2014ドイツ・UK旅 5/15 その1

b0346378_14075748.jpg
                      ドイツ式朝ごはん

5/15(木)

ドイツ二日目、7時前に起床。
グッスリ眠れた。
が、日本の友達とリドル(ドイツのスーパー)にいる夢を見たから、なんだか心寂しい。。
現実は一人なんだよー。
b0346378_14081846.jpg
                           食堂

ドキドキの初ドイツ朝ごはん!
食堂も、木造ほっこりメルヘンな空間。
給仕のおばちゃんの言ってることがよくわからん。ドイツ語?英語?
ミルヒー(牛乳)だって?
ということはドイツ語か!
アタフタして挙動不審なアジア人になってしまった。。
ドイツらしいというところでは、ハードパンとハムの種類が多いことだろうか。
味がしっかりしていて、パンはそのままでも美味しい。
ピクルスは、機内でも見た映画「グッバイ レーニン」でも重要なアイテムとして出てくる。
程よい酸っぱさがこれまた美味しい。土産に買って帰ろう。

チェックアウト後、荷物をフロントで預かってもらう。
(今日は午後に宿を移動するので)
掃除係の女の子もにこやかで、とてもいいホテルだった。
値段は65ユーロ。

外に出ると、曇り空時々晴れって感じ。
季節柄、白アスパラの屋台が多い。
朝に見る新市庁舎は、昨夜とは違って明るく爽やかに見える。

b0346378_14083545.jpg
Guten Morgen!

近くにあるペーターキルヒェン(すごいドイツ語っぽい響き)へ。
教会には入らず、ヒーヒー言いながら階段を登って展望台へ向かう。
けっこうキツいぞ・・・。
が、その甲斐あっていい眺め!
b0346378_14085478.jpg
                         展望台より
b0346378_14090728.jpg
                          新市庁舎
b0346378_14092690.jpg
                       けっこう高い

オレンジ色の屋根が沢山のミュンヘン中心地。
そこそこ高いので、下を見下ろすと、新市庁舎前に群がる人々が豆粒のよう。
双眼鏡を覗いているおばさんは軽やかに口笛を吹いて楽しげ。
ぐるっと一周する頃には、階段でかいた汗が冷えてきた。
高い所に登って街を見渡すのが好きな人にはオススメ。2ユーロ。

教会の目の前にある土産物屋にふらりと入ったら、
キャンドルや十字架などの教会グッズがたくさんある店だった。
特に目を見張ったのが、細工がとても美しいクリスマスオーナメントの数々!
何と言ったらいいのか、薄い金属か何かでできておりとても繊細。
あまりに可愛らしくて、どれがいいか目移りしてしまう。
友達にも~と幾つか買おうとしたが、値段見て仰天!
すごい高い・・・。
小さなものでも2千円くらいする~。
きっと手作りなのだろう。
かなり迷って一つだけに絞って購入。
SEB WESELYという店です。とてもドイツらしい土産が見つかるはず。

ちなみに、ここドイツ。
トイレが街中になかなかありません。
デパート内にはあるけれど、チップおばさん・おじさんがいます。
レストラン等で入れる時は入っておき、
緊急時に備えて小銭を常に持ち歩くべきかと思います。
この点、日本は楽だよなぁ。

さて、今日のお昼はミュンヘン名物の白ソーセージ・ヴァイスヴルストだ。
まだ朝ごはんからそう時間が経ってないのだが、
このソーセージ、新鮮さを保つために午前中しか提供しないらしい。
なのでまだお昼前だけど、早めに店に向かうことに。
2つほど候補をあげている。
一軒目のビアホールはいかにもドイツ!な造りで素敵だが、激混み。
勝手に座ろうも席がないから、
入り口付近で立っているのだがちっとも店員がやって来ない。
そこそこ近くまで来ても、どでかいビールを抱えていて忙しそう・・・。
もしかしたら私に気づいてるかもしれないけど、ぜんぜん来てくれない!
かと言って、このガヤガヤした中で大声上げて呼び止めることもできず^ ^;

b0346378_14101319.jpg
                    あきらめて2件目へ

こちらは落ち着いた雰囲気のレストラン。
ああ~ウェイターが来てくれた。ううっ、涙出そう(笑)。

b0346378_14095955.jpg
                 ヴァイスヴルスト、4ユーロほど

b0346378_14094306.jpg
                          全景

モチモチ、プリッとした食感が楽しい!
甘いマスタードとよく合う。
私はビールが飲めないから、飲み物はジュース。。
付け合せのプレッツェルも食べると、けっこう満腹に。
ちなみに、クレッジトカードは20ユーロ以上でないと使用不可とのこと。
こういうの、ドイツ国内ひじょう~に多かった。
現金多めがよいのかも。
Paulaner im Talという店でした。

午後は、
お買い物をし、
サーフィン@街中の川を見、
ユースホステルへ移動です。






[PR]
by greatglory728 | 2014-09-01 11:30 | 旅 2014 Germany,UK