2014 ドイツ・UK旅 5/28 その2

b0346378_20491858.jpg
                     ピークディストリクトを行く

5/28(水)

10年前に車窓から見て「いつか行ってみたい」と思い続けていたKinder Scout。
お天気はイマイチだけど、地図も持ってきたことだしチャレンジしてみることにした。
Pennine Ways on Kinder Scoutというコースで、
約8km、コースタイム3時間半。
歩き出しが遅い(お昼近く)ので、全部は無理かもしれないけど
行けるところまでいってみよう~。
b0346378_20493418.jpg
                     絵本に出てきそうな橋
b0346378_20495358.jpg
                        花を愛でつつ
b0346378_20500876.jpg
                       羊の親子に出会い
b0346378_20502573.jpg
                         山道を行く

羊がそこらじゅうに沢山いるのが、なんともイギリスらしい風景。
けっこうガタイがいい彼らにビビるのだけど、近づくとサーッと離れて行ってくれる。
おばあちゃん(冒頭写真の彼女)や、小さな子供も降りてくるので
「わりと簡単に行けそうかも!」と甘くみる私。。
川の流れの音を聞きつつ、山道を進んでいったのだが、
途中で道がなくなっている箇所に出くわした。
あちこち見たけど、どうやら向こう岸に道が続いているようだ。
ってことは川を渡らないといけない。
通常は飛び石を渡って行けるのだろうけど、
この雨でどうやら水かさが増してしまったようで、流れがとても急。
石と石との間も距離もあるし、ヘタしたら滑って転んで流される!
ここで大ケガするわけにもいかないし。。
でも、まだまだ歩き始めたばかり。正直、全く物足りない。
他に登山者がいればよかったのだけど、こういう時に限って誰も来ない。
しばらく渡れそうか川を見つめていたが、
ゴーゴー言う川音と、濁流のため茶色くなった水を見ていたら
怖くなってきて止めることにした。
まだ大本命のスカイ島もあるし。
風も強くなってきたことだし、このまま登れても山頂も天気悪いだろう。
小腹が空いてきたので、Marsバーをかじりつつ下山。
途中、後ろから来た子連れファミリーに抜かされたけど
さっきの川、どうやって渡ったんだろう??
そしてわずか1時間足らずで、Kinder Scout未登頂で終了~- -;

少し遅くなったけど、村に一軒しかなさそうな雰囲気のパブでお昼ごはん。
見た目、とてもローカルなため中の雰囲気がわからずドキドキしたが
HIKERS BARって書かれてあるから、観光登山者の私でも平気だろ!
b0346378_00474952.jpg
                     The Old Nag's Head

パブの中は程よい賑わい具合で、店の兄ちゃんも感じよくてホッ。
子供連れの一家は仲良くスヌーカー中。
親父さんたちも仲良くカウンターでドリンキング中。
たくさん歩いたせいかお腹がペコペコ。
がっつり肉は食べられないので、ベジタリアンラザニアなるものを注文。
イギリスのパブに来るともれなく頼むJ2O(ジュース)も ^ ^
無理かな、と思いつつクレカ使えるか聞いたら「オフコース!」と。
こんな田舎なのに素晴らしい~。
ラザニアは、上にガーリックトーストが4つも乗っかってきた。
ブロッコリ、トマト、マッシュルームもたくさん。
ラザニア生地自体も緑色だったから、ほうれん草でも練りこんでいたのかな?
生野菜も久々に摂取できて良かった。
店を出る時、扉が開かなかったのは焦ったが。。
「コツがいるんだ」風に、兄ちゃんが開けてくれたのだけど
それほど古い建物なんだろうな。
b0346378_00465639.jpg
                        ラザニアどーん!
b0346378_00472296.jpg
              ジュークボックスがあるのもイギリスのパブらしい

食後、腹ごなしのためにも少しペナインウェイを歩くことにした。
映画24Hour Party Peopleの冒頭で、トニーウィルソンがハングライダーしてたのは
ペナイン山脈。どの辺りでロケしたのかわからないけど、
歩いていて何となくフィジカル~ハイ~(映画の中のセリフ)って言葉がグルグル ^ ^;
山道では、こちらでもたいてい皆あいさつをしていた。
日本と同じ同じ。
Kinder Scoutの時よりも、人とすれ違う。
小さな子供もハロー!と挨拶してきてくれ嬉しい。
おだやかな丘陵地帯をテクテク歩くのが気持ちいい。
このペナインウェイ、スコットランド国境あたりまで延びているらしい。
私は途中で駅方面へ出たが、なんだかロマンを感じる道だった。
犬の散歩中の女性がニコッとしてくれたり、ロイヤルメイルの集配車が道を
譲ってくれたり、と田舎歩きは人々も優しい。
羊も愛くるしいし!
宿まで戻ってきて時計を見たら、ちょっとのはずが2時間近く歩いていたようだった。
b0346378_00480697.jpg
                      何撮ってるのよ~!
b0346378_00482119.jpg
                    ゲートは開けたら閉めましょう
b0346378_00483699.jpg
                        うずくまる羊たち
b0346378_00485254.jpg
                    緑豊かなところをテクテク
b0346378_00491650.jpg
                          子羊ちゃん
b0346378_00500477.jpg
                     道端の花々も愛らしい

宿はシャワールームも広々きれいで快適だった。
ダブルベッドもフカフカで、やっぱりB&Bはいいなぁ~とゴロゴロ至福の時。
少しづつお尻の具合も良くなってるようで何より。
薬パワー凄い・・・。
今日もさっさと21時半には就寝。
明日は、8年ぶりのマンチェスターだ!




[PR]
トラックバックURL : http://greatglory.exblog.jp/tb/23779130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Saori at 2014-12-08 23:18 x
こんにちは~
やっぱり田舎はいいですね。
羊ちゃんがいっぱい!
緑がいっぱいのところで過ごすと、ストレスとかつまらない悩み事なんてみ~んなどこかへ飛んで行っちゃうような気がします。
それにしても増水した川は怖かったですね。
いやいや、自然を甘くみたらいけないですよ。
引き返して正解だったと思います^^;
Commented by PG at 2014-12-09 11:24 x
Saoriさんこんにちは~
おっしゃるとおり、イギリスの田舎は羊たくさんで癒されますよね。
もしこういう所に住んでいたら毎日散歩できていいなぁ・・・と
思いました。
犬の散歩したり ^ ^
増水は怖かったですねぇ・・・
もっと先に進みたい気持ちもありましたが、安全第一ですし。
ハイ、戻ってきて良かったと思います ^ ^;
by greatglory728 | 2014-12-07 17:00 | | Trackback | Comments(2)