2016 京都旅行 6/10 その2

b0346378_15435170.jpg



6/10(金)つづき

わんこにお別れしてから、お待ちかねのお昼!
ロバマークが愛らしいその名も「ロバ」でいただきました。
古い家屋を利用した趣のあるお店で、大賑わい。
一人の私はすぐに通されたけど、けっこう待っている人たちも。
こういう時、ささっとカウンター席に座れるお一人様はいいもんです( ̄▽ ̄)
ランチは定食1300円のみ。
一つ一つ丁寧に作られた和食で、優しい味わい。
お品書きはこちら↓

b0346378_15450048.jpg


和食ってしみじみ美味しいものだなぁ、、と感動します ( ;∀;)
凍りこんにゃくって初めて食べたけど、コリッとした食感が面白かったな。
かぼちゃグリルのバルサミコソースなんてお家でも真似できそう!
と思い、後日ズッキーニでチャレンジするも、なんだかトボけた味で(涙)
ただバルサミコ酢入れればいいってもんじゃないんでしょうね。
梅肉和えやじゅんさいなど、この季節ならではのサッパリ味も食が進みました。
お値段は少し張ったけれど、払う価値有りのお店だった。

b0346378_15491815.jpg


お盆に乗ってくるのが素敵

b0346378_15494781.jpg


お茶の水屋箪笥も素敵

b0346378_15505610.jpg


素適な女子たちが働くお店でした

食後、宇治駅近くの上林春松本店へ。
数年前までお茶をやっていたのもあるし、せっかく宇治に来たのだしね。
「小松の白」など、お稽古でいただいたお薄茶もあり
「あ~はるばるこの遠くの宇治から届いたお茶を飲んでいたのか~~」と少し感慨深くなった。
夏場に最適な水出し緑茶が安かったのでお土産に。
数軒お隣のモグモグベーカリーでは、お抹茶を使用したパンも買ってみた。
商店街を歩いていると、ふわ~んとお茶のいい香りがしてきたのが印象的。

b0346378_15584787.jpg


貫禄ある上林

ここで宇治を離れ、バスのラウンジで荷物を受け取ってからホステルへ。
今晩はピースホステル三条というできたばかりのホステルに泊まります。
清水にお気に入りのユースホステルがあるけど、今回はそちら方面は歩かないので
交通の便も良くて安い宿を探していた時に見つけたのがココでした。
Booking.comでの口コミどおり、高評価もうなずける清潔さ!
スタッフも若い子が一生懸命やっていて、どの子も好印象。
パッと見、日本人男子かと思いきや喋り方が少しだけたどたどしい子がいて
名札を見たらJamesと。
中国系の人は西洋風の名前も持つと聞いたことがあるので、それか~と納得。
年齢的にまだ大学生くらいかな、って子もいて、
国際的な京都のホステルで働くのはさぞいい経験になるだろうなぁと思いました。

b0346378_16091108.jpg

b0346378_16092857.jpg


外観

b0346378_16100407.jpg

b0346378_16102469.jpg


キッチン&くつろぎスペース

荷物を預けたら、暑い体を冷やしに甘味処へ!
歩いて数分の距離にある老舗和菓子店の栖園。
これまたガイドブックを読むまで知らなかった
「琥珀流し」という看板商品が食べたくて食べたくて(^-^;
寒天に季節の蜜をかけたもので、今月6月は「梅酒」♪
注文時「お酒が入りますが、大丈夫ですか?」ともれなく確認されます。
未成年は食べられないのだろうか。。
坪庭が眺められる素敵な空間で、涼やかな寒天を一口。
あ~~一気に汗が吹き飛ぶ~~。
お茶碗やスプーン置きも、さすが京都。洒落てます。
熱いお茶も美味。

b0346378_17461872.jpg


ぷるるんとした口当たり

b0346378_17472493.jpg


栖園(せいえん)

疲れが取れたところで、再び歩き出して市役所北側にある寺町通りへ向かいます。
京都のあちこちの風景をモチーフにした絵柄の雑貨屋「プティ・タ・プティ」は
前述の&Premiumを読んで「ここ行きたい!」と一番惹かれたお店(^▽^)/
店構えもご覧のとおり、いい!

b0346378_17514365.jpg


犬矢来(いぬやらい)←(調べた)が京都らしい

鴨川から見た山並みや、デザイナーさん思い出の蓮華畑(嵯峨だったかな?)をモチーフにした
様々な商品があり、眺めているだけでも楽しくなってくるお店。
クッションやカバン、傘、文房具などなど。
そんな中、京都らしいと言えば御朱印帳があったのです。
ちょっと前から、旅行先で寺や神社に行くたび「御朱印集めやってみようかなぁ」
と興味があったので
おお、これはここで買って新たな趣味を始めろってことか・・・?
としばし買うかどうか悩みました。
一点一点ハンドメイドのため、お値段はそこそこするのでパッとは買えないんだよね。。
山並み柄のハンカチは買うと決めていたけど、うーむうーむ、、と考えているうちに
他のお客さんはどんどん帰ってしまう(笑)
お店のお姉さんの「御朱印帳としてだけでなく、スクラップブック等何にでも使えますよ」
という言葉に押されて、結局お買い上げ。
後から、「あーやっぱり京都で買っておけばよかった!ヽ(`Д´)ノ」ってなりそうだな、、
と思ったし。
私としては清水の舞台から飛び降りる覚悟で・・とまではいかないけど
御朱印帳としては高価なお土産となりました( ´∀` )

プティ・タ・プティに行くまでに、見かけて気になったボタン専門店「エクラン」にも立ち寄り。
手持ちの黒リュックやショルダーバッグにボタンで飾り付けしようと考えていたので
これは入るっきゃないでしょう、と。
店内は天井から床すれすれまで、ボタンボタンボタン、の嵐!
ないボタンはないんじゃないかってくらい凄い量。
小箱の表面に付けられたサンプルを一通り眺めてから、色合いを考えて3個だけ購入。
バラ売りで1個300円+位なので、これだけで千円越え Σ(゚д゚lll)
レジで一瞬ギョギョッとなったけど、これも出会いということで。
お店のブログで可愛らしいボタンが色々見られます↓
http://ecrin.cocolog-nifty.com/blog/

あと、木版画の芸艸堂ではポストカードを。
旅先では必ずと言ってもいいほど、カードを買うのでこういうお店は外せません!
今話題の伊藤若冲のもあり、どれもこれもデザインがかっこいい。
外国人なんか特に喜びそうな「和」な芸術。
カードや文房具類なら手軽に楽しめていいものです。
また最後にお土産編としてアップしようかな。

再びホステル付近まで戻ってきて、今度は六角堂へ。
さっそく御朱印帳の出番です!
流れるような手つきでさ~っと筆を滑らせる様子に惚れ惚れ。

b0346378_21264659.jpg
記念すべき初御朱印@六角堂 頂法寺

b0346378_20261163.jpg


存在感大の柳の木

b0346378_20271589.jpg

b0346378_20274088.jpg


b0346378_11454528.jpg

b0346378_11460066.jpg


ニコニコ笑顔が可愛い十六羅漢


その名のとおり、本堂が六角形のお寺。
京都のど真ん中とは思えない、静かで落ち着いた所です。
17時の閉門までそう時間がなかったから叶わなかったけれど
納経所の軒先に腰かけてぼ~っとするのも良さそう (#^^#)
隣のスタバが入ったビルのエレベーターからは、お寺が見下ろせたりもします。
鳩みくじは帰り際に思い出して買えたけど、買おうかどうか迷った六角柄が可愛らしい手ぬぐい。
結局やめたけど、今度訪れた時にまだあったら買おうと思う。

そろそろ夕方・・・ということで、ホステルに戻る前に錦市場で買い出しを。
節約のため、今晩は京のお惣菜を買ってきてホステルのキッチンで簡単に済ますことに決めていたのです。
外国からの観光客に、修学旅行生でごった返す錦市場。
なかなかなカオス状態・・・(-_-;)
下調べしておいたお惣菜屋さん「平野」と「井上」でそれぞれおかずを買ってみた。
中国人かな?おかずを袋いっぱいに買っていた子連れのパパさんがいたけど
ああやってホテルで家族でのんびり京都の庶民の味を楽しむのもいいなぁ~とほのぼの。
前に来た時も買った「中央米穀」のおにぎりも買った後は、市場の端っこにある錦天満宮へ。
ここのお水は京都名水にも選ばれたと聞いて、空ペットボトル片手に向かったのだけど
人だらけの通りは進むのも大変。
そんな中で手にしたお水はとても美味しかったです。

b0346378_20132939.jpg


ちょうちんも賑やかな錦天満宮

おかずが冷めないうちに帰ってこられた~♪
ということで、ホステルのキッチンで食器を借りていただきます!

b0346378_20334472.jpg


錦市場にて調達の晩ご飯


・湯葉ときのこ和え
・丸なすみょうが煮
・五目おにぎり
・ホステルのほうじ茶
しめて600円!
腹ペコってほどでもなかったから、これくらいで十分。
でも湯葉はけっこうギッシリとパックに入っていて満足だったな ( ´∀` )
お腹の空き具合に合わせておかずを調達できるし、安くて美味しい晩ご飯でした。

20時からたこ焼きパーティーがあるとのことだったけど、
歩き疲れて疲労困憊のため、とっととシャワー浴びて就寝。。
ちなみにこの日は10人部屋にしたけれど、ベッドも広々していて快適でした。
頭を奥にして寝られるっていうのは、なんだか安心感ある気が。

b0346378_20420445.jpg


スリッパも貸し出してくれます

b0346378_20415528.jpg


ハンガーやコンセント、電灯もあり


さ~2日目もバリバリ歩くぞ!


[PR]
トラックバックURL : http://greatglory.exblog.jp/tb/25929364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Saori at 2016-06-21 21:32 x
PGさん、こんにちは!京都二日目、楽しみに待ってました!
(前記事のラジオの話も面白かったです。PCでラジオが聞けるんですねえ~知りませんでしたよ)
もう、コメントしたいことだらけなんですが、初っ端のロバの看板の絵にまずやられました(笑)
ちょっと垂れ目のロバ、、、もうこの看板見ただけでお店入っちゃいますよー
それにしても日本のユースってすごいんですねえ。お泊りの部屋はともかく、外観やキッチン、くつろぎスペースのこの綺麗さやスタイリッシュなデザイン、ホテル並みですよーびっくりしました。
PGさんが行かれて紹介されているお店、どこも素敵ですね。
ぜひぜひお土産編見せて欲しいです。
京都なんて行っちゃったら、私絶対物欲大爆発ですよ~
PGさんみたいに冷静になれなくて、片っ端から気になる物買っちゃいそうです。
京都は美味しい物も、観光するところも、お買い物するところも充実していて楽しいですね!
Commented by greatglory728 at 2016-06-22 13:39
> Saoriさん
こんにちは!いつもありがとうございます (* ̄0 ̄)/
ラジオ、いい時代になったものです!
遠く離れた異国のラジオをこうして聞けるのですから・・
英語はわからんので、もっぱらBGM代わりに流してるだけなんですが(^-^;
ロバのイラスト可愛いですよね~
ショップカードもこの子が描かれているんですよ!
ロバのように、ゆっくりのんびりくつろいで欲しいというところからきてるようです。
あ、このピースホステル三条ですが、正確には「ユース」ホステルではないんです。
ユースホステルの定義が私もよくわからないんですけど、
ここは独立系というか個人経営のホステルです。
(ちなみに記事で出てきた清水のホステルはユースですが、町家をリノベーションした宿で
とっても素敵です!)
このピースホステルは個室もあるようなので、ドミトリーが苦手な人でも泊まれます(^▽^)/
安かろう悪かろう・・ではなく、安かろう良かろうでした(笑)
お店は、ほとんど雑誌頼りですが、ボタン屋のように通りすがりで出会うこともありますし
そんなハプニング?も旅の醍醐味ですよね。
関西は大阪京都神戸しか訪れたことないので、滋賀や奈良、和歌山、岡山(中国地方??)
などにもいつかは行きたいと思いますが、気づけば京都ばかりに。。
by greatglory728 | 2016-06-21 11:00 | 旅 Japan | Trackback | Comments(2)