b0346378_17062834.jpg


お店のコースター


2月のクリニック通いの後は、
(元)鶴谷洋服店の裏にある喫茶店「ラドリオ」へ行ってみた。

この細い路地、昭和24年創業のラドリオに
昭和28年創業のミロンガが向かい合わせである
なんとも素敵な空間。
スペイン語でレンガを意味するそうで、
外観からして、ずしっと重厚。

b0346378_17093859.jpg

b0346378_17102959.jpg

b0346378_17140974.jpg

b0346378_17144727.jpg

b0346378_17153597.jpg



クリニック後、カレー屋ばんびで美味しいレッドカレーをいただき、
薬局でクスリをもらってから向かったので13時近く。
お昼休み中の会社員が落ち着き始めた頃かな~と思ったけど、
なんのなんの、ほぼ満席!
運よく空席があったけれど、
私の後に来た人は、満席で帰っていきました (^-^;

店内は照明がかなり落としてあり、
昼間でも暗め。
奥行きが思っていたよりあり、席数もそこそこありました。
くすんだ赤色の小さな座席と低めのテーブルが
なんとも昭和っぽくてイイ!
天井のランプも、また趣があります。
カウンター裏にはお酒の瓶がズラリ。
(夜はバーになるそう)
お店の方は、みな落ち着いた雰囲気の女性。

b0346378_17180194.jpg


木製の固定型スツールも面白い

b0346378_17190661.jpg

b0346378_17201913.jpg


壁の色合いにも歴史を感じる


この日は、2月中旬なのに気温が20℃近くもあり、
春一番の強風が吹き荒れる日でした。
薄手のコートにしたけれど、
席に腰を下ろすと、軽く汗が・・(-_-;)
ということで、今年初のアイスコーヒーをいただくことに♪
ふつうの2月の気候じゃ考えられまい!
カレー食べた後だけど、ケーキもモチロン食べる。

b0346378_17222548.jpg


本日のケーキとアイスコーヒー


ケーキは、3種類から選べて、カボチャにしてみた。
パウンドケーキと黒板に書かれていたけど、
出てきたのは三角形。
とてもしっとりした味で、美味美味~(⌒∇⌒)
そしてアイスコーヒーも、渋すぎず美味しい!
(って言っても、ストレートで飲めないので
ミルクとシロップ入れてますが)
あまり酸味があるのも好きではないんだけど
これはバランス良くて◎
これで、670円はお安いでしょう!


ラドリオかわら版という、
スタッフが書いた新聞があって、これも面白かったなぁ。
小学校の時、新聞係とかあったこと思い出した。
折り線に沿って折ると文庫本カバーになるアイデアもの。

b0346378_17271063.jpg

b0346378_17261998.jpg


注文票の裏に猫ちゃん


テーブル上の、
シュガーポット、ミルク・シロップピッチャー、お水が入ったグラス
などの小物も、レトロでいいですなぁ。。
店内のBGMはシャンソン♪
ランチのカレーやナポリタンも気になるし、
この店が発祥と言われるウインナーコーヒーも
いつか飲んでみたい。
持ってきた文庫本を読み進めようと思ったけれど
入れないお客さんが気の毒だし、
活字を追うには暗かったので、小一時間で出ました。
(お茶で一人で小一時間は、十分か。。)

写真は撮らなかったけれど、
カレー屋ばんびも、店主と2人の若い弟子たち(?)が頑張っている
まじめなお店で、応援したくなる感じでした。
月曜は、女性にココナツアイスサービスらしいし
100円割引券もくれたし、で、また来月も行ってみようと思います(`・ω・´)ゞ
素適なお店だらけの神保町。
あ~~この街で働きたい!







[PR]
# by greatglory728 | 2017-03-26 11:00 | 美味しいこと | Trackback | Comments(2)

b0346378_21480918.jpg


美しい三峰神社

秩父鉄道で三峰口駅に到着後、神社まではバスで移動。
小一時間バスに揺られて山奥へ。
神社境内に入ると、そこかしこに雪が!
この日は晴天だったけれど、凛とした空気に包まれていました。

b0346378_21505402.jpg

b0346378_21510740.jpg



雪で滑らないようにソロソロ歩いて移動。
スノーブーツを履いてきて正解だった(;´∀`)
建物に入ると途中からはスリッパを脱いで進みます。
渡り廊下?はひやっとしていて、冷気が凄い。
そして拝殿内の天井が美しかったこと!
神社のホームページによると・・
「内部の格天井には奥秩父の花木百数十種が画かれ」らしい。
そして若い神職の方が見えて、お祓い開始。
我々秩父鉄道一行は、3人が代表として
お祓いしてもらい、残りの人たちは一緒に頭を下げるかたちに。
畳にずっと正座していたので、終了時には
案の定足が痺れまくり。
みんな適度に崩していたようで、すくっと立ち上がるのに
私だけいつまでたっても歩けず!
すると先ほどの神職さんがやって来て傍らに腰を下ろし、
「ここを押すと痺れが取れますよ」とコツを伝授してくださった(^-^;
おかげでどうにか感覚が戻り、渡り廊下にあるお神酒をいただいて終了~。


b0346378_22441844.jpg


和名倉山

お昼は、すぐ隣にある宿泊施設内でいただきました。
おまかせ弁当が手配できず、各々が好きなものを注文となったので
私は熱々の山菜うどんを。
昼食中は、山好きな神職さんが近辺の山のことをあれこれ
お話ししてくれラッキーでした。
座敷からも、二百名山の和名倉山が綺麗に見えて↑
(余計な私が写りこんでるけど)

b0346378_21511994.jpg


今年は酉年よー


食後はしばし自由時間。
私たちはまず社務所で御朱印をいただきました。

b0346378_22501919.jpg


秩父鉄道のフリーパスを提示すると、木製ストラップが貰えるとのことで
こちらも忘れずゲット!

b0346378_22512356.jpg


山リュックにでもつけようかしら


ちなみにこのツアー、三峰神社からはお箸を
秩父鉄道からはクリアファイルをプレゼントでいただきました。
ちょっとしたものでも、お土産って嬉しいものですね~。

b0346378_22524338.jpg

b0346378_22520728.jpg

b0346378_22533275.jpg


三社トレインのクリアファイルでした


境内の神秘的な空気を思い切り吸って散策した後、
バスは三峰口駅へ。
ここで解散となりました。
私たちは、途中の御花畑駅で途中下車し秩父市内をぶら~り。
(R.I.P.ぶらり途中下車の旅・おひょいさん)
まずは、笑点でおなじみ・林家たい平さんのご実家の駄菓子屋さんへ!

b0346378_22550533.jpg


チャンチャカ チャカチャカ ッチャンチャン♪


たい平師匠のお母様は、とてもお元気でおしゃべり好き( ´∀` )
懐かしいお菓子を手に取りながらお話ししていたら、
コンチハ~と小学生男子2人がやってきました。
まぁ可愛い~~(*´艸`*)
フと私の前を少年が横切ったところ、
「坊や、こっち(私)もお客さんなんだから
こういう時は「すみません」って言うもんだよ」とお母さん。
また、彼らが買った商品をビニール袋に入れた時も
「これにゴミを入れてお家まで持ち帰るんだよ」と
きちんと教えていました。
親でも先生でもない大人との、こういうふれあいって
今なかなかないのかな、と思うので
とても貴重な場だなぁと感じました。
昔は、そこここであったのだろうけれど。

b0346378_22542031.jpg


たい平師匠の姪っ子さんの作品とのこと

b0346378_23045557.jpg


こんなに買いました

b0346378_23071793.jpg


民家のポスト脇にあった素敵な鳥たち


お母さんに別れを告げて、今度は和菓子屋「中村屋」へ。
美味しそうなお団子に惹かれたのです(笑)
店内に椅子があったので休ませてもらったら
熱いお茶までいただけて、ありがたやー。

b0346378_23055454.jpg

b0346378_23063192.jpg


とても美味しかった


最後に、fuwafuwaというパン屋さんでお土産を買って帰路に着きました。
ところで
秩父駅プラットホームからは、
武甲山がとてもダイナミック且つ綺麗に見えます。
毎朝見てたらなんとも思わないかもだけど、
いいな~。

b0346378_23093535.jpg


かっこいい武甲山


まだまだ秩父市内も見ていないところがあるので
今年もまた沢山来ようと思いました。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-03-23 11:00 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

b0346378_16040092.jpg


秩父三社トレインでGo


1月21日の出来事なので、もうこれがアップされる頃には
だいぶ寒々しい写真だなーと思われるかもしれません。
年明け早々、山登り仲間の先輩から
「これ面白そうじゃない?」とLINEでこんな写真が送られてきました。

b0346378_16024246.jpg


去年、花粉症に泣かされた三峰山登山。
その時はまだ御朱印帳を持っていなかったので、
秩父三社のうち、ここだけが未だだったのです。
それもあって、二つ返事でOKして行ってきました。

始発の羽生駅に着くと、カラフルにラッピングされた秩父鉄道が!
三峰神社・秩父神社・宝登山神社の「秩父三社トレイン」です。
車体も車内も、神社にまつわるイラストが沢山。

b0346378_16153059.jpg


宝登山神社

b0346378_16155069.jpg


秩父神社

b0346378_16160974.jpg


三峰神社

b0346378_16163120.jpg


三峰神社の眷属神はオオカミ

b0346378_16182556.jpg


車内天井まで!


楽しい電車にガタゴト揺られること約2時間。
終点の三峰口駅に着きました。
キリッとした空気が秩父に着いたことを実感させます。

b0346378_16201097.jpg


思えば遠くへ来たもんだ・・・

b0346378_16205173.jpg


味わい深い駅です


その2へ続きます


[PR]
# by greatglory728 | 2017-03-20 11:00 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/15 その4



b0346378_12190247.jpg



2/15(金)

Fortnum & Masonへと急ぐ私たち。
はぁはぁ息を切らせながらたどり着いたお店は、とても豪華で立派な建物!
夜だから綺麗に撮れなかったのが残念だけど、華やかですごく素敵だった。
淡いグリーン色の扉を押して店内に入る時、
ディズニーランドのショップを思い出した。

b0346378_12172053.jpg


Fortnum & Mason


閉店間際のなのに、お客さんでいっぱいだった。
日本人もたくさん!
定番のFortnum & Masonカラーの缶以外にも
赤や水色のもの、大サイズ、ミニサイズ、紙パッケージetc・・
膨大な量の紅茶が並んでおり圧巻。
日本でデパートや成城石井なんかで買うのに比べて
かなり割安だった。
ちなみに2階は、服飾品売り場だった。
煌びやかな羽飾りのついたお帽子や、スカーフ、手袋、傘などがあり
まさに貴婦人・淑女のための空間!
まぁ私たちはトイレ借りるだけに行ったんですけどね。。
いすに座っていたお掃除おばちゃんに、チップをちゃんと渡して利用。
とっても綺麗なトイレで、どこもかしこもピカピカだった。

b0346378_12262560.jpg


お店前に止まるバス


b0346378_12272625.jpg


赤い電話ボックスもロンドンの象徴

b0346378_12265484.jpg


あっ、ケミカル!


エロスの像付近まで戻って来たところで、
明日CDショップで買おうと思っていた
The Chemical Brothersの新譜広告がどどーんと出ていた。
これはなんだか嬉しかったなー(o^―^o)

さて、まだまだ回りたいところはあったのだけど
だいぶ時間が押していたので、本日ラストの予定
「Pub Sherlock Holmes」へ向かうことに。
バスに乗ったはいいが、下車する場所を間違えたようで
ここはどこ?状態に・・(-_-;)
どうやらストランドの方で降りてしまったらしく
少し歩いてみたらトラファルガー広場に出た!
ここに出ればまずは一安心(笑)
しかしお店が見つかるまではドキドキした。
すれ違う人は日本語通じない人ばかりだし
(自分が外国人!)
あたりは暗い夜の7時だし・・・。
地図を見ながら、夜道を歩き
ポッとパブが現れた時は軽く感動!

b0346378_12452493.jpg


わ~~着いたよ!

b0346378_12460612.jpg

b0346378_12462012.jpg

b0346378_12462977.jpg


メニューボードのイラストもいい!


しかし、しかしだ。
パブ=酒場、なんだよね。
窓ガラスは↓のように曇りガラスで、
よく店内の様子がわからない。
が、盛況のようで熱気は伝わってくる・・(^-^;
正直、入りづらい!
外側にレストラン用の階段があるんだけど
カギかかっていて入れないし(涙)

b0346378_12454588.jpg


観光客も入っていいの・・??


どうしよう、やっぱり入るのやめる?
でもせっかくここまで来たんだし!
店の前でウロウロしていたら、一人の男性がやって来た。
あっ、この人の後について入ればいいんじゃない?
ガチャンとドアが閉められる前に、店内へイン!
は、入ったー!!
店内は大賑わいで、どんちゃんどんちゃんうるさい(笑)
これが本場のパブなんだ~(;゚Д゚)
立ち飲みしている輩の間を「Sorry!Sorry!」言いながら押し分けて
やっとレストラン入口の内階段に着いた。

b0346378_12551976.jpg


あああジェレミーブレット&ワトソン君!
(ワトソン役の方、名前を知らず。。
エドワード・ハードウィックさんと言うらしい)


階段上には、↑のような写真が飾られており
おおお!とテンションあがった(笑)
NHKの夕方から放送していたグラナダ版のやつを
妹とよく見ていたので。
しかも案内された席が、
ホームズの部屋を再現したコーナーの真ん前!

b0346378_10403004.jpg


私たちの席のすぐ横がコレ


テーブルの上にはナイフやフォーク、ナプキンがきちんとセットされており
思っていたよりちゃんとしたレストランで、少し緊張。。
量が多いと困るので、メインと何か一品くらいだけで良かったのだけど
店員さんの言ってることが理解できず、
結局一通り頼むことに^_^;
まずはスープとパンが来た。

b0346378_10471366.jpg



チーズが入った濃厚なスープで美味しかったけれど
妹の頼んだサラダが凄いボリュームで、目がテンに・・・。
これからメインとデザート来るのに、、大丈夫だろうか、私たちの胃・・・。
続いてメイン。
私はワトソン博士のお気に入りと言う名の
ソーセージ&マッシュ。

b0346378_10490249.jpg


デーン!!

おおっと!さすがワトソン博士のフェイバリットー!
大きなソーセージが3本に、マッシュポテトがこれでもかと鎮座していた。
玉ねぎたくさんのグレイビーソースがまた濃厚(笑)
ハーブが入ったソーセージは美味しくて好みだったけれど
まぁ日本人女子にとってはコレ、2人分だよねぇ。。
だんだんお腹が苦しくなってくる。
コールスローサラダも数口しか食べられず。
ボーイの兄ちゃん一人でフロアを仕切っているので
料理が出てくるまで時間がかかるのも、
またその間にお腹が膨れるんだよね(-_-;)
結局、ソーセージ1本強、ポテト3割くらい残してしまった。
自分で頼んだものを残すって、すごく心苦しいんだけどもう無理。
皿を下げに来た兄ちゃん、残った料理を見て
「もういいの・・?」と悲し気。
その表情がまたツライ・・!
デリシャス バット アイムフル
とお腹をさすれば通じただろうに、
簡単な英語も出てこず。
そしてデザートの登場。

b0346378_10594404.jpg



カスタードプディングでござい!


甘いものは別腹でしょう~と軽く見ていた自分を呪う。。
大きさはそうでもないけれど、
熱々甘~いカスタードクリームが海のようで
プディングもどっしりした存在感。
なんでかな、日本のプリンを想像して注文しちゃったのかな。。
もうさっきから、脳内はなぜか「剣の舞」が流れまくって
がんばれ!食べろ!がんばれ!食べろ!
と頭がやられてきた。
「ぜんぜん減らないんですけど!」
「ツライ、辛すぎる・・」
ひぃひぃ言いつつ、頑張って6-7割は食べたか。
ここでギブアップ。
時間はとうに2時間を超えていた。
料金は£18.85(当時のレートで約3.800円)でした。
外に出たら、正直「解放された」と呟いてしまいましたね。
4千円も出して、半分近く残したんだから勿体ない話です。。
店側にも悪かったなーと思いますが
今でも強烈に印象に残っている食事です(笑)

計画時は、ホワイトホールからビッグベンの夜景を撮りに行くことにしていたけれど
もう22時近いし、疲れ果てたのでホテルへ帰ることに。
帰りのTUBE車内では、玉形のつり革に出会えた!

b0346378_11161096.jpg


不思議な形

b0346378_11132059.jpg


CHARING CROSS駅


この日も寝たのは1時近く。
トイレで起きた後少し寝つきが悪くなりMD(!)でoasisを聞いた。
とうとう彼らの国に来たのだな~。
明日も朝から予定ギッシリです。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-03-17 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/15 その3

b0346378_20064007.jpg


VICTORIA駅


2/15(金)

次も旧型のバスで移動。
少し南下してSloane Squareへ。
今度は2階にあがってみた。眺めがいい!

b0346378_20080479.jpg


PETER JONES


Peter Jonesというデパート(?)でセーターをみたかったので
来てみたわけだが
(地球の歩き方にオススメとして載っていた)
あら、けっこうミセス向けなのかな・・?
Harvey Nicholsの洋服売り場とだいぶ雰囲気が違う( ´∀` )
お客も庶民的なおばちゃまが多いような。
でもちゃらついた感じがなくて静かでいい感じ。
シンプルなざっくりとしたセーター£25を買ってみた。
手芸しないくせに何故か毛糸売り場も見た。
リフトの扉が開くと、色とりどりのカラフルで美しい毛糸がお出迎え!
天井近くの小窓からは、冬の穏やかな日差しが入り込んできて
なんとも暖かい空気が漂っていた。
Harvey・・が伊勢丹だとしたら、ここはどんな感じなのかな?

駅に行く前に、WH Smithでロンドン地図もゲット。
A-Zは大きめサイズしかなくて、ミニサイズはWH Smithオリジナルのしかなかったけど
赤い表紙が可愛らしくて、今も現役です(o^―^o)

次は、ロンドンど真ん中のPiccadilly CircusへTUBEで移動。

b0346378_20090236.jpg


アルミチックな外観のSLOANE SQUARE駅

b0346378_20110803.jpg


このTUBEサイン、大好き!

b0346378_20131959.jpg


Sigur Rosのポスター!

b0346378_20140496.jpg


エスカレーターが凄く長い

b0346378_20144089.jpg



b0346378_20145868.jpg


パプリカ色のPICCADILLY CIRCUS駅


ロンドン地下鉄駅構内のエスカレーターは
止まる人は右側・急ぐ人が左側
と、日本(東京)と真逆。
慣れるまでは、しょっちゅう左側に止まっては
後ろから「Sorry!」と言われることがあった。
大阪はロンドン(つうか英国)と同じ方式なんですよね~。
誰がどう決めたんだろう??
線路の方から、丸いドームの天井まで届きそうな
ド迫力の大きさのもの。
エスカレーター脇にある小さなサイズのポスタータイプ。
どの広告も見ていて面白くて
ついつい眺めてしまった。
(マナーを促す、Love is・・シリーズが好きだったな。
後日写真で出てきます)
どの駅も、それぞれのカラーがあって
それもまた楽しくて楽しくて。
カメラのフィルムがどんどん消費されていきます。。

b0346378_20163088.jpg



b0346378_20260417.jpg



b0346378_20263649.jpg


夜のPiccadilly Circus
(3枚目はエロスの像なんだけど、見えないね。。)


地上に出ると、かの有名なエロスの像やネオン広告が!
ロンドンの画っていうとまずココが出てくるから
一度は見ておきたかった( ´∀` )
が、人出がもの凄くてスリが怖かったし
Fortnum & Masonの閉店まであと30分だったので
さっさと移動した。


その4へ続きます


[PR]
# by greatglory728 | 2017-03-14 11:00 | | Trackback | Comments(2)