2014 ドイツ・UK旅 旅のはじめに

b0346378_14300773.jpg
旅行記の前に、今回の旅の経緯を。

私は、今年の春に10年程勤めていた職場を離れた。
退職が決まった日、数ヶ月はしばらくゆっくりしようと思った。
と同時に、長期で旅に出られる!と嬉しくなった。
ワクワクした。
・・・無職になるのに。。

イギリスは絶対行くとして、あともう一つくらいよその国も行ってみようか。
どこにしよう。
あ、ドイツ!ドイツがいい。
と言うのは、昨年京都のユースホステルに泊った時、同室の方がオススメしていたからだ。
ちょうどその方が5月頃、渡独すると言っていたので、私も同時期に行けばいいんでは?
はじめての国だし、旅の始めくらいは、よく知った人と一緒に行動すれば安心だろう。

それから、地球の歩き方を買ってきて、ドイツのどこを行くか調べた。
最初、行きたいな~と思ったのは、
ノイシュヴァンシュタイン城とベルリンくらい。
後は正直、何があるのかよく知らなかった・・・。
が、本を読んでみると、あちこち興味があるところが増えてきた!
おお、ドイツめ、なかなか面白そうじゃないか・・・。
その中で、一番心ひかれたのがツークシュピッツェというドイツ最高峰の山。
オーストリアとの国境近くにあるらしく、
ノイシュヴァンシュタイン城がある方面とかけ離れてはいない。
おまけに、山があるガルミッシュ・パルテンキルヒェンからすぐの
ミッテンヴァルトという町には、あたり一面お花畑!なスポットもあるらしい。
いかにも南ドイツな街並みも見られそう。
あとは、ドレスデンとベルリンに行けたらヨシ。
それからイギリスへという流れで。
ちなみに、京都ユースの人とは都合がつかず一人でドイツの地を踏むことに。。
大丈夫かなー・・・。

イギリスは、昔からいつか行くぞ!と心に決めていた
・スカイ島
・ピークディストリクト
・ラノッホムーア
は、絶対に時間のある今回に行きたい。
また寝台列車にも乗りたいし、
ロンドンも最近は1日しか行けてなかったから数日滞在したい~
アザラシが見られるプロックトンもよさそう~
などなど、行きたい所がてんこ盛りに^ ^;
旅行期間が長いと、その分プラン作りも難航。
結果、以下の流れで決めた。
宿は、ユースホステルやインディペンデントホステル・B&B・小さいホテルなど。
はじめてBooking.comを利用(主にドイツ)。

・日付 滞在地 交通手段 宿泊先(宿タイプ)を記してみた↓

*ドイツ*

5/14 羽田→<空路>→ミュンヘン *Hotel Eder(プチホテル)
5/15 ミュンヘン *Munchen city(ユースホステル)
5/16 同上
5/17 ミュンヘン→<鉄道・バス>→ホーエンシュヴァンガウ 
    *Schloss Restaurant Neuschwanstein(民宿)
5/18 ホーエンシュヴァンガウ→<バス・鉄道>→ガルミッシュ・パルテンキルヒェン 
    *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/19 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/20 ミッテンヴァルト *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/21 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン→<鉄道>→ドレスデン 
    *Rudi Arndt(ユースホステル)
5/22 ドレスデン *Rudi Arndt(ユースホステル)
5/23 ドレスデン→<鉄道>→ベルリン *Generator Berlin Mitte(ホステル)
5/24 ベルリン *Generator Berlin Mitte(ホステル)
5/25 ベルリン *Ostel Das DDR Hostel(ホステル)

*イギリス*

5/26 ベルリン→<空路>→フランクフルト経由→<空路>→ヒースロー 
    *Hostel London St.Pancras(ユースホステル)
5/27 ロンドン *London St.Pancras(ユースホステル)
5/28 ロンドン→<鉄道>→イデイル *Ollerbrook Barn(B&B)
5/29 イデイル→<鉄道・バス>→ベイクウェル&バクストン経由でマンチェスター 
    *Hostel Manchester(ユースホステル)
5/30 マンチェスター *Hostel Manchester(ユースホステル)
5/31 マンチェスター→<鉄道>インヴァネス *Mardon Guest House(B&B)
6/1 インヴァネス→<鉄道>→プロックトン *Mackenzie's B&B (B&B)
6/2 プロックトン→<鉄道・バス>→ポートリー *Portree Independent hostel(ホステル)
6/3 スカイ島 *Portree Independent hostel(ホステル)
6/4 同上
6/5 スカイ島 *Sligachan Hotel (プチホテル)
6/6 スリガハン→<バス>→アーマデイル→<フェリー>→マレイグ→<鉄道>
   →フォートウィリアム *Clan Macdaff Hotel(プチホテル)
6/7 フォートウィリアム→<バス>→グレンコー *Alltshellach(プチホテル)
6/8 グレンコー  *Alltshellach(プチホテル)
6/9 グレンコー→<バス・鉄道>→ラノッホ *The Moor of Rannoch Hotel (B&B)
6/10 ラノッホ→<鉄道>→グラスゴー→<寝台列車>→翌朝ロンドン 
    *Caledonian Sleeper(寝台列車)
6/11 ロンドン *Palmers Lodge Swiss Cottage(ホステル)
6/12 同上
6/13 同上
6/14 ヒースロー→<空路>→フランクフルト経由→<空路>→翌朝羽田
6/15 羽田着 

丸々一ヶ月の旅。
今までは、行けても一週間ちょっとくらいだったから
こんなに長いのははじめて。
念のため、薬もいろいろ用意してパッキング。
服は、パンツ(ズボンの方)2本、Tシャツ類は4枚で着まわし。
(ホステルにコインランドリーがあるのでそれを活用)
山用の服は、速乾・防臭・軽量で非常に便利!
かさばるタオルは手ぬぐいに、
ファンデもミニ容器に詰め替え・・・等、いろいろ頑張ったものの
登山靴やレインウェア等がどうしても場所を取り、
自分のザック(45L)がパンパンに!
これじゃ、お土産を入れるスペースないよ~@出発前夜22時。
急遽、父親のザックを借りて全荷物詰め替え!
ちょっと山臭さが漂うのがナンだけど、文句は言えぬ。。
総重量は11Kg程になった。

b0346378_14295082.jpg
写真:りんご?の花咲くミッテンヴァルト、スカイ島のホステル







[PR]
by greatglory728 | 2014-08-24 10:00 | 旅 2014 Germany,UK