b0346378_16311747.jpg


ベンチもお洒落なら

b0346378_16314329.jpg


お手洗いスペースもお洒落!!


9/19(水)

そして迷いまくったのがICELAND AIRのチェックインカウンター。
空港内は工事中だから、
余計にわかりにくいのか、まったく見つからず。
案内所で聞くと、Transfer Centerよーと言われて
やっっとたどり着いた・・。
お店なんかが並ぶエリアの裏側にひっそりとカウンターはあった。
これはわかんないよ。。
ICELAND AIRと書かれたモニターがずらーっと並んでものかと思い込んでいたけど
(よく空港で見る風景)
そんなのなし!
どうやら小さな航空会社がここに全て集まっており、
一括でチェックインしている模様。
番号札を取ってからも、かなり待たされた。
搭乗時間間に合うのかな?
全体の半分くらいしかカウンターが開いておらず、
これがまたイライラさせられ・・。
もしチェックインカウンター自体が違っていて
もう搭乗が始まっていたら?
と心配になり、また聞きに行くも
ここで合っているとしか言われず。
やっと順番が来て、係のおばちゃんが
発券してくれた時は思わず安堵のため息が。
が、次は搭乗ゲートの表示がなかなか現れず(;´Д`A ```
もう疲れたよー!
脚投げ出してベッドで寝たい!
これからまた飛行機乗って移動するだなんて。
遠いな・・アイスランド・・

b0346378_19491598.jpg


そして、やっと表示が出た!!


結局1時間弱遅れの20:35離陸の模様。
機内は3ー2の配列で、
隣は足が凄く長いビジネスマンだった。
エコノミーきつそう~(-_-;)
軽食もお金取られることなく。

b0346378_19542336.jpg


夜9時にごはん (;´・ω・)


おかずトレーの下にあるプリントが
アイスランドらしい火山の写真だったり
チョコレートがアイスランドのメーカーNói Síríus だったり
機内エンタの音楽はBjork特集だったり。
もう少しでアイスランドなんだ!と
ワクワク度が高まってくる。
食後は私らもビジネスマンもグーグー寝た。
気付けば、ガタンガタンと機体が揺れて着陸。
窓には雨粒がツツーと流れていた。
現在のケフラヴィークは22:10とアナウンスが。
あれ、もう0時かと思ってた!
そうだ、デンマークと2時間時差があるんだった。
なんだか得したような気分に。
体はぐったり疲れていたけど、
まだ22時と聞いて、いくぶん気分が軽くなった。

飛行機から出て空港の連絡通路?に出たとたん
空気がヒヤッとした。
おおお、とうとう氷の国に着いたんだ・・・。
空港はシーンとしており、
私たち乗客以外に人は見当たらず。
コペンハーゲンで一騒動あったスーツケースは
無事に手元に。。
ホテルまではFly Busで移動。
当然外は真っ暗。
そして寒い!
日本で言ったら11月くらいの寒さだったか?
オレンジ色の街灯の光が、路面の水たまりに光っていた。
明日からの天気はどうなのかな・・。
23時ちょい前にバスはレイキャビクに向けて出発した。
空港周辺は何もないのか、真っ暗闇。
だけど、道路に沿ってずーっと続く街灯の色がとても綺麗だった。
漆黒のなかに、オレンジの水玉が連なってるような。
あたりは荒野だったのだろうか。
と、今グーグルマップ開いてみたら、こんなだった!

b0346378_20162666.jpg


こ、荒野だ!
(Google mapより)


そんな大地をひた走っていると、
タコベルやOlis(ガソリンスタンド)のネオン看板が
やがてポツポツ見えてきた。
なんかアメリカのロードサイドっぽくもある( ´∀` )
30分ほどでバスターミナルらしきところに到着。
えっ、ここからどうするの?と外を見たら
すぐ隣にマイクロバスが来ていた。
なるほどこれに乗り換えるのね!
ドライバーにHotel Fronと告げ
彼もFronね~と確認。

一回りコンパクトになったバスは
細い路地を行き、
だんだん家やお店が増えてきた。
民家やお店のショーウィンドウからは柔らかな光がもれ、
カーステレオからは控えめにラジオが流れ。
それらがなんだか和ませてくれた。
もう市内に入ったのかな?と目を凝らすと
ハトルグリムス教会が視界に飛び込んできた!
ってことはこの通りが街のメインストリート??
えっっっ、うちの地元とそれほど変わらない規模・・笑
とても小さなな街とは聞いてたけど想像以上。
Hotel Fronはこじんまりとした作りだけど
木目調の壁にはアイスランドの名所らしき
写真がセンス良く飾られ、
床のジュータンもグレーでいい感じ。
お部屋もシティセンターにあるホテルにしては、十分な広さ。
床や家具が木製のせいかぬくもりを感じる。
フロントの女の子はそっけない感じだったけど (-_-;)
というか、建物に入ったら暖かくてビックリ!
そのくらい外は寒いんだ。

b0346378_20111096.jpg


ウッディなお部屋

b0346378_20114607.jpg


モノクロでまとめたバスルーム


そしてそして!
アイスランドのホテルのお湯と言えば・・・( ^ω^)
温泉!!が出るのです~♪
たしかに蛇口をひねると、ふわ~んと硫黄の香り!
シャワーを浴びるだけでも、温泉に浸かってるみたいな気分に(笑)
そして水はキリリと冷たいのだった。
荷ほどきもほどほどにしてベッドに倒れこんだのは
2時頃。
ベッドはフカフカと寝心地良く、
グッスリ眠れた。
もう泥ののように眠った。


[PR]
# by greatglory728 | 2017-09-28 11:00 | 旅 2007 Iceland | Trackback | Comments(2)

b0346378_15564348.jpg


Boarding time!

9/19(水)

いよいよアイスランドへ出発する日。
旅行前っていつも前日バタバタで
この日も就寝は午前様。
起床は4時半で、慌ただしく出発だった。
7時過ぎには上野に着いて、
Aちゃんとも無事に会えた。
2003年イギリス旅行の時みたいなこと
(駅改札の中と外でお互い待ってた)
にはならずホッ。

b0346378_15583265.jpg


成田空港到着


初めて乗るSASことスカンジナビア航空の機体見て
ドキドキ。

b0346378_15574637.jpg


まずはデンマークまで!


チェックインの時、
コペン乗り継ぎの際に再度チェックインが必要で
スーツケースも一度ピックアップと聞かされた。
スムーズに行くかな・・
機内のCAは、おじさん率高し(笑)
機内食はチキンの照り焼きをチョイス。
驚いたことに、パンはおかわり自由!
カゴに盛られたパンをCAたちが運んでくるのだ( ´∀` )

b0346378_16135302.jpg


ご飯のパサつきもなく美味しかった


デンマークの新聞を眺めていたら
現地は気温15℃で、日の入りは19時半だとか。
まだ暑い日本と比べてなんと涼しい(寒い?)ことか!
でも日の入り時刻は、日本の真夏以上の遅さ。
フライトもあと4時間ほどになった頃、軽食が出た。
お腹空いてないのに、貰ってしまう。

b0346378_16180401.jpg


aの上に点々がある文字が北欧らしい


そして窓からは、デンマークの大地が見えてきた!
赤い屋根の家と真っ青な海。
風力発電がある!
カストラップ空港は海の近くなんだなー。
さて、まずは荷物のピックアップ。
が、これがいつになっても出て来やしない。
おかしいな、、
たまらずAちゃんがスタッフに聞いてみたら
ポカンとされ、
何言っちゃってるの?ってな顔で
レイキャビクまでスルーだよと言われた。
成田のチェックインカウンターにいた女性、
新人だったのだろうか。。
言ってたことがまるで違う!(# ゚Д゚)
なんやかんやでもう1時間経過・・
だけど、この空港
どこもかしこもお洒落でテンションあがった!

b0346378_16200504.jpg



b0346378_16261139.jpg


さすがは北欧圏~


無機質になりがちな空港だけど
床や天井、カウンターに木が使用されていて暖かみがある。
スタバでちょっと休憩~と
適当にスムージーとチョコバー買ったら
50DKK(≒800円)が飛んで行った!高い!!
ううう、ここは北欧だった・・。
ソファで休んだけど、
まわりは碧眼金髪の白人だらけ。
この間(同年6月)の台湾の時と違って
なんかアウェイ感がハンパない。
肩身が狭いというかなんというか。

これからアイスランドエアーに乗り換え。
まだ先は長いので
次回に続きます。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-09-23 11:00 | 旅 2007 Iceland | Trackback | Comments(0)

b0346378_22063946.jpg


レイキャビクの街角


旅の計画についてパート2です。
なぜアイスランドなのか?については1で述べたとおりで、
実際の手配については以下を
アイスランド航空さんでお願いしました。
(㈱バイキング)
http://www.icelandair.jp/
・成田⇔ケフラヴィーク間の航空券
・空港⇔ホテル間のバス
・ホテル
・現地ツアー
飛行機は、コペンハーゲン経由で約15時間。
なかなかの長旅・・(-_-;)

b0346378_12092465.jpg


いつも貰うバゲージタグ/ICELAND AIR機内食トレーシート

b0346378_12090097.jpg


今時手書きのチケット!


レイキャビクのホテルに着くのは夜遅く。
ホテルリストも貰って
Aちゃんと、あーでもないこーでもないと悩み。
結果、
前半3泊は、市内中心部にあるリーズナブルなHotel Fronに、
http://www.hotelfron.is/
後半3泊は、少し離れた場所にあるお高めなHotel holtに決定。
https://holt.is/
離れたと言っても、スーツケースでも徒歩移動できる範囲内。
(なんてったってレイキャビクの街自体が小さいから)
Fronは1泊7000円で、立地最高。カラフルな外観でテンションあがる感じ。
一方のholtは、1泊16.000円だけど、朝食も充実しているそう。

そして現地ツアーについては、
・ゴールデンサークルツアー
・南海岸アドベンチャーツアー
・ブルーラグーン
の3つを手配。
アイスランドは電車が走っていないため、
手っ取り早く見どころを回るには、ツアーが最適。
英語ガイドしかないのが若干不安だったけど
Aちゃんもいるから大丈夫だろう!
ゴールデンサークルツアーは、
アイスランドに来る人のほとんどが参加するほどの定番コース。
雄大な滝や間欠泉を巡ります。
南海岸ツアーは、氷河が見てみたくて。
ブルーラグーン(温泉)は、
ツアーと言っても、ホテルと温泉間の送迎をしてくれるのみ。
現地では完全にフリーなので気楽です。

b0346378_12080528.jpg


こんな滝の「裏」にも行けた


ということで、旅程はこんな感じに↓

9/19(水)
----------------------------------
11:40成田発

16:05コペンハーゲン着
19:45コペンハーゲン発

20:55ケフラヴィーク着
Hotel Fron泊


9/20(木)
----------------------------------
終日レイキャビク散策
Hotel Fron泊


9/21(金)
----------------------------------
南海岸アドベンチャーツアー参加
Hotel Fron泊


9/22(土)
----------------------------------
ゴールデンサークルツアー参加
Hotel Holt泊


9/23(日)
----------------------------------
ブルーラグーンツアー参加
Hotel Holt泊


9/24(月)
----------------------------------
日中はバスでÁlafossへ
(・SigurRosスタジオ
・アイスランディックウールの店)
夜はレイキャビク市内でオーロラチャンス狙う
Hotel Holt泊


9/25(火)
----------------------------------
7:45ケフラヴィーク発

12:45コペンハーゲン着
15:45コペンハーゲン発

翌9:35成田着


次(まだこれから作成ですけど~(;´Д`A ```)から
いよいよ旅行記スタートです!


[PR]
# by greatglory728 | 2017-09-16 13:00 | 旅 2007 Iceland | Trackback | Comments(0)

b0346378_19012644.jpg


Reykjavíkの街並み


2007年の9月に訪れた、アイスランドの旅行記をこれから始めます。
mixiや以前やってたホームページでは、途中まで作成していたはずだけど
どうやって旅の手配をしたのか、とんと覚えておらず・・(;^_^
スクラップブックをひっくり返して確認。
あ、そもそも何故アイスランドへ行ったのか、からか・・。
それは
①アイスランド出身のSigurRosが好きで、もともと興味はあった
②アイスランドのイベントで興味がさらに加速
③なんせ遠いので体力あるうちに行くべきと思った
という感じでしょうか。

b0346378_21234739.jpg


*画像検索でお借りしました


SigurRosは、もう説明する必要はないほど
メジャーな存在になりましたが
あの独特の世界観が生まれた背景(=環境)は
どんなものがあるんだろう、と彼らの音楽を聴くたび思ってきた。
雑誌の写真見てるだけでも、伝わってくるけど
これはいつか行ってみたいな、、と思いつつ時は過ぎ。
2003年・2006年とライヴに行って感動に浸りながら
(2003年UK旅行・ロシア旅行でおなじみの)Aちゃんと
あ~アイスランド行きたいね!!
と言い合っていました。
そんな2006年4月のライヴ後のGWに
(たぶんmixi経由で)アイスランドのイベントが渋谷であると知り
迷わず2人で参加することに。
これがもの凄く刺激的で楽しいイベントで!

b0346378_21293334.jpg




アイスランドの音楽を聴いて
映像を見て
美味しいアイスランド料理(ラム肉・サーモン!)を皆で食べよう!
という内容。
もうこれで旅行行く気の80%まで気持ちは高まったのでは。
イベント企画者の小倉さんからも、沢山のアイスランド情報を聞いて
ワーキャーしっぱなし(笑)
当時の様子↓
http://blog.excite.co.jp/ICELANDia1/3885977/
(小倉さんのブログ)

・・ってツラツラと書いていますが
当時の日付なんかは全く覚えておらず。
小倉さんのブログをさかのぼって、調べました(笑)
これでアイスランドに行く気が高まって
チケット取ったのね、、と思いつつ
実際出発したのは翌年の2007年。
あら、1年も後に行ったのね・・(-_-;)
きっと2006年は、行けない理由があったのでしょう。。
ブログを読み進めていると、
翌、2007年7月にも同イベントに参加していたこと、
同じ7月に、アイスランド音楽のドキュメンタリー映画見に行ったこと、
などなどを思い出し、随分とアイスランドづいていたんだなと。

b0346378_21594169.jpg


icelandic house


そんな中、
お互いの仕事の都合がつきそうな9月半ばに出発することが決定。
オーロラが見られるチャンスはギリギリありそうな頃で、
且つ、寒さも本格的ではないシーズンということで。
当時、本屋に行ってもアイスランドの本って
ほとんどなく、情報を集めるのは苦労した覚えが・・。
頼れたのは
アイスランド観光文化研究所の冊子と
スカンジナビアンスタイルのアイスランド特集の2冊のみ。
あとは、ネットで調べまくることに。
まぁやりたいことはハッキリしていたので、
進みだしたら早かったような気もします。

で、そのやりたいこととは・・
①ブルーラグーン(天然温泉)に入る
②滝や間欠泉、氷河などの大自然にふれる
③SigurRosのスタジオがあるÁlafossに行ってみる
④レコードショップ12tonarに行く
⑤アイスランドウール製品を買う
⑥ハトルグリルスキルキャ(教会)に登る
⑦地元スーパーBonusで買い物する

b0346378_22101168.jpg


Blue Lagoon


温泉や名所は、現地ツアーに参加するからいいとして
難関だったのは③
Álafossは、バスで行く郊外の村?なので
最初は無理かなーと思ったけど
ネットで、行ったことがある人の話を聞きまくり
よし、なんとかなりそうだとなりました ( ´∀` )
お世話になったサイトを久しぶりに覗いてみたら
まだ記事が残っており。
http://www.coldnature.is/withbbs/alafoss/alafoss.html
私の質問に、みなさん熱心に答えてくれて
とっても助かったものです。( ´∀` )

b0346378_22104995.jpg


この15番バスに乗った


飛行機等の手配のことや
旅程については、
長くなったので次回に(笑)


[PR]
# by greatglory728 | 2017-09-11 11:00 | 旅 2007 Iceland | Trackback | Comments(2)

牛乳プリン

b0346378_11050436.jpg



ちょっと前に買ったものですが・・
昔から大好きな牛乳プリン。
久しぶりに手に取ってみたら
太陽ちゃんが眠たげ(笑)
寝ぼけ眼で
もう起きなきゃ・・( ´∀` )
なんて可愛いの~。。
インスタにあげてみたところ
他の人の写真で
いろんなバージョンがあることが判明!
朝ならではの光景や
1日頑張ろう的なものまで。
普通のプリンも好きですが
これはサッパリしているので
朝食向けかもしれません。
また買おう~。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-09-07 11:00 | 美味しいこと | Trackback | Comments(0)