ~撮りたくなるよね!」と呼びかけた^ ^
遅れていた旅日記を必死こいて書いてると、
窓の外にはレンガの家が見えてきた。イギリスだ~!^ ^/~

16:40、定刻どおりヒースロー空港に着陸。
ノロノロと地上を動く飛行機からは、どんより曇天のイギリスの空が見えた。
うん、これぞイギリスのお天気!
入国審査もガラガラに空いていており、
ロンドンだけ滞在すんの?と聞かれ、マンチェとスコットランドもと答えると
「アリガトー!」とパスポートを返されて終了。(あと滞在日数くらい)
そう言えば、ポスターとかカフェのメニューとか、なんの表示でも
英語がわりと頭に入ってくるのが不思議だった。
ドイツ語がサッパリだっただけなのだが、曲がりなりにも英語を勉強してきただけのことは
ちょっとでもあるのだなと感じた瞬間。
・・・まぁ、喋れるとは別問題なのですが。。

地下鉄TUBEもゆっくり座って移動。
(節約のためヒースローエクスプレスは乗れませぬ)
乗車してくる人たちは、厚手のジャケットを着ており、寒い外気も入ってくる。
暑かったドイツと大違いの、寒い寒いロンドン。
雨のせいもあるけど、春先くらいの気候に感じた。
こげ茶の家が続く風景を眺めていると
気を抜くのは危険だけど、それでも何度も来たイギリスの地に安心感を覚えてしまう。
一時間ほどで、セントパンクラスに到着。
この荘厳な建築はいつ見ても見事の一言だ。
雨にぬれる街並みがまた英国臭プンプン(笑)。
街行く人たちは、コートの前を合わせて歩いており寒そう。

b0346378_00224288.jpg
 セントパンクラス駅&ホテル
b0346378_00225210.jpg
貧乏人はこっちに泊ります
b0346378_00223016.jpg
可愛らしいロビー
b0346378_00222087.jpg
                     イギリス最初のお宿

駅からすぐの立地のYHA Hostel London St.Pancras。
可愛らしいイラストがあちこちにあってポップ!
カードをかざしてエレベーターエリアに入る仕組み。
今日も6人部屋だったけど、これがまた狭い!
棚はあるけど、床に荷物置くスペースほとんどなし。
私はバックパックだから問題なかったけど、スーツケースは大変そう。
そして6人満員っぽい。
どことな~くムショっぽい感じだ^ ^;
ジャパニメーションファンの子がいるのか、棚にはNARUTOの袋があった。
シャワーもあまり熱くなく残念。
今日はもう外に出る気力もないしお腹も空いてないので、サッサと寝ることにした。
まだまだ旅は続くし、休養も必要。
外は、ゥワンゥワンとパトカーがうるさい。
あ~これもロンドン、な夜。






[PR]
by greatglory728 | 2014-11-27 17:00 | 旅 2014 Germany,UK