2014 ドイツ・UK旅 5/24 その2

b0346378_23572137.jpg
                モスグリーンが素敵なプラットホーム

5/24(土)

さて、事前に日本でチェックしてきた古着屋や雑貨店だが。
・・・どれもこれも店がなかった!
潰れたっぽい- -;。
それにしても全滅って。。
歩きまくってヘトヘトな上に楽しみにしていた店巡りが不発に終わってしまった。
(翌日ガイドさんに聞いたところ、ベルリンは店の入れ替わりがとても多いそうです。
前まであった店が今日はないってのはザラだそう。
まだまだベルリンの街は発展中だから、とのこと)
疲れたけど、まわりの景色は面白くてたくさん撮ってしまう。
b0346378_00033640.jpg
                        手描き風広告?
b0346378_00035255.jpg
b0346378_00040482.jpg
                        カラフルアパート

そしてここいらで、トラブルその2:が発生。
さっきからなんだかお尻の具合がよろしくないのです・・・。
う~この変な感じ、おそらくアレになってそうな予感が。
アレとはお尻のトラブルでございます。
ヒサヤ大黒堂でおなじみの・・・--;
まだ行ってみたい店はあったけど、トイレに行きたくてそれどころでなくなった。
どこにトイレがあるかわからんので、確実にデパートにはあるだろうってことで
アレキサンダープラッツまで地下鉄で戻る。
デパートにかけこみ、最悪な事態は防げたが、
やっぱり症状は出ていて落ち込む・・・。
ふだん日本にいる時はなんともないのだけど
過去、台北とイギリスでこの症状に見舞われた私。
特にイギリスでは、けっこう出血してしまった。
帰国後すぐに医者に行って診てもらったらアレ持ちであることが判明。
しかし、今回の旅の前は膝の具合が悪くそればっかり気にかけていたせいか
こっちの対策のことはすっかり忘れており。
ドイツ滞在残りわずかとなって、いきなりやって来たこれにがっくり。。
やはり野菜不足が原因か?あと今朝のあれがストレスになってるとか。
まぁイギリスの時も一回の出血後は何ともなかったし、大丈夫だろうと思うことにした。
(・・・結局、この後イギリスで医者にかかるハメになるのだが。)
b0346378_00042236.jpg
                デパート前の人力?ホットスナック屋

お尻のことで話が脱線しました^ ^;
気を取り直して、続いてはostpaketという東ドイツグッズを集めた雑貨店へ。
お菓子やらプラスチック製品などいろんなものがあって、おまけに安い!
東ドイツのキッチュなものが欲しければここはきっと楽しいはず。
ちなみに10ユーロ以上のお買い上げからカードが使えると言われた。
私は9ユーロ。
すかさず店の兄ちゃんが「このしおり買えば10になるよ!」と営業^ ^;
ええ、買いましたとも。
(旅行記の最後に、もしかしたらお土産記事をアップするかも)

今日はお土産をいろいろ買ってしまおうということで、ライヒェルトというスーパーにもゴー。
ただ、お菓子が種類によっていろんな所に陳列されていてわかりにくい。
日本だと、チョコもスナックもグミもだいたい同じ箇所にあるんだけどねぇ。
レジのお姉さんがイスラム系の凄い美人だった。
なんとなくここに並んでよかったと思った。

一度宿に戻って、買い物品をベッドに放り投げてから再び外へ。
朝から歩き回ってだいぶくたびれてきたけど、行きたい所がたくさんあって
時間が足りない。。
明日は宿変えしないといけないし、今日行けそうな所は行っておきたい。
そこで地下鉄一本で行ける壁ミュージアムへ。
駅で地図見てたら、親切な女性が教えてくれた。ダンケです!
ミュージアムは、う~ん・・・昨日の壁記録センターで十分だったかも。
造りがゴチャッとしていて見にくいのだ、なんとなく。
それか私が疲れてただけかな?
でも子供たちが描いた壁の絵はズシリときた。

b0346378_16331875.jpg
                        壁ミュージアム

建物の外にあるチェックポイントチャーリー(国境検問所)には人だかりが。
ここも、ほ~と見ておしまい^^;
今日見るべきじゃなかったかな~疲れた。。

b0346378_16322614.jpg
b0346378_16325673.jpg
                    チェックポイントチャーリー

こういう観光地によくあるベタな土産屋にも立ち寄ってみると・・・
なかなか面白いものある!
ということで少し買い物したのだが。
ここでトラブルその3発生!
店員からもらったお釣りが20ユーロも足りないのだ。
私が出したお札が違ったのかと思ったが、
財布の中身を事前にを確かめて払ったから間違いない。
レジに戻って文句言ってみると、レジの売り上げチェックをはじめた。
これで私が間違ってたら赤っ恥・・・だけど、
結局店側がミスを認めて20ユーロ戻ってきた。
良かったけどなんだか後味悪い。
うっかりでなくて、わざとやられたような感じもしたからだ。
あー本当に疲れた。

気づけば午前中のオレンジジュースから何も口にしていない。
お腹が空いた!
とっとと食べて宿に帰ろう!
今日はカリーヴルストというベルリン名物を食べることを決めていた。
カリッと焼いたウィンナーにカレーパウダーを降りかけただけのお手軽スナック。
ベルリンにいくつか有名店があるらしいが、私はカリー36という店へ。
近くまで来たら長蛇の列の店があり、ビックリ。
何屋か!?と覗いたらケバブ屋であった。
(翌日、ガイドさんに聞いたら凄い人気店とのことだった)
ケバブ屋の列が凄すぎて、カリー36のはそうでもなく感じた^ ^;
列っていうかもうぐちゃぐちゃ状態だったけど。
本当にこれ注文言えるの?ってくらいもみくちゃ。
ポテトつけると油っこ過ぎるから要らないんだけど、店のおばちゃん英語通じるかな?
えーとドイツ語だったら何て言うんだっけ??とドキドキしたが
気づけばいつの間にか手に、カリーヴルストポテトなしがあった。
ケチャップもどっさり!
これを店の前にあるスタンドで、見知らぬ人たちに紛れて立ち食い!
なんてことはないはずなのに、うまいー!
このジャンクフードっぽさがいいんだろうなぁ。あっという間にペロリ。
b0346378_16333396.jpg
                ベルリンっ子や観光客でワイワイしている
b0346378_16341084.jpg
                        次は私の番・・・
b0346378_16342983.jpg
                    美味しいカリーヴルスト!!

19時半頃、ホステル戻り。クタクタ。。
でも今日は洗濯したい。
フロントでランドリーのことを聞いたら、今いっぱいでしばらくかかりそうだと。
先にシャワーを浴びて、ルームメイトと話したりしてたら23時。
フロントに再び下りたら、ランドリールームのカードキーをくれた。
(マシン投入用に小銭両替もしてくれる)
部屋の中は洗濯機・乾燥機がそれぞれ2台。
英語でわかりやすく使用方法も書いてあり、ちゃんと使えた。
まずは洗濯機・25分(たぶん最短コース)、3ユーロ。
30分後、洗濯は終わったが、よそ様の乾燥機の中の服がそのまんま。
ちなみにもう一つの乾燥機はフタが壊れており使用不可。
とっとと終わらせたいので、仕方なくよそ様の服を引っ張り出す。。
ジーンズにパーカー、シャツに靴下・・・出てくる出てくる男物^ ^;
一週間分ほどありそうな量。どんだけ詰め込んだんだ~!
やっとのことで取り出して、自分のを乾燥機にイン。
が、乾燥機のほうは英語説明がなくてまたわからん。。
適当に「ノーマル」っぽい字面に合わせてスタート。

またまた30分後、明日の荷造りをしてから再びランドリールームへ。
あ~もう0時になるよ~寝たい~~と目をこすりつつ扉を開けたら
中に先客が。可愛い男子で一気に目が覚める(笑)。
どうやら例の置きっぱなしの服たちは彼のものだったよう。
勝手に開けてゴメン。
いやいや取りに来るの遅くてゴメン。
で、どこから来たの~となり、
この子はアイスランドから来たとのこと!
うぉ~世界は広いけどアイスランドとは~。
嬉しくなって何年か前にレイキャビク行ったよ、と言うと
彼も「ほんと?!僕レイキャビク出身だよ!」とニコニコ。
アイスランドとっても良かったよ、と拙い英語(あちらはペラペラ)で話す。
「レイキャビク以外どこ行った?」と聞かれ、
とっさに地名が出てこない。。
「ブルーラグーン(野外温泉)?」「ヤー!」
「ゲイシール(間欠泉)?」「ヤー!」
という状態に^ ^;
今から振り返ってみれば、シガーロスのスタジオ見に行ったよとか
いろいろ話すことはあったはずなのに、
この時は、ムア~と暑くて狭い部屋にいきなり若い子と2人きりになって
おまけにアイスランドの人ときて、頭が混乱していたので無理だった。。
髪もまだドライヤーかけてないわでボサボサだったし、
服を取り込んだら早々にじゃあね~と出てきてしまった。

涼しい外に出ると、現実に戻ってきたような感覚に。。
可愛い子と会ったよ~とルームメイトに話し、私は就寝。
彼女はまだPCで今後のプラン作りをやらねばならないらしい。
ブラジリアンの子はまだ帰ってこない。
時はもうすぐ1時・・・。
明日は、東ドイツインテリアの宿へ移動。ガイドさんと蚤の市もまわります。
ベルリンの名所をいろいろ巡った後、ラストはテレビ塔へ登る予定。
いよいよドイツ最終日です。

b0346378_19102880.jpg
              明日の朝はブランデンブルク門からスタートします



[PR]
by greatglory728 | 2014-11-21 18:00 | 旅 2014 Germany,UK