「ほっ」と。キャンペーン

2002 ロンドン旅 2/14 その2

b0346378_17185153.jpg



Earls Court

2/14(木)

憧れのイギリス到着!
さて送迎車から見える、イギリスの街並みは・・
まぁ空港周辺は、ドカンとでかいホテルが並んでおり
過去訪れたカナダやアメリカの風景と変わらず。
でも少しすると、レンガの典型的なイギリスの民家が見えてきて
テンションあがった↑↑↑
あ~これこれ!
特別豪華なお宅でなくっても
なんだかそそられるのです。。
空き地にサッカーゴールが設置されて
子供たちがボールを蹴りあっている場面が
何度かあったのには
さすがフットボールの国だなぁと感じた。

いい具合に日が暮れてきた頃、Earls Courtにある
パラゴンホテルに到着した。
(現在は、ibis London Earls Court hotel)
現地係員(間寛平氏に似ているため、カンペーと呼んでいた)が
チェックインもやってくれたかと思えば
部屋まで来て、電気ポットやシャワーのお湯の出し方まで
教えてくれたのに驚き。
その後も、世間話をするカンペー。
正直、長時間フライトの後だし
一刻も早く、すぐ側にあるベッドに寝転びたかったんだが・・(-_-;)
しばらく話した後、やっと解放され少々休憩。

いったん横になると、このまま寝たくなるけど
この後は、ピカデリーサーカスまで出てみるかーと考えていたので
スーツケースを開けて軽く荷物整理だけしよう、となった。
が、鍵のダイヤルのうちの一つが動かない・・・。
他のダイヤルに比べて少し凹んでいるせいか
まったくビクともせず Σ(゚д゚lll)ガーン
もうカンペー帰っちゃったよな。
旅行会社に電話する?
カギ屋呼ぶ?どうやって??
これが開かないと、
ずっと着たきり雀だよ=~( ;∀;)
汗ばむ手で余計に滑るから、ティッシュでつまみながら
格闘すること数分。
カチッ、と小さな音がして動いたー!!
もうその瞬間、妹と手を叩きあったよね。。
しかしこの一件で、すっかり疲れてしまい
中心地まで出かける気がゼロに。
もう17時半過ぎてるし。
でも、ちょっとは夜のロンドンを見てみたいよね
ってことで、ホテル周辺だけを歩くことにした。

貴重品だけ身に着け、ロビーまで降りてきたら
なんとまだカンペーがいて電話をしていた(笑)
そして思わず、
「聞いてください!!スーツケースが大変だったんです!」と
ベラベラとぶちまけてしまった (^-^;
せっかくだから、周辺を少し案内しますよと言われ
有り難くお願いすることに。

b0346378_17462968.jpg


WEST BROMPTON STATION

外はすっかり暗くなって気温もグッと下がっていた。
ホテルを出て右に行くと、すぐにEarls Courtが見えた。
Oasisもライヴをやったコンベンションホール!
ロンドン中にホテルは星の数ほどあれど、
これだけEarls Court近くのホテルになるとは~♡
(ちなみに、2017年1月にGoogle Street Viewを見たら
なんとEarls Courtが全面改装中で
跡形もなくなっていた(涙))

b0346378_12053461.jpg
画像検索サイトより


そしてその正面には
WEST BROMPTON STATIONが。
木造りの構内が素敵、とどこかで聞いていたのだけど
レンガ造りの外観に、構内は薄いオレンジの灯りがあって
それはそれは素敵な空間だった。
ホームを少し覗いてみると、ちょうどTUBEが来た!
明日乗るからね~。

b0346378_11343156.jpg



Earls Court Roadに出て、
地図を求めてWater Stone'sに入った。
これからきっと何度もロンドンに来るだろうから
一冊ポケット版の地図を持っておきたかったのだ。
広い店内には天井までギッシリ本が詰まっていた。
客が落としたのか、まだ紐をほどいたばかりなのか
よくわからない本が
床にも散らばっていたのにはビックリ。
結局小さいサイズの地図は売り切れで、
代わりにTime Outを買った。
久しぶりの英語でのレジ会計は、少しだけ緊張した。

b0346378_11350585.jpg


それから、さっきのスーツケースでやったのか
妹の爪が割れていたので、薬局のBootsへ。
ここも絶対に来たかったお店 (*´▽`*)
一般的な薬から、オリジナルコスメ、食品など
いろんなものが売られていて楽しい。
爪切りはすぐに見つかり、あとは夕食用にヨーグルトや水を購入。
そしてここでカンペーとお別れした。

b0346378_15381376.jpg



ホテルへ戻る道すがら、
ヨーグルトだけじゃ足らない気がして
不味いと噂のPot Noodleをコーナーショップにて買ってみた。
ここの店員、ずーっと電話中で
袋に商品を入れてくれずビニール袋をそのまま渡された(笑)
なんか電話口で怒鳴ってるし、
こんな接客、日本じゃなかなかお目にかかれない。。

b0346378_12082154.jpg



もうね、大好きロンドンに来れた嬉しさから
なんてことない押しボタン信号機まで撮りますからね!!

ホテルまで戻ってきたら、軽く夕ご飯。
備え付けのポットで紅茶を淹れ、ほっと一息。
Typhooというメーカーは初めて知った。
ラーメンは噂どおり不味かった。。
ヨーグルトは、グーズベリーという聞きなれない果物にしたが
これはとても美味しくて気に入った。

b0346378_12133908.jpg

b0346378_12141250.jpg



b0346378_15445114.jpg


ちなみに、調べてみたら
まだこのヌードル現役なんですねー。
BEEF & TOMATOもあった(笑)

テレビは、The Billというドラマをやっていた。
聴いていて理解できるわけでもないんだけど。。
ちょっとトラブルはあったけれど、無事にロンドン初日終了。
明日からガシガシと街を歩きます!!


[PR]
# by greatglory728 | 2017-02-21 11:00 | | Trackback | Comments(1)

2002 ロンドン旅 2/14 その1

b0346378_10070979.jpg



いよいよ、ロンドンへ!!


2/14(木)

滞在先こそ、憧れのB&Bではなく大型ホテルだけれど、
英国の街並みをやっとこの目で見られるんだと思うと
頭の中が爆発しそうになるほど、嬉しさでいっぱいになった前夜。
ソルトレークオリンピックの結果を見ながら軽く朝食を取り、
6時過ぎに自宅を出発。
ちなみにこの時の荷物は、2人で1つのスーツケース。
しかも、かなりの年代物で、(両親の新婚旅行から使用)
車輪もガタがきており、引くたびにガラガラ!ガラガラ!と派手な音が鳴る(笑)
平日朝7時半の上野駅は、勤め人でいっぱい。
京成上野駅でスカイライナーに乗り、成田空港第1ビルへ。
約3年ぶりの空港は、少し様変わりしており
スタバもできていた。

b0346378_10201604.jpg


b0346378_10165555.jpg


この出発ロビーに来ると、
ああ~いよいよ旅が始まる!とワクワク感が高まる。

そして私たちが乗る飛行機がみえた!
ヒースローまでよろしくね。

b0346378_15153829.jpg


b0346378_15155211.jpg


機内に乗り込むと、DidoやTravisが流れており
さすがはVirginだなーと嬉しくなった。
機内誌めくればこれだし(笑)↓

b0346378_15174141.jpg


リアムが抱っこカバーの広告に

b0346378_15182561.jpg



Badly Drawn Boy

飛行機が離陸してしばらくすると、
妹の頭上からシトシトと水が漏れてきた。
ロンドンまでこれだったらどうする、、と心配したが
水平飛行になったら止まった。
お楽しみのアメニティグッズは
ソックス・メモ帳・ボールペン・アイマスク等が
ナップザックに入っており
妹が赤、私が緑色だった。
(この頃、こんなに豪華だったのね。。)


b0346378_15352060.jpg


機内食のカトラリーもカラフル

b0346378_15354419.jpg


ちょっと嬉しくなる一言がブランケットに

そして、長いフライトが終わりに近づき
窓からは、茶色いイギリスの家が見えてきたー!
着いた、イギリスに着いちゃった。
ヒースロー空港に降り立ち、入国審査場で
ヒジャブやターバンを巻いた人、
アフリカンな人、などなど
色んな国の人たちと共に待った。
そして
妹以外誰も知っている人がいないということに
改めて緊張した。
先生がいる今までの海外旅行とは違うんだから
しっかりしないと!
入国審査は意外とアッサリ終わって拍子抜け。
無事に旅行会社の現地係員とも会え、
送迎車に乗っていよいよロンドン市内へ。

その2へ続きます


[PR]
# by greatglory728 | 2017-02-18 11:00 | | Trackback | Comments(1)

b0346378_14311286.jpg


Bootsで現像したカードサイズの写真たち


予告(?)どおりに、15年前・2002年のロンドン旅を
これからしばらく振り返っていきたいと思います。

実際にロンドンを旅して旅行記が書ければ一番いいんだけど
今は無理なので (ノД`)・゜・。
ノルウェー旅行記も終わり、次はどうしようかなぁと考えまして。
あとはアイスランドや台湾、米国、カナダ。
うーむ、、なんとなくまた英国がいいかなぁ。
旅行記にした最後のロンドンもとい英国は、2014年。
それ以前となると、
・2012~2013(年末年始)
・2011(6月)
・2010(6月)
・2006(2月)
・2004(4月)
・2002(2月)
と6回分もある (-_-;)
前のブログで旅行記としてまとめたのは、2010年、2011年あたりだったか?
中途半端になっているのもあったような。
まぁすべてやるかどうかは別として、
ここは初心に帰って初渡英の2002年にしようと思います。
ちょうど、15年前(!)の2月だしね。
私の好きな「無職旅」ブログでも、
初めての海外旅行(タイ)のことを綴っておられ、
http://musyokutabi.net/archives/52009867.html
あのワクワクした高揚感を思い出したのもあり、
私も思い返してみようかなぁと。

当時の資料を引っ張りだしてみると、
いつも書いている旅メモや日記以外に、
「計画ノート」が出てきました。
17歳くらいの頃から憧れ続けていた大好きな英国。
ロンドンに行けるメドが立ったころから、
行きたいところややりたいことを
ノートに書きなぐったものです。
5年越しの夢が叶うわけだから、
まぁ出るわ出るわ!
1番最初のページには
「やりたいこと」が書かれており、
こんな感じでした↓

①TUBEの写真を撮る
②ロンドンの街並みを沢山撮る
③Berwick Street(Oasisの2ndアルバムのジャケット写真)に行く
④CDを買う
⑤マーケットに行く
⑥タワーブリッジやビッグベンの夜景を撮る
⑦パブで食事をしてみる
⑧ロンドンバスに乗る
⑨ショートブレッドと紅茶は絶対買う
⑩現地の新聞を買う
⑪ハイドパーク等の公園に行く
⑫ロンドン交通博物館に行く
⑬写真を現像&プリントしてもらう
⑭ロンドンのポストから絵ハガキを出す
⑮シャーロックホームズミュージアムへ行く
⑯ライヴハウスをいろいろ見る
などなど
この後、地球の歩き方を買い
また行きたい所が増え・・・(笑)

それから、そのやりたいことをするには
どこのTUBE駅で降りればいいのか、
OPEN/CLOSEの時間、
休みの日の確認をしていきました。
その次に考えたことは、どう動けば効率よく回れるか。
なんせたったの5日間しかないのだから・・。
(滞在は3日)
*Covent Garden
*Liverpool Street
*Tottenham Court Road
*Oxford Circus
*Baker Street
*Knightsbridge
*Sloane Square
*Camden Town
だいたいこの8か所に行けば、
やりたいことが達成できそうなことがわかり、
みっちりと、流れを計画。
移動もスムーズにできるよう、
何線のTUBEに乗ればいいかも調べました。

b0346378_14333376.jpg

b0346378_14324324.jpg


この計画している時っていうのが、
もの凄く楽しくて楽しくて。
今でも、当時のことを思い返すと
ワクワクしてくるほど。
ちなみ旅行形態は、いわゆるスケルトンツアー。
往復の飛行機とホテル・空港⇔ホテルの送迎だけ
決まっており、あとは自由行動というものです。
そうして、練り上げたプランはと言うと・・・

2/14(木)
・成田→VAにてロンドンへ
・ホテル近くのスーパーに行ってみる

2/15(金)
・ティールーム The Muffin Manでお茶をする
・Victoria&Albert Museumへ行く
・Peter Jonesで買い物
・Royal Albert Hallを見る
・Harvey Nicholsでランチ
・Harrodsをチラ見する
・Fortnum & Masonでお土産探し
・Pub Sherlock Homesで夕ご飯

2/16(土)
・バッギンガム宮殿で衛兵交代を見る
・ウェストミンスター寺院/ビッグベンを見る
・Berwick Streetへ行く
・SelectadiskでCDを買う
・Astoria、Borderline等ライヴハウスを見る
・Black Market Records等レコ屋を回る
・コヴェントガーデンで買い物

2/17(日)
・カムデン近くのノエル(Oasis)旧家を見に行く
・ノエルがよく通ったというパブをチラ見する
・カムデンマーケットでランチ
・シャーロックホームズミュージアムで遊ぶ
・ロンドン交通博物館で遊ぶ
・タワーブリッジへ行く
・チェルシーキッチンで夕ご飯

2/18(月)
ロンドン→成田

定番の観光地だけで終わらず、
UKロックどハマリ中の私ならではのプランとなりました^_^;
ちなみに同行者は妹(当時大学生)。
スケルトン「ツアー」と言えど、添乗員がいるわけではないので
初海外の妹を私が引っ張っていかないとならない。
(私がすべての旅程を決めたのもあるし(-_-;))
旅行が近づくにつれて、緊張感が出てきたのか
プラン作りに疲れたのか
熱を出して仕事休む、というハプニングもありました。
遠足前の子供と同じ・・(笑)
しかし気合で風邪を吹き飛ばし、なんとか2/14を迎えたのでした。

b0346378_14371505.jpg



飛行機も英国の会社Virgin Atlantic。
あのVirgin MegastoresのVirgin!
今はなきCDショップに足を運ぶたび、
英国の香りを感じたものでした(笑)
JAL ANA BA VAと当時ロンドン直行便は4路線あったけれど
音楽好きは迷わずVAでしょう!
(値段も一番安かった気がする)
遊び心満載のアメニティグッズももらえて、
機内の個人モニタの音楽チャンネルも充実していると聞いて
この飛行機乗れるだけでも嬉しかったものです。

b0346378_14362262.jpg

b0346378_14352519.jpg


紙もののデザインがどれも可愛かった!


長くなりましたが
次回より2002年ロンドン旅行記、スタートです。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-02-15 11:00 | | Trackback | Comments(2)

2017 大霧山

b0346378_10571117.jpg



2017年の登りはじめは、またも秩父!
大霧山(おおぎりさん)です。

今回は珍しく家族4人で山登りです。
何年ぶりだろう?
昔はよく行ったものですが。
母は、膝を悪くしてから初?の山歩き。
長~い山行は無理なので、
サクッと登れる山を、と父がチョイスしたのが大霧山でした。
なんでも、私たちも子供の頃登っているとか。
まったく記憶にないんですけど・・(-_-;)

1/3の朝8時前に自宅を出発、車で移動です。
車窓からは、真っ白な富士山も見えて。
(田舎なもんで、高い建物もなく、遠い遠い富士山も見えるのです)
昔、こども動物自然公園や森林公園にも車で遊びに行っていたから、
道中にあるコカ・コーラの巨大工場なんかも見覚えがあり、
とても懐かしい気分に。

10時前に、粥新田峠に車を駐車。
外に出ると、ううっ寒い・・!!
でも登り始めればすぐ暑くなる汗っかきなので、
最初から薄着でいきます。

b0346378_10560713.jpg


冬ルックなお地蔵様に「行ってまいります」

b0346378_10564063.jpg


あっ、コバトン発見!(埼玉県のマスコット)


落ち葉でカサカサと音をたてる道をゆっくり登ります。
鼻が出るからマスクをしたままだったけれど、
これでちょうどいいくらい空気が冷たい。
うす曇りのなか、
妹→私→母→父の順でテクテク。

b0346378_11322529.jpg


冬の山~って感じ

人はまったく見かけず、
最後まで私たちだけかも、なんてこの時は思ってました。
途中、そこそこ急な上り道が出現。
ちゃんと、巻き道もあったけれど
妹と私は前者を選択!
斜面に足を置くと、アキレス腱がピーンと伸びるほどの角度。
ヒィヒィ・・(*´Д`)
登りきると、マスク取っ払うくらい暑くなった。

b0346378_11360891.jpg


写真にするとこんなもんだけど・・


ここを過ぎてまもなくすると、もう山頂に到着!
45分で着いたよ~~(笑)
標高766m!
小さい山ながらも、眺望は抜群に良くて遠くの山までよく見えます。
特に冬の寒い時期だから、よけいかな?

b0346378_11110645.jpg


山頂より

おせちの残りや、コンビニで買ったパンでお昼ごはん。
山頂にはいくつかベンチがあるので、
ぬかるんだ地面に座らずにすんで良かった。
この山頂、南側は森があるので日はあまり当たらず。
温かい飲み物は必須です。
父がバーナーやらコッヘル(山用のなべ)などを持参し
(具なし)ラーメンを作ってくれたんだけど
これは本当に暖まる!
ランチ中、どんどん人が登って来たのだけど
ラーメン率は高かったですね(笑)
若いファミリーで、
パパがお湯を沸かし、
それをママと姉弟が
インスタントラーメンのカップを手にして待っている
という姿がとても可愛らしくて和みました。

b0346378_11121788.jpg



帰りは、落ち葉で滑らないよう気を付けながら下山。
例の急坂では、今度は巻き道を選択。
写真のように、ちゃんと注意書きがあるので安心ですね。
(オススメが巻き道)
巻き道は、ゆる~く坂を巻いているので楽々。
そして、ものの30分ほどでゴール。
少し遅れて、両親もやってきて
母も無事に歩けて喜んでいました。

帰り道、峠のような見晴らしのいい場所で
凧あげをしている人に遭遇しました。
昔、正月になれば従妹とよくやったものです。
懐かしい~!
が、尋常じゃないくらいの高さまで凧はあがっていて驚き!

b0346378_11484665.jpg


ちょっと糸は見えませんけど、
黄色で囲ったところが凧です。
きっとコントロールが上手いんだろうなぁ~。
右端にいる奥さんは、可愛い連凧を。

b0346378_11412334.jpg



凄いね~~と私たちは、車道に止めた車の中から
鑑賞(笑)
後ろから、こんなに見られているとは
きっと知らなかったことでしょう。。
とても正月らしい風景を、思いがけず見られてラッキーでした。

なんせ歩いている時間が短かったものだから、
夕方前には帰宅でき、身体もとびきり楽だった登りはじめでした。
また今年も、いろんな山に行ってみたいと思います。

最後に。
昔の大霧山の写真があったので、載せてみます。
みんな当時の面影ないから(笑)顔出しで。

b0346378_12002688.jpg


長靴はいて登ってる!

b0346378_12011016.jpg


若造にしか見えない父とはしゃぐ私


数年後、また行っていたらしい。
母も若い!

b0346378_12012385.jpg


なぜか、北海道みやげの旗を持つ私・・

当時、縄跳びばかりしており
この時も山頂で飛んでいたらしい。
ベンチの位置なんかもそのままなのを見て、
山は何年経っても変わらず、そこにあるのだなぁと思いました。
ということで、実は3度目の大霧山登山なのでした。



[PR]
# by greatglory728 | 2017-02-12 11:00 | 山登り | Trackback | Comments(2)

我が家のとりたち③

b0346378_10321132.jpg



うちにある可愛いとりシリーズ。
九谷焼のふくら雀4羽です。
去年、陶器市で母がひとめぼれした小皿で、
私も見たとたん、ズキュン!とやられたとりたちです(o^―^o)
まん丸のフォルムが可愛いったらない。
ほわんとした毛の具合なんかが、職場の男性に似ていて
思わず同僚に写メで送って見てもらい、
「似てる!!」「〇〇さんにしか見えない!!」と大笑い。
そんな楽しい笑い声が、使うたびに思い出されます。

b0346378_10331688.jpg


1号

b0346378_10333097.jpg


2号

b0346378_10334414.jpg


3号

b0346378_10335713.jpg


4号


醤油を入れると、
うっぷ!!
って感じでおぼれてるように見えるのが、少し可哀そう。


[PR]
# by greatglory728 | 2017-02-09 11:00 | 雑記 | Trackback | Comments(2)