2014ドイツ・UK旅 5/20

b0346378_22335956.jpg
                   DBロゴがポイント★駅の時計

5/20(火)

8時間グッスリ睡眠で7時起床!
お天気は今日も快晴!
あ~日本での毎日もこんなに爽やかに目覚められたらいいのに~。
今日もパウンドケーキをランチ用に失敬する。

b0346378_22341340.jpg
                      山がすぐそこまで
b0346378_22342682.jpg
                        
b0346378_22343989.jpg
                       ミッテンヴァルト駅

今日の日帰りトリップの目的地・ミッテンヴァルトまでは列車で20分程度。
本数もそこそこあるので、安心。
この町はバイオリン作りで有名になったらしく、
町のいたるところにフレスコ画があるらしい。
もちろんそれらも見てみるが、まずはユースホステルがある場所を目指す。
地球の歩き方に書かれていたのだが、このユースの周辺はお花畑らしいので
それを一目見てみたかったのだ。

b0346378_22345258.jpg
                       あと50分!

五月の風が爽やかに吹く中、テクテク歩いてユースを目指す。
途中何度か道を間違えたり、スーパーでドリンク買ったりしながら
結局駅から1時間半くらいかけて辿り着いた先は・・・。
b0346378_22350610.jpg
              イマイチ伝わりにくいですが・・・お花畑!!

山々に囲まれたそれは別天地のよう。
アルプスの少女・ハイジが駆け出してきそうで。
足元で小さな花が可憐に咲いている。
聴こえるのはカランカランというカウベルの音のみ。
あ~なんとも言えない心地よさ。
b0346378_22351927.jpg
                      喉の渇きを潤しつつ

b0346378_22353347.jpg
                       テクテク歩きます

時々、ユースに泊っていそうな小学生たちがオリエンテーリング的なものをしながら
私を追い越して行く。
リュックを背負って、大声で歌ったり、道端に座り込んで何かを書いたり楽しそう。
b0346378_22360085.jpg
b0346378_22362692.jpg
                     どの子も楽しげにやってました
b0346378_22354503.jpg
b0346378_22361304.jpg
                       牧歌的な風景たち
b0346378_22363726.jpg
                       ユースホステル

そんなお花畑ど真ん中にあるユースでは、遊具で遊ぶ子らが。
その片隅にあるベンチで小休憩。
あーこのまま昼寝したいわー。。
しかし虫がブンブンやって来るので、そこそこで切り上げて来た道を戻る。
昼間でもこの静けさ。
夜は星も眺め放題で綺麗なんだろうなぁ。
まわりは何にもないけど、素晴らしい経験ができそうなところだ。
b0346378_22370029.jpg

b0346378_22371610.jpg

b0346378_22373009.jpg

b0346378_22364834.jpg

                    どの方角見ても素晴らしい

帰り道も、こんな夢のような所を歩いてるのが信じられなく
思わず「産んでくれてありがとう!」と母に電話しそうになったほど^^;
まだ旅が始まってそう経ってないけど、1日1日過ぎるごとに
帰国後の就職活動のことが頭をかすめるのだけど、
今はこのドイツ旅を思い切り楽しむべき!と山や花たちに言われてるような気がした。
はるばる来て良かった、心からそう思える場所だった。
b0346378_22374621.jpg

b0346378_22380161.jpg

                  住宅街の花々も負けずに美しい

帰りは迷わず町中まで1時間ちょいで到着。
お天気は相変わらずの快晴で暑い!
事前にネットで調べていたお店でランチ。
せっかくなので外で食べることに。
あ~ヨーロッパって感じ。
南ドイツ料理ありますか?と聞いてみると
シュニッツェルと〇×〇×、とメニューを指差される。
シュニッツェルはちょっと重いな~ってことで、後者を注文。
何料理かわからんが。。
ベジタブル、シーフード、と中身を選べたので、ここは前者で。
料理を待つ間、ググってみたら・・・なんてことはない「グラタン」であった・・・。
グラタンってここらの名物?・・・ではないでしょう・・・。
b0346378_22381543.jpg

                     てんこ盛りのグラタン

お味はまぁ普通のグラタンでした。可もなく不可もなく。
ミックスベジタブルの可能性はあったけど、まぁ野菜取れてヨシとした。
飲み物のコースターがドイツチックで可愛らしく、
持ち帰ってもいいか聞いたら、「他の季節のもあるわよ!」と店から残り3バージョンも
取って来て持たせてくれた^ ^
だまってカバンに忍ばせないでよかった~。
ちなみにここもキャッシュしか使えず。
あーもう現金がどんどん減っていくよ。。
女店主の民族衣装が可愛らしかったので、撮らせてもらおうとした矢先、
常連客が来て彼女も飲み始めてしまったので、声かけられず。
つうか、一緒に飲んじゃうって。スゲー。
・・・結局、店の外観撮るふりして隠し撮り(?)。
b0346378_22382976.jpg
                      右から2人目の女性

メインストリートのフレスコ画はどれも見事。
しかしガルミッシュ・・・でも散々見たので、サクッと見て終了。
バイオリン博物館もせっかくだから行ってみようとしたが
ここもキャッシュオンリー。
「じゃぁ、いいです・・・」とすごすごと引き下がろうとすると
「え、いいの・・・?たった5ユーロだよ?」とチケ売り場のお兄さん。
今5ユーロを払えないわけじゃないけどさ、
あまりにカードが使えない状況が続くからさ、
この先本当に必要な場面で現金を残しておかないと不安じゃん?
だから、バイオリンはまぁいいかなぁ・・・と・・・。
はて、やることなくなってベンチで放心。
ボーッとしていたら、バギーを押したおばあさんに「Grüß Gott!」と挨拶されて
オタオタ。
たしか南ドイツでよく使われる挨拶!
アワアワしているうちに彼女は行ってしまった。残念。
b0346378_22384329.jpg

b0346378_22385935.jpg

b0346378_22391273.jpg

b0346378_22392655.jpg

b0346378_22394090.jpg

b0346378_22395466.jpg

                   ミッテンヴァルトの街並み

予定より何本か早めにガルミッシュ・・・に戻る。
どでかいスーパー・リドルで水を買って宿へ。
ここも水売り場がよくわからなかった。
無駄にグルグル回った。
明日はここを離れドレスデンへ向かうのだが、朝食を30分ほど早めてもらえるか
女将さんに確認。
最初は「No~」みたいなこと言ってちょっと困り顔に見えたが
最終的にはOkしてもらった。多分。。ちゃんと通じていることを願う。
少々疲れて仮眠を取ってから
クローゼットに出しっぱなしにしていた服たちをパッキングし、
就寝前に、残りのユーロを確認。
ああーやっぱりドイツ残り5日間で足りる気がしない。
ドレスデンに着いたらATMでおろさないと。
初海外でATM。無事にできるかな・・・。
一抹の不安を感じながら22時就寝。




[PR]
by greatglory728 | 2014-10-24 20:00 | 旅 2014 Germany,UK