b0346378_14075748.jpg
                      ドイツ式朝ごはん

5/15(木)

ドイツ二日目、7時前に起床。
グッスリ眠れた。
が、日本の友達とリドル(ドイツのスーパー)にいる夢を見たから、なんだか心寂しい。。
現実は一人なんだよー。
b0346378_14081846.jpg
                           食堂

ドキドキの初ドイツ朝ごはん!
食堂も、木造ほっこりメルヘンな空間。
給仕のおばちゃんの言ってることがよくわからん。ドイツ語?英語?
ミルヒー(牛乳)だって?
ということはドイツ語か!
アタフタして挙動不審なアジア人になってしまった。。
ドイツらしいというところでは、ハードパンとハムの種類が多いことだろうか。
味がしっかりしていて、パンはそのままでも美味しい。
ピクルスは、機内でも見た映画「グッバイ レーニン」でも重要なアイテムとして出てくる。
程よい酸っぱさがこれまた美味しい。土産に買って帰ろう。

チェックアウト後、荷物をフロントで預かってもらう。
(今日は午後に宿を移動するので)
掃除係の女の子もにこやかで、とてもいいホテルだった。
値段は65ユーロ。

外に出ると、曇り空時々晴れって感じ。
季節柄、白アスパラの屋台が多い。
朝に見る新市庁舎は、昨夜とは違って明るく爽やかに見える。

b0346378_14083545.jpg
Guten Morgen!

近くにあるペーターキルヒェン(すごいドイツ語っぽい響き)へ。
教会には入らず、ヒーヒー言いながら階段を登って展望台へ向かう。
けっこうキツいぞ・・・。
が、その甲斐あっていい眺め!
b0346378_14085478.jpg
                         展望台より
b0346378_14090728.jpg
                          新市庁舎
b0346378_14092690.jpg
                       けっこう高い

オレンジ色の屋根が沢山のミュンヘン中心地。
そこそこ高いので、下を見下ろすと、新市庁舎前に群がる人々が豆粒のよう。
双眼鏡を覗いているおばさんは軽やかに口笛を吹いて楽しげ。
ぐるっと一周する頃には、階段でかいた汗が冷えてきた。
高い所に登って街を見渡すのが好きな人にはオススメ。2ユーロ。

教会の目の前にある土産物屋にふらりと入ったら、
キャンドルや十字架などの教会グッズがたくさんある店だった。
特に目を見張ったのが、細工がとても美しいクリスマスオーナメントの数々!
何と言ったらいいのか、薄い金属か何かでできておりとても繊細。
あまりに可愛らしくて、どれがいいか目移りしてしまう。
友達にも~と幾つか買おうとしたが、値段見て仰天!
すごい高い・・・。
小さなものでも2千円くらいする~。
きっと手作りなのだろう。
かなり迷って一つだけに絞って購入。
SEB WESELYという店です。とてもドイツらしい土産が見つかるはず。

ちなみに、ここドイツ。
トイレが街中になかなかありません。
デパート内にはあるけれど、チップおばさん・おじさんがいます。
レストラン等で入れる時は入っておき、
緊急時に備えて小銭を常に持ち歩くべきかと思います。
この点、日本は楽だよなぁ。

さて、今日のお昼はミュンヘン名物の白ソーセージ・ヴァイスヴルストだ。
まだ朝ごはんからそう時間が経ってないのだが、
このソーセージ、新鮮さを保つために午前中しか提供しないらしい。
なのでまだお昼前だけど、早めに店に向かうことに。
2つほど候補をあげている。
一軒目のビアホールはいかにもドイツ!な造りで素敵だが、激混み。
勝手に座ろうも席がないから、
入り口付近で立っているのだがちっとも店員がやって来ない。
そこそこ近くまで来ても、どでかいビールを抱えていて忙しそう・・・。
もしかしたら私に気づいてるかもしれないけど、ぜんぜん来てくれない!
かと言って、このガヤガヤした中で大声上げて呼び止めることもできず^ ^;

b0346378_14101319.jpg
                    あきらめて2件目へ

こちらは落ち着いた雰囲気のレストラン。
ああ~ウェイターが来てくれた。ううっ、涙出そう(笑)。

b0346378_14095955.jpg
                 ヴァイスヴルスト、4ユーロほど

b0346378_14094306.jpg
                          全景

モチモチ、プリッとした食感が楽しい!
甘いマスタードとよく合う。
私はビールが飲めないから、飲み物はジュース。。
付け合せのプレッツェルも食べると、けっこう満腹に。
ちなみに、クレッジトカードは20ユーロ以上でないと使用不可とのこと。
こういうの、ドイツ国内ひじょう~に多かった。
現金多めがよいのかも。
Paulaner im Talという店でした。

午後は、
お買い物をし、
サーフィン@街中の川を見、
ユースホステルへ移動です。






[PR]
# by greatglory728 | 2014-09-01 11:30 | | Trackback | Comments(0)

2014ドイツ・UK旅 5/14

b0346378_10362272.jpg
5/14(水)

羽田までは今回はじめてバスを利用。
荷物もトランクに入れてしまえて広々、乗換時間の心配をする必要もなく楽!
平日朝の電車だと、大きなザックは周りにとって迷惑きわまりないんですよね。
バスは交通渋滞が怖くて避けてたけど、余裕を持って出発すれば問題なし。

空港に着いてトイレへ入るが、重いザックが超じゃま。
これからお土産等がこれに加わっていくのかと思うと・・・軽く不安に。
これを毎日担いで移動できるのかなぁ。
はじめてのルフトハンザは、2-4-2の座席配置。
枕?部分のロゴが可愛い。
隣には空港で見かけた、麦わら帽子がおしゃれなドイツ?女子が。
でっかいオッサンじゃなくてよかった~。
ちなみに私は幸いなことに、これまで変な人が隣に来たことがない。
時々、CAさんに横柄な態度を取ったり酒で暴れたりする輩がいるようですが。
今回の麦わら女子も、前の席に誰も来ないことがわかったら
CAに声をかけて移動してくれた。
よくわからないけど、「これでお互い、ゆっくり座れるわよね」的なことを言いながら。
ありがとう!


b0346378_10365878.jpg
画面には、超詳細なSKY MAPが。
足利や杉戸!!
トイレも、地下?に降りるタイプ。
階段を降りていくと、トイレが5つくらい並んでた。
これだと、従来のように狭い通路にズラッと人が並ぶこともない。
最近の飛行機はこうなのかな?
映画は「ラン ローラ ラン」を見た。
流行ったな~懐かしい。
って当時見てなかった人間ですが。。
字幕なしだったけど、わかりやすいストーリーだからなんとか。
出発前にレンタルで見た「グッバイ レーニン」もあったから、もう一回鑑賞。
ああ~ベルリン楽しみだ^ ^

b0346378_10375767.jpg
機内食2回目はスキヤキに。
野菜があれば合格点かな。
ご覧のとおり、パンに袋がないから持ち帰りでき~ず。


17時半頃、ミュンヘン空港に到着。
入国審査はどうだったけな~~忘れた。
バイエルンミュンヘンのポスターにリベリーがいるのを発見!
いつの間に移籍したのか。
空港の外に出たら、ミュンヘン市内まで走っているバスがいた。
運転手のおっちゃんから直接切符を買う。10ユーロちょっと。


b0346378_10451913.jpg
車窓からの眺めは、おだやかな田園風景。
菜の花のような鮮やかな黄色い花がたくさん咲いている。
どことなく、北海道のような雰囲気。
家の感じが、またイギリスとは違う。木造??
市内に近づくと夕時だからか道が混み始めて、なかなか着かず。
終点まで乗ってて本当によかったっけ?!と不安になりはじめた頃、
ごちゃごちゃっとした雰囲気の、大きな建物の横にバスは停車。
どうやらミュンヘン中央駅がこの建物らしい。
どこの国でも、中央駅と名の着く駅周辺はすこぶる治安が悪いものだけど
まだ日があるせいか、それほどイヤな空気はない。
オスロよりぜんぜん大丈夫!

b0346378_10514969.jpg
ホテルまでの道のりを頭に叩き込んできたから、迷わず到着。
駅から5分くらいの好立地にあるHotel Ederに一泊。
フロントも、ロビーも木造であったかみがある。
お部屋も、華美さはないけどカントリーチックで和む^ ^
スタッフもみなフレンドリーで安心安心。

b0346378_10513477.jpg
                          ロビー

b0346378_10495770.jpg
                           お部屋

少し休んでから、街へ。
路面電車が走るミュンヘンの街。
いかにもヨーロッパ~な建物が並ぶ。
ノイハウザー通りには、ストリートミュージシャンもいる。
初めての街を一人で歩いていると、少し心細いが音楽があるだけで癒されるもの。
この時は、仮面舞踏会をやっていた。
b0346378_10520549.jpg
                 何かしらの建物(笑)と路面電車


ミュンヘンの観光スポットでもある新市庁舎は、細かい細工が見事な建物。
中庭のような所に入ってみると、大昔にタイムスリップしたかのよう。
雨上がりで人もまばらなおかげで、なかなか雰囲気がある。
b0346378_10523280.jpg
                          新市庁舎
b0346378_10533509.jpg
                       中庭へ入ってみる
b0346378_10531607.jpg
b0346378_10521960.jpg
b0346378_10534980.jpg
                      ミュンヘン小僧の数々

マンホールや、教会の扉などいたるところに、ミュンヘンのシンボルマーク的な
ミュンヘン小僧がいるのを見つけるのがまた面白い。
家もそうだけど、こういった歴史的建築物も、またイギリスとだいぶ違う。
ヨーロッパ大陸は、今回が初めてだから、その辺の違いも興味深かった。
イギリス=だいぶ重厚
ドイツ=けっこうメルヘン
と言ったら短絡的過ぎるけど・・。
21時になると、新市庁舎のからくり時計から人形が出てきて
♪リンゴン~リンゴン~と
これまたいかにもヨーロッパな鐘の音が鳴り響き出した。
前述のミュンヘン小僧も出てくるとのことだったけど、カメラに夢中になり過ぎて
よくわからず(笑)。
まわりの観光客も皆、人形がクルクル回っているのを見上げたりカメラを構えていた。

少し薄暗くなってきたから、気持ちを引き締めて宿へ戻る。
途中の大通りで、車同士がぶつかるのを目撃!
対人でなくてまだよかったよ・・・。
明日は、ミュンヘン市内をもっとウロウロする予定。
長旅に疲れて、あっという間に寝入ってしまった。






[PR]
# by greatglory728 | 2014-08-30 11:27 | | Trackback | Comments(4)

b0346378_14300773.jpg
旅行記の前に、今回の旅の経緯を。

私は、今年の春に10年程勤めていた職場を離れた。
退職が決まった日、数ヶ月はしばらくゆっくりしようと思った。
と同時に、長期で旅に出られる!と嬉しくなった。
ワクワクした。
・・・無職になるのに。。

イギリスは絶対行くとして、あともう一つくらいよその国も行ってみようか。
どこにしよう。
あ、ドイツ!ドイツがいい。
と言うのは、昨年京都のユースホステルに泊った時、同室の方がオススメしていたからだ。
ちょうどその方が5月頃、渡独すると言っていたので、私も同時期に行けばいいんでは?
はじめての国だし、旅の始めくらいは、よく知った人と一緒に行動すれば安心だろう。

それから、地球の歩き方を買ってきて、ドイツのどこを行くか調べた。
最初、行きたいな~と思ったのは、
ノイシュヴァンシュタイン城とベルリンくらい。
後は正直、何があるのかよく知らなかった・・・。
が、本を読んでみると、あちこち興味があるところが増えてきた!
おお、ドイツめ、なかなか面白そうじゃないか・・・。
その中で、一番心ひかれたのがツークシュピッツェというドイツ最高峰の山。
オーストリアとの国境近くにあるらしく、
ノイシュヴァンシュタイン城がある方面とかけ離れてはいない。
おまけに、山があるガルミッシュ・パルテンキルヒェンからすぐの
ミッテンヴァルトという町には、あたり一面お花畑!なスポットもあるらしい。
いかにも南ドイツな街並みも見られそう。
あとは、ドレスデンとベルリンに行けたらヨシ。
それからイギリスへという流れで。
ちなみに、京都ユースの人とは都合がつかず一人でドイツの地を踏むことに。。
大丈夫かなー・・・。

イギリスは、昔からいつか行くぞ!と心に決めていた
・スカイ島
・ピークディストリクト
・ラノッホムーア
は、絶対に時間のある今回に行きたい。
また寝台列車にも乗りたいし、
ロンドンも最近は1日しか行けてなかったから数日滞在したい~
アザラシが見られるプロックトンもよさそう~
などなど、行きたい所がてんこ盛りに^ ^;
旅行期間が長いと、その分プラン作りも難航。
結果、以下の流れで決めた。
宿は、ユースホステルやインディペンデントホステル・B&B・小さいホテルなど。
はじめてBooking.comを利用(主にドイツ)。

・日付 滞在地 交通手段 宿泊先(宿タイプ)を記してみた↓

*ドイツ*

5/14 羽田→<空路>→ミュンヘン *Hotel Eder(プチホテル)
5/15 ミュンヘン *Munchen city(ユースホステル)
5/16 同上
5/17 ミュンヘン→<鉄道・バス>→ホーエンシュヴァンガウ 
    *Schloss Restaurant Neuschwanstein(民宿)
5/18 ホーエンシュヴァンガウ→<バス・鉄道>→ガルミッシュ・パルテンキルヒェン 
    *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/19 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/20 ミッテンヴァルト *Gastehaus Brigitte(民宿)
5/21 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン→<鉄道>→ドレスデン 
    *Rudi Arndt(ユースホステル)
5/22 ドレスデン *Rudi Arndt(ユースホステル)
5/23 ドレスデン→<鉄道>→ベルリン *Generator Berlin Mitte(ホステル)
5/24 ベルリン *Generator Berlin Mitte(ホステル)
5/25 ベルリン *Ostel Das DDR Hostel(ホステル)

*イギリス*

5/26 ベルリン→<空路>→フランクフルト経由→<空路>→ヒースロー 
    *Hostel London St.Pancras(ユースホステル)
5/27 ロンドン *London St.Pancras(ユースホステル)
5/28 ロンドン→<鉄道>→イデイル *Ollerbrook Barn(B&B)
5/29 イデイル→<鉄道・バス>→ベイクウェル&バクストン経由でマンチェスター 
    *Hostel Manchester(ユースホステル)
5/30 マンチェスター *Hostel Manchester(ユースホステル)
5/31 マンチェスター→<鉄道>インヴァネス *Mardon Guest House(B&B)
6/1 インヴァネス→<鉄道>→プロックトン *Mackenzie's B&B (B&B)
6/2 プロックトン→<鉄道・バス>→ポートリー *Portree Independent hostel(ホステル)
6/3 スカイ島 *Portree Independent hostel(ホステル)
6/4 同上
6/5 スカイ島 *Sligachan Hotel (プチホテル)
6/6 スリガハン→<バス>→アーマデイル→<フェリー>→マレイグ→<鉄道>
   →フォートウィリアム *Clan Macdaff Hotel(プチホテル)
6/7 フォートウィリアム→<バス>→グレンコー *Alltshellach(プチホテル)
6/8 グレンコー  *Alltshellach(プチホテル)
6/9 グレンコー→<バス・鉄道>→ラノッホ *The Moor of Rannoch Hotel (B&B)
6/10 ラノッホ→<鉄道>→グラスゴー→<寝台列車>→翌朝ロンドン 
    *Caledonian Sleeper(寝台列車)
6/11 ロンドン *Palmers Lodge Swiss Cottage(ホステル)
6/12 同上
6/13 同上
6/14 ヒースロー→<空路>→フランクフルト経由→<空路>→翌朝羽田
6/15 羽田着 

丸々一ヶ月の旅。
今までは、行けても一週間ちょっとくらいだったから
こんなに長いのははじめて。
念のため、薬もいろいろ用意してパッキング。
服は、パンツ(ズボンの方)2本、Tシャツ類は4枚で着まわし。
(ホステルにコインランドリーがあるのでそれを活用)
山用の服は、速乾・防臭・軽量で非常に便利!
かさばるタオルは手ぬぐいに、
ファンデもミニ容器に詰め替え・・・等、いろいろ頑張ったものの
登山靴やレインウェア等がどうしても場所を取り、
自分のザック(45L)がパンパンに!
これじゃ、お土産を入れるスペースないよ~@出発前夜22時。
急遽、父親のザックを借りて全荷物詰め替え!
ちょっと山臭さが漂うのがナンだけど、文句は言えぬ。。
総重量は11Kg程になった。

b0346378_14295082.jpg
写真:りんご?の花咲くミッテンヴァルト、スカイ島のホステル







[PR]
# by greatglory728 | 2014-08-24 10:00 | | Trackback | Comments(0)

自己紹介など

b0346378_10261547.jpg

旅行記の前に、私はどんなヤツなのか書いてみます。
(エキサイトブログって、自己紹介的なページないよね?)

HN:PG。イギリスの庶民派紅茶メーカー・PG Tipsより。イギリスと紅茶が好きだから。

歳:2014年現在、三十路。

趣味:旅(国内外問わず)、写真、音楽聞く、映画見る、
漫画読む、山野歩く、食べる、など。

好きな国:イギリス(特にスコットランド)、アイスランド、台湾

渡航暦:カナダ(1997)、アメリカ(2000,2009)、イギリス(2002,2004,2006,2010,
2011,2012,2013,2014)、台湾(2007,2008)、アイスランド(2007)、ロシア(2012)、
ノルウェー(2013)、ドイツ(2014)

好きな音楽:Mogwai.Oasis.The Stone Roses.New Order.Royksopp.
Primal Scream.Sigur Ros.ブンブンサテライツ.Radiohead.Underworld,etc・・・

好きな食べ物:ショウロンポウ.カレー.ちくわぶ.アイス.鶏肉.グレープフルーツ.生姜.etc・・・

行ってみたいところ:広島.五島列島.飛騨高山.南米.スイス.トロムソ(ノルウェー).
ハワイ.アラン島(スコットランド).トルコ.クロアチア

高校生の時に、oasisにはまったのをきっかけにイギリスに興味を持ちました。
と同時に、洋楽聞きまくり時代に突入。
初ライヴは1999年のTravis@渋谷クラブクワトロ。SMASHに電話してチケ取った時代。
初フジロックは2001年。単独で突撃。
初渡英は2002年。with妹。
ひどい時は、毎週なんかしらのライヴに行ってました。
2004年頃から、oasis<mogwaiに。
と同時に、スコットランド好き好き時代に突入。
初スコットランドは同年のグラスゴー&エディンバラ。
以降、ハイランドやスカイ島などを訪れてます。

国内でも海外でも、自然あふれる所、歴史ある街並みが好きです。
ちなみに英語はヘボヘボです。
一人旅が多いので、よく一人で行くね~と驚かれたりしますが
旅先での人との出会いが面白いので、やめられません^ ^
もちろん友達と行く旅も大好き。
旅は良いです。
今、ライヴはめっきり行かなくなってしまったけど
まだ見ぬ地へ向かうことは止められません。
これからも、ワクワクする旅を続けて行きたい。

b0346378_10264354.jpg
写真:どちらもManchesterにて。




[PR]
# by greatglory728 | 2014-08-22 10:29 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

b0346378_23461568.jpg
こんにちは。PGと言います。

2006年~昨年まで、
oasisやmogwai等のUKロックについてや
UK旅行記などを「Great Glory 728」という
サイトでやってました。
レンタル料の支払いを忘れたため、サイトを消されたウッカリ者です。

もともと後年は、ブログしか更新していなかったので
そろそろサイトを閉めようかと考えていたところでした。
その前に、ブログの記事だけどこかへ移行して
来訪者(?)の方へご挨拶しておくべきでしたが
突然消えてしまい、気にかけて下さる方がもしいらしたら申し訳ないです。
ひっそりとやっていたサイトなんで、こんなこと言うのもおこがましいんですが・・・。

もしかして当時のサイト名で検索してくる方がいるかも!
と期待している気持ち10パー、
単に名前考えるのがめんどくさい!
の気持ち90パー、で
HNもそのままで(イギリスの紅茶メーカー名です)
改めてエキサイトさんでゼロから頑張っていくつもりです。

でも、これから就活(大学生じゃないよ)&もしかしたら引っ越すかもで
どこまで続けられるかわからない。
更新もたまに気づいたら・・・のマイペースでいくと思います。
とりあえず、休職中に行って来たドイツ&イギリス旅行記から始めようかな。
みなさま、どうぞ宜しくお願いします!

・・・
画像を選んでる最中に、前ぶれもなくいきなりPCがピュ~~~ン・・・と落ち、
電源が入らなくなりました。。
しょっぱなからこれかよ!
と、あちこち触ってみたところ、どうやら
クーラー+扇風機+PCで電力パワー不足に陥った模様。
扇風機止めたら、PC復帰!
なんとか記事も残っており、安堵です。

写真は、スコットランドのSligachanにて。
家族連れのパパさんに撮ってもらったら、もれなく娘ちゃんも入ってたという^^;
これも旅のいい思い出。






[PR]
# by greatglory728 | 2014-08-20 00:31 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)