カテゴリ:旅( 119 )

b0346378_14233399.jpg


Westminster Station & Houses of Parliament


2/16(土)

ロンドン3日目(実質2日目)の朝。
今日も快晴で嬉しいかぎり!
昨晩あれだけ苦しみながら食べたのに、一晩たてばまた食事できる不思議・・

b0346378_14262805.jpg


集荷時間・・

b0346378_14265174.jpg



ゴミ箱すら洒落て見える

b0346378_14274204.jpg


街角のパブ
(Google Map Street Viewを見たら
2012年まではあったけれど、今は
再開発のようで周辺一帯が工事中だった( ;∀;))

b0346378_14304934.jpg


BT公衆電話三つ子
(今は、公衆電話も少ないんでしょう・・)

b0346378_14313210.jpg


足元気を付けて!


今日はバッキンガム宮殿での衛兵交代を見ることからスタート。
11:15から開始だけど、少し早めに行ってあたりを散策することにした。

b0346378_14315277.jpg


バッキンガム宮殿はコチラ

b0346378_14323049.jpg


Victoria駅付近

b0346378_14325464.jpg


通りに必ず名前があるから迷わない

b0346378_14331453.jpg


お巡りさん用なし??


宮殿前はまだ観光客が集まっておらず、とても静かだった。
門扉の装飾なんかも美しくてウットリ。
宮殿の上にはユニオンジャックの旗があったから、
今日はエリザベス女王は不在か~。

b0346378_14291079.jpg


主不在の館

b0346378_14302955.jpg


まぁ豪華


近くのビッグベンまで足を伸ばす。
セントジェームズパークは、水仙が咲いていた~(⌒∇⌒)
冬だし花はないだろうと思っていたから、さりげなく嬉しかった。

b0346378_14335589.jpg


もうすぐ春ですよ

b0346378_14341516.jpg

b0346378_14342877.jpg


白っぽい通り

b0346378_14363305.jpg


ずんぐり型ポスト

b0346378_14371490.jpg


ビッグベンチラ見え

b0346378_14344610.jpg


ちょっとブレイク

b0346378_14351877.jpg

b0346378_14353331.jpg


手書き風な

b0346378_14360569.jpg


あっ!出た!

b0346378_14380579.jpg


絵になる電話ボックス

b0346378_14383190.jpg

b0346378_14384724.jpg


まばゆいビッグベン

b0346378_14391180.jpg


振り向けばダブルデッカー


ビッグベンは、日の光を受けてキラキラ輝いておりかっこよかった!
形も美しいし。
これを見上げていると、ああロンドンに来たんだなぁと感動(ノД`)・゜・。

b0346378_14400940.jpg


お嬢さん、入っちゃダメよ

b0346378_14401997.jpg


美しい・・


ベンチでコーヒーを飲む老婦人、
お菓子をねだる子供、
日光浴する野鳥たち。
公園では、みんながリラックスして見えた (*´▽`*)

b0346378_14442346.jpg

b0346378_14440816.jpg


ナイスなパークでしょ?

b0346378_14445559.jpg


可愛い女の子みっけ

b0346378_14454068.jpg


グレー、ブルー系の服に真っ赤な帽子と頬っぺた♡

b0346378_14462953.jpg


のんび~り


衛兵が出てくるまでに、えらく時間がかかってしまった(^-^;
その2へ続きます。




[PR]
by greatglory728 | 2017-03-29 11:00 | | Trackback | Comments(1)

2002 ロンドン旅 2/15 その4



b0346378_12190247.jpg



2/15(金)

Fortnum & Masonへと急ぐ私たち。
はぁはぁ息を切らせながらたどり着いたお店は、とても豪華で立派な建物!
夜だから綺麗に撮れなかったのが残念だけど、華やかですごく素敵だった。
淡いグリーン色の扉を押して店内に入る時、
ディズニーランドのショップを思い出した。

b0346378_12172053.jpg


Fortnum & Mason


閉店間際のなのに、お客さんでいっぱいだった。
日本人もたくさん!
定番のFortnum & Masonカラーの缶以外にも
赤や水色のもの、大サイズ、ミニサイズ、紙パッケージetc・・
膨大な量の紅茶が並んでおり圧巻。
日本でデパートや成城石井なんかで買うのに比べて
かなり割安だった。
ちなみに2階は、服飾品売り場だった。
煌びやかな羽飾りのついたお帽子や、スカーフ、手袋、傘などがあり
まさに貴婦人・淑女のための空間!
まぁ私たちはトイレ借りるだけに行ったんですけどね。。
いすに座っていたお掃除おばちゃんに、チップをちゃんと渡して利用。
とっても綺麗なトイレで、どこもかしこもピカピカだった。

b0346378_12262560.jpg


お店前に止まるバス


b0346378_12272625.jpg


赤い電話ボックスもロンドンの象徴

b0346378_12265484.jpg


あっ、ケミカル!


エロスの像付近まで戻って来たところで、
明日CDショップで買おうと思っていた
The Chemical Brothersの新譜広告がどどーんと出ていた。
これはなんだか嬉しかったなー(o^―^o)

さて、まだまだ回りたいところはあったのだけど
だいぶ時間が押していたので、本日ラストの予定
「Pub Sherlock Holmes」へ向かうことに。
バスに乗ったはいいが、下車する場所を間違えたようで
ここはどこ?状態に・・(-_-;)
どうやらストランドの方で降りてしまったらしく
少し歩いてみたらトラファルガー広場に出た!
ここに出ればまずは一安心(笑)
しかしお店が見つかるまではドキドキした。
すれ違う人は日本語通じない人ばかりだし
(自分が外国人!)
あたりは暗い夜の7時だし・・・。
地図を見ながら、夜道を歩き
ポッとパブが現れた時は軽く感動!

b0346378_12452493.jpg


わ~~着いたよ!

b0346378_12460612.jpg

b0346378_12462012.jpg

b0346378_12462977.jpg


メニューボードのイラストもいい!


しかし、しかしだ。
パブ=酒場、なんだよね。
窓ガラスは↓のように曇りガラスで、
よく店内の様子がわからない。
が、盛況のようで熱気は伝わってくる・・(^-^;
正直、入りづらい!
外側にレストラン用の階段があるんだけど
カギかかっていて入れないし(涙)

b0346378_12454588.jpg


観光客も入っていいの・・??


どうしよう、やっぱり入るのやめる?
でもせっかくここまで来たんだし!
店の前でウロウロしていたら、一人の男性がやって来た。
あっ、この人の後について入ればいいんじゃない?
ガチャンとドアが閉められる前に、店内へイン!
は、入ったー!!
店内は大賑わいで、どんちゃんどんちゃんうるさい(笑)
これが本場のパブなんだ~(;゚Д゚)
立ち飲みしている輩の間を「Sorry!Sorry!」言いながら押し分けて
やっとレストラン入口の内階段に着いた。

b0346378_12551976.jpg


あああジェレミーブレット&ワトソン君!
(ワトソン役の方、名前を知らず。。
エドワード・ハードウィックさんと言うらしい)


階段上には、↑のような写真が飾られており
おおお!とテンションあがった(笑)
NHKの夕方から放送していたグラナダ版のやつを
妹とよく見ていたので。
しかも案内された席が、
ホームズの部屋を再現したコーナーの真ん前!

b0346378_10403004.jpg


私たちの席のすぐ横がコレ


テーブルの上にはナイフやフォーク、ナプキンがきちんとセットされており
思っていたよりちゃんとしたレストランで、少し緊張。。
量が多いと困るので、メインと何か一品くらいだけで良かったのだけど
店員さんの言ってることが理解できず、
結局一通り頼むことに^_^;
まずはスープとパンが来た。

b0346378_10471366.jpg



チーズが入った濃厚なスープで美味しかったけれど
妹の頼んだサラダが凄いボリュームで、目がテンに・・・。
これからメインとデザート来るのに、、大丈夫だろうか、私たちの胃・・・。
続いてメイン。
私はワトソン博士のお気に入りと言う名の
ソーセージ&マッシュ。

b0346378_10490249.jpg


デーン!!

おおっと!さすがワトソン博士のフェイバリットー!
大きなソーセージが3本に、マッシュポテトがこれでもかと鎮座していた。
玉ねぎたくさんのグレイビーソースがまた濃厚(笑)
ハーブが入ったソーセージは美味しくて好みだったけれど
まぁ日本人女子にとってはコレ、2人分だよねぇ。。
だんだんお腹が苦しくなってくる。
コールスローサラダも数口しか食べられず。
ボーイの兄ちゃん一人でフロアを仕切っているので
料理が出てくるまで時間がかかるのも、
またその間にお腹が膨れるんだよね(-_-;)
結局、ソーセージ1本強、ポテト3割くらい残してしまった。
自分で頼んだものを残すって、すごく心苦しいんだけどもう無理。
皿を下げに来た兄ちゃん、残った料理を見て
「もういいの・・?」と悲し気。
その表情がまたツライ・・!
デリシャス バット アイムフル
とお腹をさすれば通じただろうに、
簡単な英語も出てこず。
そしてデザートの登場。

b0346378_10594404.jpg



カスタードプディングでござい!


甘いものは別腹でしょう~と軽く見ていた自分を呪う。。
大きさはそうでもないけれど、
熱々甘~いカスタードクリームが海のようで
プディングもどっしりした存在感。
なんでかな、日本のプリンを想像して注文しちゃったのかな。。
もうさっきから、脳内はなぜか「剣の舞」が流れまくって
がんばれ!食べろ!がんばれ!食べろ!
と頭がやられてきた。
「ぜんぜん減らないんですけど!」
「ツライ、辛すぎる・・」
ひぃひぃ言いつつ、頑張って6-7割は食べたか。
ここでギブアップ。
時間はとうに2時間を超えていた。
料金は£18.85(当時のレートで約3.800円)でした。
外に出たら、正直「解放された」と呟いてしまいましたね。
4千円も出して、半分近く残したんだから勿体ない話です。。
店側にも悪かったなーと思いますが
今でも強烈に印象に残っている食事です(笑)

計画時は、ホワイトホールからビッグベンの夜景を撮りに行くことにしていたけれど
もう22時近いし、疲れ果てたのでホテルへ帰ることに。
帰りのTUBE車内では、玉形のつり革に出会えた!

b0346378_11161096.jpg


不思議な形

b0346378_11132059.jpg


CHARING CROSS駅


この日も寝たのは1時近く。
トイレで起きた後少し寝つきが悪くなりMD(!)でoasisを聞いた。
とうとう彼らの国に来たのだな~。
明日も朝から予定ギッシリです。



[PR]
by greatglory728 | 2017-03-17 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/15 その3

b0346378_20064007.jpg


VICTORIA駅


2/15(金)

次も旧型のバスで移動。
少し南下してSloane Squareへ。
今度は2階にあがってみた。眺めがいい!

b0346378_20080479.jpg


PETER JONES


Peter Jonesというデパート(?)でセーターをみたかったので
来てみたわけだが
(地球の歩き方にオススメとして載っていた)
あら、けっこうミセス向けなのかな・・?
Harvey Nicholsの洋服売り場とだいぶ雰囲気が違う( ´∀` )
お客も庶民的なおばちゃまが多いような。
でもちゃらついた感じがなくて静かでいい感じ。
シンプルなざっくりとしたセーター£25を買ってみた。
手芸しないくせに何故か毛糸売り場も見た。
リフトの扉が開くと、色とりどりのカラフルで美しい毛糸がお出迎え!
天井近くの小窓からは、冬の穏やかな日差しが入り込んできて
なんとも暖かい空気が漂っていた。
Harvey・・が伊勢丹だとしたら、ここはどんな感じなのかな?

駅に行く前に、WH Smithでロンドン地図もゲット。
A-Zは大きめサイズしかなくて、ミニサイズはWH Smithオリジナルのしかなかったけど
赤い表紙が可愛らしくて、今も現役です(o^―^o)

次は、ロンドンど真ん中のPiccadilly CircusへTUBEで移動。

b0346378_20090236.jpg


アルミチックな外観のSLOANE SQUARE駅

b0346378_20110803.jpg


このTUBEサイン、大好き!

b0346378_20131959.jpg


Sigur Rosのポスター!

b0346378_20140496.jpg


エスカレーターが凄く長い

b0346378_20144089.jpg



b0346378_20145868.jpg


パプリカ色のPICCADILLY CIRCUS駅


ロンドン地下鉄駅構内のエスカレーターは
止まる人は右側・急ぐ人が左側
と、日本(東京)と真逆。
慣れるまでは、しょっちゅう左側に止まっては
後ろから「Sorry!」と言われることがあった。
大阪はロンドン(つうか英国)と同じ方式なんですよね~。
誰がどう決めたんだろう??
線路の方から、丸いドームの天井まで届きそうな
ド迫力の大きさのもの。
エスカレーター脇にある小さなサイズのポスタータイプ。
どの広告も見ていて面白くて
ついつい眺めてしまった。
(マナーを促す、Love is・・シリーズが好きだったな。
後日写真で出てきます)
どの駅も、それぞれのカラーがあって
それもまた楽しくて楽しくて。
カメラのフィルムがどんどん消費されていきます。。

b0346378_20163088.jpg



b0346378_20260417.jpg



b0346378_20263649.jpg


夜のPiccadilly Circus
(3枚目はエロスの像なんだけど、見えないね。。)


地上に出ると、かの有名なエロスの像やネオン広告が!
ロンドンの画っていうとまずココが出てくるから
一度は見ておきたかった( ´∀` )
が、人出がもの凄くてスリが怖かったし
Fortnum & Masonの閉店まであと30分だったので
さっさと移動した。


その4へ続きます


[PR]
by greatglory728 | 2017-03-14 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/15 その2

b0346378_14063893.jpg



生ダブルデッカー見て興奮!


2/15(金)

次の目的地はSouth KengingtonにあるVictoria & Albert Museum。
駅に着くと、どどっと乗客が降りた。
そして駅構内には子供がたくさん!!
何、今日は遠足ですか?ってくらい。
(今思えば、ここは博物館がたくさんあるエリアだから、いつでも子供いるんでしょうね)

b0346378_14074609.jpg


クラシックなSouth Kengington駅

b0346378_14082753.jpg


ミュージアムまでの地下道もなんだか素敵

b0346378_14094967.jpg


地下鉄駅出たところ


外へ出ると、またまた街の雰囲気が違った。
重厚な建物の博物館がずらりで、アカデミックな感じ。


b0346378_14104154.jpg


白色のV&A、冬の青空に映えます。


まずはウィリアムモリスの部屋へ。
それから「英国の1500-2000年展」なる特別展を鑑賞。
旅日記読み返してみたら、あまり感想書いてないんだな・・。
昔の大きなベッドやドレス、楽器、針山など
大物から小物まで、いろんなものが展示されていて
歴史ある品を間近で見れた、としか(-_-;)
写真もほとんど撮っておらず。

b0346378_14140864.jpg


唯一まともな写真がこのステンドグラス


それから歩いてRoyal Albert Hallへ。
途中、郵便局があったからここで切手を買った。
女王様の横顔シルエット!!
ついでに公衆電話から自宅の母へ電話してみた。
「今ロンドンの街を歩いてるよ~~」

b0346378_14183899.jpg

b0346378_14193621.jpg


ロンドンのお巡りさん

b0346378_14202561.jpg


ロンドンの左官やさん?大工さん?


ただ歩いているだけでも、なんて楽しんだろう。
まぁ大好きな、恋い焦がれていたロンドンだもんなぁ。
スコットランドヤード帽をかぶったお巡りさん見て
キャーキャーしたり( ´∀` )

b0346378_14220470.jpg


Royal Albert Hall


映画「ブラス!」を見た時から、実物を見てみたいと思っていたこのホール。
丸いドームが優美で想像以上に素敵だった!
いつかは中に入ってコンサートでも聴いてみたい。
向かい側には、広大なハイドパーク。
アルバート公記念碑前で一休み。
冬の穏やかな日差しが暖かかった。

b0346378_14265861.jpg


アルバート公記念碑

b0346378_14273722.jpg


素適なお散歩コースでしょ?

ハイドパークでは、
ローラーブレードやランニングをしている人がいた。
緑の芝と青い空のコントラストがとても濃かった。
もう眩しいくらい。

b0346378_14283105.jpg


妹@ハイドパーク

そろそろお腹もすいてきたので、
ランチをしにKnightsbridgeにあるHarvey Nicholsへ向かうことに。
今度はバスに挑戦。
昔ながらの旧型が来たので、後ろ側から乗車。
うわーい、ロンドンのバスだ!!

b0346378_14303297.jpg


ドキドキ・・


すぐに着くはずなので2階には上がらず
1階の車掌さんの近くの席に座った。
(旧型なので、まだ車掌さんがいた頃!
乗ったのと違うバスだけど同じく旧型。↓
今となっては懐かしい・・)

b0346378_15020561.jpg


やっぱり旧型、可愛いなぁ

b0346378_15240540.jpg


ちなみにブラックキャブも可愛い


車窓からの風景を楽しみたいところだけど、
いつ停車するかわからず汗汗。。
下車後、デパートへ。

b0346378_15091682.jpg


時計まで可愛いHarvey Nichols


入口にはドアマンがいた。
そして、トイレにはお掃除おばさんがいた。
いつチップを渡すのかよくわからず
うやむやにして出てきてしまった。
「払え」とは言ってこなかったけど
無言のおばさんと目が合い、なんとなく後味悪く。。
チップ文化ってよくわからん。
最上階には、なんと回転寿司屋があって驚いた!
同じフロアには食品売り場があったので、
ここでしばらくお土産探し♪
オリジナル商品のパッケージがシックでお洒落。
カフェなんかがどこにあるのかわからず、
探すのも面倒だったので
ランチは結局ここで買って済ますことに。
日本のデパートのようなベンチもなさそうだから
再びハイドパークへ(笑)

b0346378_15181283.jpg


サンドウィッチとヨーグルトドリンク


どちらも味は良かったけれど、
まぁー寒いこと寒いこと・・・。
せめて熱いコーヒーがあればねぇ。
この妹の、鼻の頭や頬の赤さで
寒さが伝わりますかね↓

b0346378_15201354.jpg


手もかじかむっての!


大きなサーペンタイン湖が綺麗なハイドパーク。
どこを眺めても絵になります。
こんな公園が身近にあるなんて
ロンドナーが羨ましい。

b0346378_15213589.jpg

b0346378_15230946.jpg

b0346378_15234350.jpg



身も凍えるようなランチが終わったら
次の目的へと向かいます。

その3へ続きます。


[PR]
by greatglory728 | 2017-03-05 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/15 その1

b0346378_11370732.jpg


はじめてのTUBE切符


2/15(金)

昨夜は夜中にトイレで一度だけ目が覚めた。
カーテンを開けて外を見てみたら、
遠くの工場からモクモクと煙が出ているのが見えた。
起床後も、変わらず。
夜通し稼働している工場なんだろう。
レンガの家々と工場のシルエットがとても綺麗だった。

b0346378_11493802.jpg

b0346378_11500315.jpg


ロンドンの朝焼け

ホテルの朝食は、コンチネンタル。
この後、ティールームへ行くので軽めに。
外へ出ると、ブルッとするくらい寒い・・
でもその分、空も真っ青で綺麗。

b0346378_11545980.jpg

b0346378_11551021.jpg


赤いポスト可愛いなー


そして、いよいよTUBEに乗る時が来た!
緑色の柵も、赤レンガ、タイルのデザインも素敵。
驚いたことに、こんな小さな駅の券売機にも
日本語表示ができるようになっていた。

b0346378_11561165.jpg

b0346378_11562511.jpg

b0346378_11565893.jpg


切符を買ったら改札を抜けます


構内は、昨日チラッと見たけど、
とても好きな雰囲気!
ロンドンに住んで働いて、毎朝毎晩使えたらいいのになぁ
なんて妄想してしまう。

b0346378_11594776.jpg

b0346378_12000188.jpg



ほぉ~と見とれていると電車が来ちゃった。
District Lineに乗って、High Street Kensington駅まで移動。
手すりは、ボール型ではなかった。
古い車両になると、ボール型になり床も木床になるのかな?
滞在中、あたりますように・・。
High Street Kensington駅も、またエエ雰囲気!
どんどんフィルム消費しちゃうよ。。
(当時は、フィルムカメラでした)

b0346378_12013021.jpg


車体は国旗カラー

b0346378_14302318.jpg

b0346378_14303740.jpg




外へ出ると、駅前の大通りがKensington High Street。
(今気づいたよ、駅名と逆になるのね)
お金持ちエリアとでも言うのか、
一目見てEarls Court界隈と感じが違うのがわかった。
ティールーム・The Muffin Manはすぐにわかったけれど
なかなか店内に入る勇気が出ず(笑)
しばらく周辺をブラッとしてからに決めた。

b0346378_14350883.jpg

b0346378_14352901.jpg

b0346378_14354612.jpg

b0346378_14361099.jpg


あっ、♪ビ~エンダ~ブユ!
(Supersonicのリアムを真似て)

b0346378_14361919.jpg


あっ、♪テレタビ~ズ!

b0346378_14362798.jpg

b0346378_14363371.jpg



一回りして気持ちを落ち着けたら、いざお店へ!
ローカルばかり集まってるのかな・・
ジロリと睨まれないかな・・
ドキドキしながらドアを押して入ると、
「ハロウ!!」と店員さんが声をかけてくれた。
これだけで少しホッ。
ポカポカ日差しが暖かい窓際の席に落ち着き、
メニューを眺める。
マフィンと紅茶のセットに決めたら
ケーキはどれにする?と店員さん。
??
どっちかだけじゃないの?
なんだかわからないけれど、レモンケーキをお願いした。
そして運ばれてきた美味しそうな子たち!!

b0346378_12503052.jpg


ケーキの大きさに仰天!
写真撮っていいか聞くと、
あなたたちのも撮るわよ~と撮ってくれた。

b0346378_12550829.jpg



ケーキは甘さと酸味のバランスがちょうど良くって、美味しい。。
マフィンもカリッとよく焼けていて、
ジャムをつけるとまた美味。
そしてポットにたっぷり入った紅茶!
あ~これが本場の紅茶なのね・・と感動( ;∀;)
やはり水が違うからか、とても味が濃くて。
でも渋くないのね~。
どれも美味しくて、お店の雰囲気も良くって大満足でした。
会計時、お釣りを店員さんが忘れたため
「お釣りもらってません」を言おうとするんだけど
言葉が出てこず・・。
妹がとっさに「チェンジプリーズ!!」と言い、事なきを得たけど
こんな簡単な言葉も出てこない自分にガックリきたことを
今でもよーく覚えています。。
ちなみに、12年後・2014年The Muffin Man再訪の記事は
http://greatglory.exblog.jp/24783090/

その2へ続きます



[PR]
by greatglory728 | 2017-03-02 11:00 | | Trackback | Comments(3)

2002 ロンドン旅 2/14 その2

b0346378_17185153.jpg



Earls Court

2/14(木)

憧れのイギリス到着!
さて送迎車から見える、イギリスの街並みは・・
まぁ空港周辺は、ドカンとでかいホテルが並んでおり
過去訪れたカナダやアメリカの風景と変わらず。
でも少しすると、レンガの典型的なイギリスの民家が見えてきて
テンションあがった↑↑↑
あ~これこれ!
特別豪華なお宅でなくっても
なんだかそそられるのです。。
空き地にサッカーゴールが設置されて
子供たちがボールを蹴りあっている場面が
何度かあったのには
さすがフットボールの国だなぁと感じた。

いい具合に日が暮れてきた頃、Earls Courtにある
パラゴンホテルに到着した。
(現在は、ibis London Earls Court hotel)
現地係員(間寛平氏に似ているため、カンペーと呼んでいた)が
チェックインもやってくれたかと思えば
部屋まで来て、電気ポットやシャワーのお湯の出し方まで
教えてくれたのに驚き。
その後も、世間話をするカンペー。
正直、長時間フライトの後だし
一刻も早く、すぐ側にあるベッドに寝転びたかったんだが・・(-_-;)
しばらく話した後、やっと解放され少々休憩。

いったん横になると、このまま寝たくなるけど
この後は、ピカデリーサーカスまで出てみるかーと考えていたので
スーツケースを開けて軽く荷物整理だけしよう、となった。
が、鍵のダイヤルのうちの一つが動かない・・・。
他のダイヤルに比べて少し凹んでいるせいか
まったくビクともせず Σ(゚д゚lll)ガーン
もうカンペー帰っちゃったよな。
旅行会社に電話する?
カギ屋呼ぶ?どうやって??
これが開かないと、
ずっと着たきり雀だよ=~( ;∀;)
汗ばむ手で余計に滑るから、ティッシュでつまみながら
格闘すること数分。
カチッ、と小さな音がして動いたー!!
もうその瞬間、妹と手を叩きあったよね。。
しかしこの一件で、すっかり疲れてしまい
中心地まで出かける気がゼロに。
もう17時半過ぎてるし。
でも、ちょっとは夜のロンドンを見てみたいよね
ってことで、ホテル周辺だけを歩くことにした。

貴重品だけ身に着け、ロビーまで降りてきたら
なんとまだカンペーがいて電話をしていた(笑)
そして思わず、
「聞いてください!!スーツケースが大変だったんです!」と
ベラベラとぶちまけてしまった (^-^;
せっかくだから、周辺を少し案内しますよと言われ
有り難くお願いすることに。

b0346378_17462968.jpg


WEST BROMPTON STATION

外はすっかり暗くなって気温もグッと下がっていた。
ホテルを出て右に行くと、すぐにEarls Courtが見えた。
Oasisもライヴをやったコンベンションホール!
ロンドン中にホテルは星の数ほどあれど、
これだけEarls Court近くのホテルになるとは~♡
(ちなみに、2017年1月にGoogle Street Viewを見たら
なんとEarls Courtが全面改装中で
跡形もなくなっていた(涙))

b0346378_12053461.jpg
画像検索サイトより


そしてその正面には
WEST BROMPTON STATIONが。
木造りの構内が素敵、とどこかで聞いていたのだけど
レンガ造りの外観に、構内は薄いオレンジの灯りがあって
それはそれは素敵な空間だった。
ホームを少し覗いてみると、ちょうどTUBEが来た!
明日乗るからね~。

b0346378_11343156.jpg



Earls Court Roadに出て、
地図を求めてWater Stone'sに入った。
これからきっと何度もロンドンに来るだろうから
一冊ポケット版の地図を持っておきたかったのだ。
広い店内には天井までギッシリ本が詰まっていた。
客が落としたのか、まだ紐をほどいたばかりなのか
よくわからない本が
床にも散らばっていたのにはビックリ。
結局小さいサイズの地図は売り切れで、
代わりにTime Outを買った。
久しぶりの英語でのレジ会計は、少しだけ緊張した。

b0346378_11350585.jpg


それから、さっきのスーツケースでやったのか
妹の爪が割れていたので、薬局のBootsへ。
ここも絶対に来たかったお店 (*´▽`*)
一般的な薬から、オリジナルコスメ、食品など
いろんなものが売られていて楽しい。
爪切りはすぐに見つかり、あとは夕食用にヨーグルトや水を購入。
そしてここでカンペーとお別れした。

b0346378_15381376.jpg



ホテルへ戻る道すがら、
ヨーグルトだけじゃ足らない気がして
不味いと噂のPot Noodleをコーナーショップにて買ってみた。
ここの店員、ずーっと電話中で
袋に商品を入れてくれずビニール袋をそのまま渡された(笑)
なんか電話口で怒鳴ってるし、
こんな接客、日本じゃなかなかお目にかかれない。。

b0346378_12082154.jpg



もうね、大好きロンドンに来れた嬉しさから
なんてことない押しボタン信号機まで撮りますからね!!

ホテルまで戻ってきたら、軽く夕ご飯。
備え付けのポットで紅茶を淹れ、ほっと一息。
Typhooというメーカーは初めて知った。
ラーメンは噂どおり不味かった。。
ヨーグルトは、グーズベリーという聞きなれない果物にしたが
これはとても美味しくて気に入った。

b0346378_12133908.jpg

b0346378_12141250.jpg



b0346378_15445114.jpg


ちなみに、調べてみたら
まだこのヌードル現役なんですねー。
BEEF & TOMATOもあった(笑)

テレビは、The Billというドラマをやっていた。
聴いていて理解できるわけでもないんだけど。。
ちょっとトラブルはあったけれど、無事にロンドン初日終了。
明日からガシガシと街を歩きます!!


[PR]
by greatglory728 | 2017-02-21 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2002 ロンドン旅 2/14 その1

b0346378_10070979.jpg



いよいよ、ロンドンへ!!


2/14(木)

滞在先こそ、憧れのB&Bではなく大型ホテルだけれど、
英国の街並みをやっとこの目で見られるんだと思うと
頭の中が爆発しそうになるほど、嬉しさでいっぱいになった前夜。
ソルトレークオリンピックの結果を見ながら軽く朝食を取り、
6時過ぎに自宅を出発。
ちなみにこの時の荷物は、2人で1つのスーツケース。
しかも、かなりの年代物で、(両親の新婚旅行から使用)
車輪もガタがきており、引くたびにガラガラ!ガラガラ!と派手な音が鳴る(笑)
平日朝7時半の上野駅は、勤め人でいっぱい。
京成上野駅でスカイライナーに乗り、成田空港第1ビルへ。
約3年ぶりの空港は、少し様変わりしており
スタバもできていた。

b0346378_10201604.jpg


b0346378_10165555.jpg


この出発ロビーに来ると、
ああ~いよいよ旅が始まる!とワクワク感が高まる。

そして私たちが乗る飛行機がみえた!
ヒースローまでよろしくね。

b0346378_15153829.jpg


b0346378_15155211.jpg


機内に乗り込むと、DidoやTravisが流れており
さすがはVirginだなーと嬉しくなった。
機内誌めくればこれだし(笑)↓

b0346378_15174141.jpg


リアムが抱っこカバーの広告に

b0346378_15182561.jpg



Badly Drawn Boy

飛行機が離陸してしばらくすると、
妹の頭上からシトシトと水が漏れてきた。
ロンドンまでこれだったらどうする、、と心配したが
水平飛行になったら止まった。
お楽しみのアメニティグッズは
ソックス・メモ帳・ボールペン・アイマスク等が
ナップザックに入っており
妹が赤、私が緑色だった。
(この頃、こんなに豪華だったのね。。)


b0346378_15352060.jpg


機内食のカトラリーもカラフル

b0346378_15354419.jpg


ちょっと嬉しくなる一言がブランケットに

そして、長いフライトが終わりに近づき
窓からは、茶色いイギリスの家が見えてきたー!
着いた、イギリスに着いちゃった。
ヒースロー空港に降り立ち、入国審査場で
ヒジャブやターバンを巻いた人、
アフリカンな人、などなど
色んな国の人たちと共に待った。
そして
妹以外誰も知っている人がいないということに
改めて緊張した。
先生がいる今までの海外旅行とは違うんだから
しっかりしないと!
入国審査は意外とアッサリ終わって拍子抜け。
無事に旅行会社の現地係員とも会え、
送迎車に乗っていよいよロンドン市内へ。

その2へ続きます


[PR]
by greatglory728 | 2017-02-18 11:00 | | Trackback | Comments(2)

b0346378_14311286.jpg


Bootsで現像したカードサイズの写真たち


予告(?)どおりに、15年前・2002年のロンドン旅を
これからしばらく振り返っていきたいと思います。

実際にロンドンを旅して旅行記が書ければ一番いいんだけど
今は無理なので (ノД`)・゜・。
ノルウェー旅行記も終わり、次はどうしようかなぁと考えまして。
あとはアイスランドや台湾、米国、カナダ。
うーむ、、なんとなくまた英国がいいかなぁ。
旅行記にした最後のロンドンもとい英国は、2014年。
それ以前となると、
・2012~2013(年末年始)
・2011(6月)
・2010(6月)
・2006(2月)
・2004(4月)
・2002(2月)
と6回分もある (-_-;)
前のブログで旅行記としてまとめたのは、2010年、2011年あたりだったか?
中途半端になっているのもあったような。
まぁすべてやるかどうかは別として、
ここは初心に帰って初渡英の2002年にしようと思います。
ちょうど、15年前(!)の2月だしね。
私の好きな「無職旅」ブログでも、
初めての海外旅行(タイ)のことを綴っておられ、
http://musyokutabi.net/archives/52009867.html
あのワクワクした高揚感を思い出したのもあり、
私も思い返してみようかなぁと。

当時の資料を引っ張りだしてみると、
いつも書いている旅メモや日記以外に、
「計画ノート」が出てきました。
17歳くらいの頃から憧れ続けていた大好きな英国。
ロンドンに行けるメドが立ったころから、
行きたいところややりたいことを
ノートに書きなぐったものです。
5年越しの夢が叶うわけだから、
まぁ出るわ出るわ!
1番最初のページには
「やりたいこと」が書かれており、
こんな感じでした↓

①TUBEの写真を撮る
②ロンドンの街並みを沢山撮る
③Berwick Street(Oasisの2ndアルバムのジャケット写真)に行く
④CDを買う
⑤マーケットに行く
⑥タワーブリッジやビッグベンの夜景を撮る
⑦パブで食事をしてみる
⑧ロンドンバスに乗る
⑨ショートブレッドと紅茶は絶対買う
⑩現地の新聞を買う
⑪ハイドパーク等の公園に行く
⑫ロンドン交通博物館に行く
⑬写真を現像&プリントしてもらう
⑭ロンドンのポストから絵ハガキを出す
⑮シャーロックホームズミュージアムへ行く
⑯ライヴハウスをいろいろ見る
などなど
この後、地球の歩き方を買い
また行きたい所が増え・・・(笑)

それから、そのやりたいことをするには
どこのTUBE駅で降りればいいのか、
OPEN/CLOSEの時間、
休みの日の確認をしていきました。
その次に考えたことは、どう動けば効率よく回れるか。
なんせたったの5日間しかないのだから・・。
(滞在は3日)
*Covent Garden
*Liverpool Street
*Tottenham Court Road
*Oxford Circus
*Baker Street
*Knightsbridge
*Sloane Square
*Camden Town
だいたいこの8か所に行けば、
やりたいことが達成できそうなことがわかり、
みっちりと、流れを計画。
移動もスムーズにできるよう、
何線のTUBEに乗ればいいかも調べました。

b0346378_14333376.jpg

b0346378_14324324.jpg


この計画している時っていうのが、
もの凄く楽しくて楽しくて。
今でも、当時のことを思い返すと
ワクワクしてくるほど。
ちなみ旅行形態は、いわゆるスケルトンツアー。
往復の飛行機とホテル・空港⇔ホテルの送迎だけ
決まっており、あとは自由行動というものです。
そうして、練り上げたプランはと言うと・・・

2/14(木)
・成田→VAにてロンドンへ
・ホテル近くのスーパーに行ってみる

2/15(金)
・ティールーム The Muffin Manでお茶をする
・Victoria&Albert Museumへ行く
・Peter Jonesで買い物
・Royal Albert Hallを見る
・Harvey Nicholsでランチ
・Harrodsをチラ見する
・Fortnum & Masonでお土産探し
・Pub Sherlock Homesで夕ご飯

2/16(土)
・バッギンガム宮殿で衛兵交代を見る
・ウェストミンスター寺院/ビッグベンを見る
・Berwick Streetへ行く
・SelectadiskでCDを買う
・Astoria、Borderline等ライヴハウスを見る
・Black Market Records等レコ屋を回る
・コヴェントガーデンで買い物

2/17(日)
・カムデン近くのノエル(Oasis)旧家を見に行く
・ノエルがよく通ったというパブをチラ見する
・カムデンマーケットでランチ
・シャーロックホームズミュージアムで遊ぶ
・ロンドン交通博物館で遊ぶ
・タワーブリッジへ行く
・チェルシーキッチンで夕ご飯

2/18(月)
ロンドン→成田

定番の観光地だけで終わらず、
UKロックどハマリ中の私ならではのプランとなりました^_^;
ちなみに同行者は妹(当時大学生)。
スケルトン「ツアー」と言えど、添乗員がいるわけではないので
初海外の妹を私が引っ張っていかないとならない。
(私がすべての旅程を決めたのもあるし(-_-;))
旅行が近づくにつれて、緊張感が出てきたのか
プラン作りに疲れたのか
熱を出して仕事休む、というハプニングもありました。
遠足前の子供と同じ・・(笑)
しかし気合で風邪を吹き飛ばし、なんとか2/14を迎えたのでした。

b0346378_14371505.jpg



飛行機も英国の会社Virgin Atlantic。
あのVirgin MegastoresのVirgin!
今はなきCDショップに足を運ぶたび、
英国の香りを感じたものでした(笑)
JAL ANA BA VAと当時ロンドン直行便は4路線あったけれど
音楽好きは迷わずVAでしょう!
(値段も一番安かった気がする)
遊び心満載のアメニティグッズももらえて、
機内の個人モニタの音楽チャンネルも充実していると聞いて
この飛行機乗れるだけでも嬉しかったものです。

b0346378_14362262.jpg

b0346378_14352519.jpg


紙もののデザインがどれも可愛かった!


長くなりましたが
次回より2002年ロンドン旅行記、スタートです。



[PR]
by greatglory728 | 2017-02-15 11:00 | | Trackback | Comments(2)

b0346378_14263461.jpg



ノルウェー旅行記のシメ、おみやげ編です。
今回、スーパーでレシートを
ことごとくもらっていなかったので、値段不明のものが多いです(-_-;)



b0346378_11192042.jpg


*Hansaビール*
父に

b0346378_11203658.jpg


*タラコペースト*
歯磨き粉みたいなチューブに入ってます

b0346378_11215213.jpg


*スモークサーモン*
とても美味しくてすぐになくなった!
175NOK(≒2,450円)

b0346378_11223330.jpg


*食品いろいろ*
カニ缶、サバのトマト煮缶、レバーペースト缶、
インスタントフィッシュスープ、
クイックランチ

b0346378_11235058.jpg


*チョコレートいろいろ*
ムンクの絵が描かれています

b0346378_11252617.jpg


*コーヒー*
これも美味しくて好評でした

b0346378_11262733.png


*クリスマスガラスボール*
大味な絵柄がツボ

b0346378_11271932.jpg


*フィヨルドの版画「Natt(夜)」*

b0346378_11512800.jpg

裏面にはカードが付いていました。
KETIL KVAM作
100NOK(≒1,400円)


b0346378_11575577.jpg

*カード*
地元作家のもの
59NOK(≒820円)

b0346378_11563755.jpg


*布もの*
ノルウェー伝統の柄

b0346378_11572714.jpg


*いろいろ*
鍋敷き、マフラー、リネン、ミンツ、マグネット 、ピンバッジ

b0346378_11595153.jpg


*Tシャツ*
綺麗な紺色でした。
299NOK(≒4,180円)


けっこう食べ物を買いましたね。
カニ缶、サバ缶は日本人大好きなんじゃないかな?
タラコペーストは、パンに塗って食べました。
ほとんど私が(笑)
少しクセがある甘めなタラコなので
好き嫌いわかれるかも。
コーヒーは苦労して買った甲斐あり!
一番好評だったかな?
いつの間にか空になっていたほど。
Freiaのムンクパッケージチョコは
職場で配るように20個ほど買いました(笑)
気を付けないとリコリス味とかありそうで、
無難なミルク味を探しまくった気が。


雑貨方面は、KETILさんの版画が
やっぱり一番気に入っています。
枕元に置いて寝てる。
ローズ色のマフラーは3千円台だったでしょうか。
これもひとめぼれ。
トナカイやムース柄はテッパンですねぇ。
ただ、お洒落雑貨屋に入っても
フィンランド・スウェーデンモノが圧倒的。
ノルウェーデザインを探すとなると、
なかなか見つからなかったような。
とにかく物価は高いので、買い物はなかなか大変でした。
買い物メインならば、ノルウェーは
そうおススメではありません。
(個人的には)
ストッケなど名品もたくさんあると思いますが。。
・・・なんて最後は少しマイナスなことを言ってしまいましたが
今回も、いい!と思った子たちを持って帰って来たので
どれも当然お気に入りですよ~(o^―^o)


[PR]
by greatglory728 | 2017-02-03 11:34 | | Trackback(1) | Comments(2)

b0346378_23111616.jpg


飛行機マークが可愛いオスロ空港


9/16(月)

乗るはずだった飛行機がキャンセルになった私たち。
えっ、、としか言葉が出てこず。
天気は快晴だし、コペンの天気だって晴れマークなのに。
バルセロナ便は予定どおり飛んでいくのに、
なぜコペン便だけ? ( ;∀;)
慌てて荷物をまとめて職員探し。
すぐに旦那君が捕まえてくれたが、
詳しい状況はわからず、
ひとまずチケットオフィスへ行けと言われた模様。
再び1階に戻ってくると、チェックインカウンターには長蛇の列が。
コペン経由でアムスまで行くというマレーシア人男子も不安げ。
遅々として進まない列だが、一人ひとり対応してるんだから仕方ない。
そう思えるのも、一緒に行動している2人がいたから。
奥さんと私で、のんきにお喋りしていると
旦那君が「あれ、そういえばさっき預けた荷物って取ってこないと
だめなんじゃない?」と一言。
!!
すっかり忘れてたよ・・・^_^;^_^;
様子を見に行くと、バゲージクレーム近くの床に
私のザックも転がっていた。

再び列に戻り、順番を待つ・待つ。
コペンでの乗り継ぎ時間は4時間あるから、
多少の余裕はあるけど、どうなるのか不安だった。
コペンハーゲン観光できなくなったのは残念だけど
こうなったら無事に東京行きの便に乗れればいいや、という考えに。
どのくらい待っただろう?
やっと順番が回ってきて、手続き開始。
SASの係員は、とくにお詫びも何も言わず
100NOKのサービスクーポンを渡してきた。
そして出てきた新しい搭乗券は
ベルゲン

オスロ

コペン

成田
という3枚(笑)
一度オスロまで行くのね・・・間に合うのかよ?
ともかくそれでオッケーらしいので、いいことにする。
再び荷物を預けて、今度は国内線の乗り継ぎルートへ。
ややこしいのぉ (-_-;)

あとは搭乗を待つだけとなったところで、
さっそくクーポン券を使って一休みしよう!となり
それぞれ好きなものを買いに走った。

b0346378_23140778.jpg


vaffel

私は、まだ食べていなかったノルウェー式ワッフルをチョイス。
スムージーも付けてもまだ数NOK余る。
値段が付いてないクイックランチを入れたら
なんと99NOKというお会計に(笑)
1NOKお釣りでもらって、使い切ってやった!
乾ききった喉にスムージーが染みて、
甘~いワッフルが美味しくて(涙)。
3人でもくもくと頬張った。

b0346378_23240170.jpg


やっと飛行機に乗れる!


オスロ行きの飛行機は、タラップを登って機体後方から乗り込んだ。
席に座るのと同時に、疲れがきたのか爆睡。
飲み物サービスのワゴンが来るまで起きなかった。
温かいコーヒーが、また美味しかったこと!

そして小一時間ほどで、オスロ到着。
また戻ってくるとはね(笑)
ベルゲン空港に比べると、広い広い!
もう買い物もないけれど、お洒落空間を見ているだけでも楽しい。

b0346378_23285905.jpg


空港とは思えない


コペン行きの機内では、眠気も覚めてお喋り。
人様の旅話を聞くのも楽しいもの♪
水曜から仕事イヤー!は
みんな同じね(笑)
コペンの空港が近づいてい来ると、あの風車ももれなく見えてきた。
ああ、なんて穏やかでいい天気なのか!
きっとコペンハーゲンも素敵な街なんだろうな。
残念だけど、また来られるだろう。

15時過ぎに飛行機を降りて、
成田行きが出るのが15:45。
デンマークらしく、デニッシュパンくらい買いたかったけれど
そんな時間なし!
遠い遠いゲートを目指して走る走る。
息を切らしてたどり着くと、すでに搭乗手続きは始まっていた。
そして、めでたく最後の飛行機に乗れた~!
これで日本に帰れる (o^―^o)
良かった良かった。
2人とは席が離れたが、成田到着後のバゲージクレームで再会できた。
一緒にコペン観光は叶わなかったけれど
言葉が通じる人が傍にいて、本当に本当に心強かった。
なんどもありがとうを言ってお別れ (@^^)/~~~
連絡先交換もしなかったのが悔やまれるけれど
あれから3年以上。
元気にしているかな。
可愛い子供もできたかな?

THE JAPAN★なBGMも
味気なくてお洒落じゃない内装も
おかえりなさいの看板も
ああーすべてが成田空港・日本だ~!
いつも諸外国から帰ってくる時に感じるあのガッカリ感。
でも、すったもんだがあった後だからか
ホームに帰って来た安堵感も、今回は大きかったのかな
と今では思う。
ちなみに、地元駅からバスに乗って帰る時、
乗り合わせたおばあちゃんから、
台風被害がひどくて、京都の渡月橋も壊れたことを知った。
もし台風が成田に停滞していたら、
あわやコペンへ逆戻りもあったかも・・?
外はカンカン照りでノルウェーに比べたら暑いけれど
どこか秋っぽい爽やかさも感じられた。

ベルゲン急行車内で会ったKちゃんや
グドヴァンゲンで話をした日本人夫婦、
気さくなベルゲンの魚屋さんの兄ちゃんたち。
そして思わぬ出会いとなったあの若夫婦。
いろんな人と巡り合えた旅だったな。
懐の深い、静かで美しいノルウェーの大自然も、もちろん良かったし。
ロフォーテン諸島、トロムソ、
まだまだあるフィヨルド、犬ぞり体験、ウルリケン山リベンジ。
行ってみたいところ、
やりたいことが
まだこの小さい国にはある。
お金を「しっかり」貯めてまた来よう!

と、最終日がやたら文だらけで長くなってしまいましたが
これまでノルウェー旅行記にお付き合いいただき、
ありがとうございました(*- -)(*_ _)
次回は恒例のお土産話でございます。



[PR]
by greatglory728 | 2017-01-31 11:00 | | Trackback | Comments(2)