カテゴリ:映画・テレビ( 3 )

映画「T2 Trainspotting」

b0346378_10052582.jpg



待ちに待ったT2、地元のシネコンで見てきました。


今回も都内のミニシアターでしか上映しないだろう・・と思ってたから驚き。
こんな田舎でトレスポ見れるとは。
久しぶりに行ったこのシネコン、自動券売機ができていて
有人の窓口はこじんまりとなっていた。
空港もそうだけど、映画館もこうなってきたか・・。
自販機で、座席も選べるしクレカも使えるのです。
そこそこ大きなシネコンなのにスタッフは、
売店に1人
チケットもぎりに1人、
掃除スタッフが1人
と3人しか見かけず。
そのうち無人の映画館ができるのかな(-_-;)
時代は変わった、、なんて思ったけど
前作公開時の1996年は、こういうシネコン自体あったっけ?
まだ日本には少なかったような。
以下、ネタバレあり↓(*長文です)


で、それから20年後のエディンバラ・リースにいる主人公たちは
相も変わらずのご様子(笑)
いい具合に年を重ねてる風な人もいれば、
もう初老に見えるような人も。。(←スパッドのこと)
ベグビー(ロバートカーライル)は、まぁ丸くなったね!(体格が)
冒頭から、音楽がガンガン鳴り響き
あ~これぞTrainspotting!な感じ。
時々、第1作の映像もちょこちょこ入って来て
非常に懐かしい!
みんな若いです・・
あの薄暗いエディンバラの街並みは同じなのにね。
さらには、子供のころの映像も
セピア色・ソフトフォーカス気味に写るのですが
(ルーリードのPerfect dayがかかってた気が)
みんなこんなに可愛い少年だったのに、
あんなジャンキーになっちゃって・・(ノД`)・゜・。
スコットランド(UK全体ですが)の若者にとって
ドラッグは、日本では考えられないほど
近い存在なんだよね・・
(原作読むと、ほんと気が滅入るくらいひどい)

b0346378_10492901.jpg



陰鬱なエディンバラの路地裏(2004年撮影)


長年のヘロイン中毒のせいで
奥さんと別居(離婚?)状態のスパッドが住む
カウンシルフラットが、また退廃的で・・(ノД`)・゜・。
家具も何にもないがらんとした絶望的な部屋で、
(ロンドン・バービカンのYMCAの部屋を思い出した)
スパッドは自殺を図るのだけど、
そこへレントンがやってきて危機一髪で救い出されます。
そこから一念発起し、ヤク断ちをしようとするスパッド。
「なんでもいいから夢中になれるもの探せよ」とレントン。
そう、なにか楽しいものを見つけないといけないんだよ。
でも、何かを絶つって凄く大変ですよね。
私だったら、お菓子を辞められるか?ってとこか?
1日とて達成できなそう・・
彼らが、アーサーズシートの丘をランニングするシーンでは
私も2004年にここを登ったので
思わずスクリーンを見ながら(・∀・)ニヤニヤ

b0346378_10115704.jpg


山頂からは、エディンバラの街を見渡せる(2004年撮影)

b0346378_10161469.jpg


(映画より)レントンとスパッド


ドラッグから離れて運動もしていたレントンとは違い、
なまけ切った体のスパッドは苦しそうで痛々しい。
奥さんと息子が暮らす家を訪れて帰る時、
2階の窓から息子がそっとスパッドを見つめる場面は
切なかった。
(気がいいヤツだけに、スパッドはなんだか
応援したくなるんだよな・・)
結局、スパッドは自伝を書くことに光を見出し
仲間もその文章力に驚きます。
思いがけず彼の特技を垣間見れ、
こちらもなんだか笑顔に。。

ケンカ中毒のベグビーは、変わらずサイコ野郎で
登場シーンからして、ぶったまげた(笑)
刑務所から抜け出すために
同じ囚人に腹を刺してもらい、入院。
看護師の目を盗んで、
点滴のチューブを引き抜いてベッドを降り
廊下にいた臓器移送業者を殴り白衣を強奪。
スタッフになりすまして、病院内を闊歩し
まんまと脱走!
で、奥さん(ジューン)と息子がいる自宅に
夜中、窓ガラスを破って侵入して帰ってきます(笑)
寝ていたジューン、絶叫 (^-^;
刑務所に入る前は、小さかった息子も
今はもう大学に行く年頃に。
泥棒稼業に息子を誘うクズ親父に対し、
それに屈することなく、自分の行きたい道を語る息子。
そして、親子は和解の道に。
固く握手を交わす男同士を見て
こちらもシミジミ・・
ジューンは、どれだけの気持ちで息子を育ててきたのか
と思うとね。。

色男・シックボーイは
叔母から受け継いだシケた場末のパブを経営する一方
裏では、ゆすりや
ビジネスパートナーのベロニカに売春まがいのことをさせて暮らしてます。
まぁ、、こいつも相変わらずク〇・・
でも、彼もまたなんでか人を惹きつける魅力があるんですよね。

b0346378_10200120.jpg


撮影中の風景(と思われる)

街の再開発に取り残されたような場所にあるパブ・PORT SUNSHINE。
近くには、Scot Railが走り
店内にいると、ヒュンヒュンという音と光が終始差し込んでくる。
ここもまた退廃的な臭いプンプン。
実際にあるパブかなと検索してみたら、
建物自体は、グラスゴー近郊のClydebankにある
元ホテルを使用したらしい。
たしかに近くに線路があった。

ロケ地と言えば、ラノッホムーアもまた出てきた!
今回は、死んだトミーを偲ぶ旅として
再びこの地を訪れるのですが・・
結局は、これが引き金となって
リースに戻ってから、
レントンは久しぶりにヘロインを打ってしまう。
ここのトリップシーンや
冒頭のスパッドの自殺シーンでは
これぞダニーボイル!な映像美(美、と言っていいのか・・)が。
この時、スパッドは
レントンやシックボーイとは離れた場所に
座り込んで彼らを見てたけど、
打ってなかったのかな??
・・そうであって欲しい。

b0346378_10234715.jpg


(映画より)ラノッホムーアを訪れて


b0346378_10272297.jpg


(映画より)トリップシーン


そうだ、フォースブリッジも出てきた!
懐かしくて懐かしくて・・( ;∀;)

b0346378_10285177.jpg


夕暮れのフォースブリッジ(2004年撮影)


トレスポと言えば、あの汚いトイレシーンが有名ですが
今回も、やっぱりあったトイレの場面(笑)
前回、ヤクを売って大金をゲットしトンズラしたレントンにとって
一番会いたくない相手であるベグビー。
が、クラブのトイレで
壁1枚隔てて隣あってしまう。
バイ〇グラを落としたベグビーに、
(スルーっと隣(レントン)のトイレの床に滑っていった)
「お盛んですね(的なこと)」とレントン。
「うるせー黙ってろ!!」
・・・
・・・
お互い、聞き覚えのある声に
顔をしかめる(笑)
レントンは、心臓バクバク。
便座に乗って隣のトイレを上から覗き込むベグビー。
そして、めでたく(笑)顔合わせ!
そこから、激しいチェイスシーンが始まります。
このカーチェイスや、
PORT SUNSHINE での喧嘩シーン*は
アクション映画?ってくらいな迫力。
前作にはなかった派手な演出に
お金かけられるようになったのねー、と思ったり。

b0346378_10055681.jpg


(映画より)まさか・・あいつが隣に?!


そして、とうとう
レントン・シックボーイ・スパッドの3人は
大喧嘩*の末、ベグビーをブッ倒します。
そして、パブの前に停めた車のトランクに彼を押し込む。
(死んだのかと思ったよ)
どこに連れていくのかと思ったら、
これがなんと冒頭で出てきた刑務所なんですよね(笑)
車がキキーっとどこかに止まって
トランクの中では目を覚ましたベグビーが暴れる。
そんな車を後ろ側からカメラが煽って
徐々に私たちの視線もあがり
ドーン!とソートン刑務所が現れるシーンには
思わずニヤッ(笑)。
仲間の手によって、またベグビーは
ムショ戻りとなったわけです。
これは爽快だった!

今回も、お金をたんまりとだまし取る場面があるのですが
結局最後に美味しい思いをしたのは、ベロニカ。
シックボーイら男たちの手に大金が渡ることはなく
彼女は上手く持ち逃げし、
戻りたがっていた故郷(ブルガリア)へと帰っていく。
地元駅では、母親と息子?弟?が
優しい笑顔で彼女を迎えます。
あのお金が彼女の家族の幸せに使われるのなら、、と思っちゃいました。
このベロニカ役の女優さん、
厚めの前髪でとても可愛い人だった。
そういえば、ダイアンも今回
ちょろっと出ていましたね~。
ちょい役だけど、当時の面影があったから
すぐに彼女とわかった。
彼女も立派に弁護士になっていたし
ベロニカも、地元で地に足を付けて生きていこうとしているし
まぁ女性は強いですね。。

一方、レントンは、オランダでの夫婦生活に終止符を打ってしまったから
帰る所がなく、
肩を落として実家にすごすごと戻るわけですが
母親の亡き後、出迎えてくれるのは父親で。
抱擁を交わす姿には、涙涙。。
でも、自室に戻れば
(あの、トレイン柄の壁紙そのまま!)
イギーポップのLust For Lifeをかけて
体をくねらすという(笑)
う~ん、、また昔に逆戻りしないといいんだけど。
このLust for Life、最初からちょいちょいと短くは流れてはいたけれど
この最後の最後で、ちゃんと爆音で聞けました。
やっぱりかっこいい♪


b0346378_10581466.jpg


パンフと文庫本


あのYoung Fathersオレガノも
前作Born Slippyと同位置で流れた♪
でも、ちょっと短かったな~。
(すぐに、エンドクレジットに入った)
劇中、気になる曲が沢山あったから
後で検索してみるかーと思ったんですが
パンフレットに、全曲解説があって助かった!
ブレイディみかこさんの記事や
トレスポ用語解説なんてのもあって、
内容充実だったので、900円でも納得でした。
本も読みたくなり、映画館出たらそのまま本屋へ。
ぶ厚いハヤカワ文庫で上下巻!
今は、前作をまず読み返すかってことで
こっち読んでますが↓

b0346378_11085740.jpg
角川は文字が小さい・・


原作も映画も、まぁエグいですが
恐いものみたさで、面白いものです(^-^;
ということで、予想どおり楽しめたT2 Trainspottingでした。


[PR]
by greatglory728 | 2017-05-01 11:00 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)

NHK GREAT RACE×Pennine Way

b0346378_13245264.jpg


ちょっとだけ歩いたPennine Way


b0346378_13253481.jpg


http://www4.nhk.or.jp/greatrace/x/2017-03-12/11/30408/2379263/
3/12にNHKで放送されたこの番組が面白かったです。

番組サイトより抜粋。
「イギリスを南北に貫くペナイン山脈。美しく険しい尾根を真冬に走破する耐久レース。
全長420キロ、走るも休むもランナー次第だが厳しい制限時間が設けられている。
極限まで睡眠時間を削り、ふらふらになりながらゴールを目指すランナーを
猛烈な寒さとぬかるんだ雪道が苦しめる。
イギリス特有の濃霧がもうろうとした意識に追い打ちをかけ、判断力さえ奪われる。
体力気力の限界を超えるレースに挑んだ猛者たちのしれつな戦いを追う」


尊敬の念も込めて(?)
妹と私は
「頭のおかしい気の狂った人たちの話」と呼んでいるこれ系の番組(笑)
グレートレースと言えば、日本の田中陽希の
トレイルランニングの番組は家族こぞって見てました。
「日本百名山ひと筆書き~グレートトラバース」では
ただ百名山を登るだけではなく、
山と山の間の陸路はランor徒歩・
海峡はカヤックで移動するという
もはや人間のやることとは思えないことをやっており
7800kmの旅を208日と11時間で達成するという内容でした。

話題が逸れましたが、
このイギリスのレースの番組は、たまたま予告で知って見たんだけど・・
見ていて感じたのは
「まーこういう常軌を逸した人たちって世界中にいるんだね」ってことでしょうか(笑)
田中陽希で、汗だくの頭や服・豆だらけの足をさんざん見てきたけど
それが小奇麗に思えるほど、このSpineレースは汚かった!
開催時期が真冬の1月。
天気はずーっと雨か雪か曇り。
山道や牧草地帯は、ほとんどぬかるみ。
汗だく姿はさすがに出てこなかったけど、
代わりに、凄まじい泥んこ具合を見せつけられました(-_-;)
田中陽希みたいなこともできないけど、こっちも相当無理!

b0346378_21322105.jpg


レースルート
http://thespinerace.com/race-route-2/より)


イングランドはピークディストリクトのEdaleからスタートし、
イギリスの背中(spine)と言われるペナイン山脈に沿って北上。
極寒の460kmの道のりを走って走って、
ゴールは、イングランドースコットランド国境近くのKirk Yetholm。
チェックポイントをいくつか通過し、制限時間7日間で行うという内容。
私もこのEdaleのPennine Wayをちょこっとだけ歩いたので
あの景色が見たい~と思いチャンネルを回したのですが。
まぁ霧だらけで、景色はほとんどわからず(-_-;)
草々にそっち系の楽しみは捨てて、
レースの行方を追うことにしました。


優勝経験のあるパベル(チェコ)とユージーニ(スペイン)。
ナビが得意だけど脚力が弱いパベルと
その真逆タイプのユージーニが、
追いつ追われつ、1位の座を争いながらレースが進みます。
パベルは「眠らない機械」の異名をとるほど、
不眠不休で走れる人。
いつも表情を変えずに淡々としている一方、
ユージーニは、いかにもラテン系な
人懐っこい明るい性格(笑)
ナビが不得意のせいもあり、
パベルの後をすぐに着いて走る「コバンザメ」スタイルを貫きます。
笑っちゃったのが、
チェックポイントで仮眠後、一足先にパベルが出発するんだけど、
数時間遅れで出たユージーニが、
すでにパベルがいないことに気付いた時、
「俺たち友達なのに、よく裏切ってくれたな!」
とスタッフに悪態ついちゃうとこ。
後からパブロに追いついた時にゃ
「3時間だけ寝るって言って1時間で出たよな?」
なんて言う始末(^-^;
おいおい、小学生の持久走大会じゃなくてレースでしょうが。。
まぁ冗談交じりの言い方で、
すぐに「まぁ過ぎたことだしもういいよ♪」
と笑っていたけど。
(追いついたからこそ言えるんだよね)
レース終盤で、またパブロに数時間離された時も
(ナビがいなくなったこともあり)
GPS片手でも道に迷い、
「パブロが俺を置いていったせいだ!」と不平を言う(笑)
結局、最終的に優勝したのはどちらでもなく
無名ランナーのトム(地元イギリス人・スキンヘッドの医者)というオチ。
ロクに寝ずに飛ばしていた2人とは違って
睡眠をきちんと取り(それでも短いけど)
体力気力とも余裕ある感じで、5日目の昼にはゴールでした。
ロンドン在住の銀行勤めの日本人女性や
70歳ランナーのおじいちゃんもいたりしたので
もうちょい、パブロ&ユージーニ以外の人たちの話も聞きたかった気も。

b0346378_13345760.jpg



ぬかるみに足を取られ続けられるレースなので
スパッツからシューズ全体が泥だらけで、
チェックポイントの建物の床はまぁきたねえ(笑)
ドロドロの靴紐をほどいている横に
飲みかけのマグカップや
パスタが乗った皿が置かれているのを見て啞然。
そこらへんに転がって寝てる人もいるし!
その辺の衛生感覚ってどうなってるの?
って日本人の私は思っちゃいますが。
食べ物を直に置いてるじゃないんだから平気だよ、って感じか?
そんなレースとは関係ないところも
なんだかツッコミどころたくさんの番組でした(^-^;

b0346378_13371814.jpg


お皿あるのわかります?


見終わったあと、なんだか懐かしくなって
一昨年の写真を見てみました。
あ~この道もみんな走ったのかなーなんて。
この時も天気悪かったけれど、
レース見た後だと別物(笑)
とても美しいEdale。
また歩きたいなぁと思いました。

b0346378_13344868.jpg

b0346378_13392784.jpg

b0346378_13402303.jpg

b0346378_13380029.jpg

b0346378_13410706.jpg

b0346378_13410007.jpg


あっ、ユージーニたちが通過していたゲート(かも)


レース当日の様子が、美しい写真で見れます↓
http://ar2.palonc.org/2017/02/06/spine-race-2017/


[PR]
by greatglory728 | 2017-04-22 11:00 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(2)

映画「I, DANIEL BLAKE」

b0346378_10494625.jpg



ケン・ローチの作品は大抵見ているので、もれなくこの映画も見ようとは思ってました。
でも、実は直前で「やっぱり見ないでかえろかな・・」と気持ちが傾いたのだけど
結果、見て良かった。
沢山の人に見て欲しい作品だと思いました。
最近自転車が壊れて買い替えが必要になったり、
通院日(東京に行く日)がレディースデー以外の日だったから1100円で見れないこともあり
(近場では上映されない)
1800円出してまで見るの・・どうしよう・・と思ったんですよね。
(結局、前売り券買えばいいことを思い出し1500円ですんだ)
でも、これは1800円出してでも見る価値あり!
以下、ネタバレあり。

ラストはケンローチらしく救いがない。
・・あと少しで、行政とのやりとりに決着が付けられたかもしれないのに。
「トイレに行ってくる」と席を立ったダニエルの後姿に、
いやな予感がしたんだよ・・(ノД`)・゜・。
その後、ケイティが読み上げるダニエルの叫びとも言えそうな言葉に、
涙があふれた。
上の人間には媚びず、隣の人には手を差し伸べる。
尊厳を失ったら終わりだ。
俺は犬じゃない。施しは受けない・・・

なんでもかんでもオンライン化の時代に翻弄されるダニエルの姿もリアルでした。
長時間待たされるコールセンター(音楽がずーーっと鳴り続けるやつ)には
思わず苦笑い。
ちょうど私もスマホをドコモから乗り換えたばかりで、
手続きのためにした電話で同じ体験してたもんで(-_-;)

ダニエルと仲良くなるシングルマザー・ケイティのことも書かねば。
行政にあっせんされた家はボロボロ。
慣れない町に来たばかりに少し遅刻しただけなのに、給付金も受け取れない。
電気代を払う余裕もない。
せっかく綺麗に拭きあげたバスルームのタイルも剥がれ落ちる。
でも、電話口では母親に「ロンドンよりいい人ばかり」と気丈にふるまい
子供に心配かけまい、と家の掃除は皆が寝静まってから。
フードバンクで、飢えから衝動を抑えきれず缶詰を開けてその場で食べてしまうシーンには
私も感情がぶわっとなり、涙&鼻水・・。

そして、厳しい現実のなかだからこそ光るのが人の優しさ。
ケイティの娘(デイジー)が、弱ったダニエルに
「助けてくれたことある?それなら、今度は私たちが助けるから」と
手作りのクスクス片手に訪ねてきたり。
パソコンが使えないダニエルにこっそり手を差し伸べるジョブプラスの職員。
申請書がオンラインでなかなかできない時に、気軽に画面を見てくれる若者。
心臓病を抱えるダニエルに、「重いものは持つからな」と元同僚(?)。
ゴミをちゃんと片づけないお隣の若者も、ちゃんとダニエルの見方だった。
きちんと働いて税金を納めてきた「普通の」人が、何かをキッカケに転落していくことは
イギリスでもここ日本でも、十分あり得ること。
まさに明日は我が身だわ、、と感じた。
そんな時でも、ダニエルやケイティたちのような心を持てるだろうか。
これからの生き方を考えさせられる映画だった。

あと染みたのが「Sailing by」という曲。



最初から最後まで、唯一流れる音楽がこれ。
ダニエルの亡き妻が大好きだったという
BBC Radio 4のShipping Forecastのテーマソングです。
ケイティの子供らに、とダニエルが魚をかたどったモビールを手作りする時。
ケイティ一家を招いた時に、彼女らに妻のことを話す時。
そして最後、ダニエルの葬儀で。。
モビールのシーンで初めて耳にした時から、すーっと体に入って行くのを感じ
いい曲だなと感じました。
とても優しくて穏やかで素敵な曲。
PULPのジャービスや、トム・ヨークなんかも好きだとか。
(Wikipeddiaより
https://en.wikipedia.org/wiki/Sailing_By
Shipping Forecastって、船舶予想とでも言うのかな?
要は船舶向け海上の天気予報。
だけど、一般英国人にもなじみがあるそうで。
放送前に(夜中の1時前)この曲が流れると
ベッドで眠る時間ですよ、、という合図らしい。
たしかにいい眠りにつけそうzzz
NHK第2放送でも、夕方にこんな気象情報番組があります。
子供の頃聞いていた基礎英語。
ちょっと前にラジオをつけると、よく
・・ハバロフスク
・・北北西
・・風力
・・快晴
・・ウラジオストク
・・ヘクトパスカル
・・アリューシャン南の
なんて単語が淡々と聞こえてきて、
「今、ロシアのあの辺はこんな天気なんだな」とぼんやり思ったものです。
なんだか懐かしくなって、この間久しぶりに聞いてみました。
今(3/31)富士山はマイナス12℃だとか。
時々、「天気不明」という場所もあり、その響きがちょっと怖かったり。
海上の天気なんか、どうやって計測しているんだろう?
北緯〇〇度東経〇〇度の地点っていうけど、ブイみたいなのに計測器つけてるのかな。
映画と話しが逸れましたが、
なんとなくロマン(と言ったら大げさだけど)を感じる海上予報番組なので
このSailing Byはピッタリだなと思った次第です。




[PR]
by greatglory728 | 2017-04-13 11:00 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(0)