2017年 04月 22日 ( 1 )

NHK GREAT RACE×Pennine Way

b0346378_13245264.jpg


ちょっとだけ歩いたPennine Way


b0346378_13253481.jpg


http://www4.nhk.or.jp/greatrace/x/2017-03-12/11/30408/2379263/
3/12にNHKで放送されたこの番組が面白かったです。

番組サイトより抜粋。
「イギリスを南北に貫くペナイン山脈。美しく険しい尾根を真冬に走破する耐久レース。
全長420キロ、走るも休むもランナー次第だが厳しい制限時間が設けられている。
極限まで睡眠時間を削り、ふらふらになりながらゴールを目指すランナーを
猛烈な寒さとぬかるんだ雪道が苦しめる。
イギリス特有の濃霧がもうろうとした意識に追い打ちをかけ、判断力さえ奪われる。
体力気力の限界を超えるレースに挑んだ猛者たちのしれつな戦いを追う」


尊敬の念も込めて(?)
妹と私は
「頭のおかしい気の狂った人たちの話」と呼んでいるこれ系の番組(笑)
グレートレースと言えば、日本の田中陽希の
トレイルランニングの番組は家族こぞって見てました。
「日本百名山ひと筆書き~グレートトラバース」では
ただ百名山を登るだけではなく、
山と山の間の陸路はランor徒歩・
海峡はカヤックで移動するという
もはや人間のやることとは思えないことをやっており
7800kmの旅を208日と11時間で達成するという内容でした。

話題が逸れましたが、
このイギリスのレースの番組は、たまたま予告で知って見たんだけど・・
見ていて感じたのは
「まーこういう常軌を逸した人たちって世界中にいるんだね」ってことでしょうか(笑)
田中陽希で、汗だくの頭や服・豆だらけの足をさんざん見てきたけど
それが小奇麗に思えるほど、このSpineレースは汚かった!
開催時期が真冬の1月。
天気はずーっと雨か雪か曇り。
山道や牧草地帯は、ほとんどぬかるみ。
汗だく姿はさすがに出てこなかったけど、
代わりに、凄まじい泥んこ具合を見せつけられました(-_-;)
田中陽希みたいなこともできないけど、こっちも相当無理!

b0346378_21322105.jpg


レースルート
http://thespinerace.com/race-route-2/より)


イングランドはピークディストリクトのEdaleからスタートし、
イギリスの背中(spine)と言われるペナイン山脈に沿って北上。
極寒の460kmの道のりを走って走って、
ゴールは、イングランドースコットランド国境近くのKirk Yetholm。
チェックポイントをいくつか通過し、制限時間7日間で行うという内容。
私もこのEdaleのPennine Wayをちょこっとだけ歩いたので
あの景色が見たい~と思いチャンネルを回したのですが。
まぁ霧だらけで、景色はほとんどわからず(-_-;)
草々にそっち系の楽しみは捨てて、
レースの行方を追うことにしました。


優勝経験のあるパベル(チェコ)とユージーニ(スペイン)。
ナビが得意だけど脚力が弱いパベルと
その真逆タイプのユージーニが、
追いつ追われつ、1位の座を争いながらレースが進みます。
パベルは「眠らない機械」の異名をとるほど、
不眠不休で走れる人。
いつも表情を変えずに淡々としている一方、
ユージーニは、いかにもラテン系な
人懐っこい明るい性格(笑)
ナビが不得意のせいもあり、
パベルの後をすぐに着いて走る「コバンザメ」スタイルを貫きます。
笑っちゃったのが、
チェックポイントで仮眠後、一足先にパベルが出発するんだけど、
数時間遅れで出たユージーニが、
すでにパベルがいないことに気付いた時、
「俺たち友達なのに、よく裏切ってくれたな!」
とスタッフに悪態ついちゃうとこ。
後からパブロに追いついた時にゃ
「3時間だけ寝るって言って1時間で出たよな?」
なんて言う始末(^-^;
おいおい、小学生の持久走大会じゃなくてレースでしょうが。。
まぁ冗談交じりの言い方で、
すぐに「まぁ過ぎたことだしもういいよ♪」
と笑っていたけど。
(追いついたからこそ言えるんだよね)
レース終盤で、またパブロに数時間離された時も
(ナビがいなくなったこともあり)
GPS片手でも道に迷い、
「パブロが俺を置いていったせいだ!」と不平を言う(笑)
結局、最終的に優勝したのはどちらでもなく
無名ランナーのトム(地元イギリス人・スキンヘッドの医者)というオチ。
ロクに寝ずに飛ばしていた2人とは違って
睡眠をきちんと取り(それでも短いけど)
体力気力とも余裕ある感じで、5日目の昼にはゴールでした。
ロンドン在住の銀行勤めの日本人女性や
70歳ランナーのおじいちゃんもいたりしたので
もうちょい、パブロ&ユージーニ以外の人たちの話も聞きたかった気も。

b0346378_13345760.jpg



ぬかるみに足を取られ続けられるレースなので
スパッツからシューズ全体が泥だらけで、
チェックポイントの建物の床はまぁきたねえ(笑)
ドロドロの靴紐をほどいている横に
飲みかけのマグカップや
パスタが乗った皿が置かれているのを見て啞然。
そこらへんに転がって寝てる人もいるし!
その辺の衛生感覚ってどうなってるの?
って日本人の私は思っちゃいますが。
食べ物を直に置いてるじゃないんだから平気だよ、って感じか?
そんなレースとは関係ないところも
なんだかツッコミどころたくさんの番組でした(^-^;

b0346378_13371814.jpg


お皿あるのわかります?


見終わったあと、なんだか懐かしくなって
一昨年の写真を見てみました。
あ~この道もみんな走ったのかなーなんて。
この時も天気悪かったけれど、
レース見た後だと別物(笑)
とても美しいEdale。
また歩きたいなぁと思いました。

b0346378_13344868.jpg

b0346378_13392784.jpg

b0346378_13402303.jpg

b0346378_13380029.jpg

b0346378_13410706.jpg

b0346378_13410007.jpg


あっ、ユージーニたちが通過していたゲート(かも)


レース当日の様子が、美しい写真で見れます↓
http://ar2.palonc.org/2017/02/06/spine-race-2017/


[PR]
by greatglory728 | 2017-04-22 11:00 | 映画・テレビ | Trackback | Comments(2)